So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

谷保天満宮で出会った気になる車達 [クラシックカーショー]

 
 12月3日「谷保天満宮旧車祭」に参加しましたが、同じ様に参加されていた車の中で気になった車がありましたので紹介します。


まずはこの車。1970年型ジャガー Eタイプ  シリーズ Ⅱ,オープン2シーター

 ジャガーEタイプは1961年、オープン 2シーターと 2シータークーペ
3.8リットル OHCエンジン車を発売開始。
 その後、1964年にボディ外観はほとんど変更せず、エンジンを4.2リットルに拡大、
1968年にはアメリカの安全対策等を取り入れシリーズ Ⅱにマイナーチェンジ、
1971年にはエンジンを5.3リットル,V12気筒に、ボディも大きく変更しシリーズ Ⅲとなる。
尚、1966年からは 2+2車を追加。
(Eタイプの初期モデルは当初シリーズ名がなく、1968年マイナーチェンジした時に当初モデルと区別する為シリーズⅡと呼し、それ迄のモデルをシリーズⅠ,Ⅰ-1/2と言う様になった)

 で、この車の元オーナーさんは今年亡くなられてしまいましたが、現在の「オートモービル クラブ ジャパン」の創設や「谷保天満宮旧車祭」の実現に尽力された方との事です。
                             ご冥福をお祈りします。
     
blogDSCN3826.jpg

blogDSCN3832.jpg

blogDSCN3834.jpg

=====================================================================
  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


blogDSCN3830.jpg


 次は「ボルボ アマゾン」です。
 スウェーデンのメーカー・ボルボが1956年から1970年まで生産した中型乗用車です。
 当初は「ボルボ・アマゾン」として発売されたが、ドイツのオートバイメーカーがこの名称を商標登録しており、1959年以降スウェーデン以外ではベーシックモデルをボルボ121とツインキャブ車を122Sと改称した。
 当初は4ドアセダンのみだったが、1961年、1962年には輸出市場での拡販を狙い2ドアセダンの131/132Sと5ドアワゴンを追加、エンジンも当初はOHV1,583ccから、1,778ccとなった。
1969年には、2,000ccエンジンも選択出来る様になり、翌1970年に生産終了となった。

blogDSCN3817.jpg

 1959年には世界で初めて3点式シートベルトを装備、1960年からはダッシュボードにソフトパッドが貼られる等、安全対策も順次強化されている。
blogDSCN3818.jpg 

エンジンルーム内はボルボ製部品が多く付いていて、オリジナル性の高い車でした。 
blogDSCN3868 volvo.jpg


 最後はサイドビュー写真のみ。 アメリカの「コルベット スティングレー」
 日系デザイナーによるコンセプトカーが原型と言われる車で、1964年型のハッチバックのスプリットウインドー車は私の好きな車の1台です。
その内「自分で撮った写真を集めて特集を組みたいなァ~」と思っています。

blogDSCN3854.jpg


nice!(3)  コメント(0) 

大谷 翔平選手が練習していました。 [日記]

 
 前回に続き「谷保天満宮旧車際」をレポートする予定でしたが、予定を変更させて頂いて題記の記事を書く事にしました。

 横浜赤レンガ倉庫,そして谷保天満宮のクラシックカーショーで千葉県鎌ケ谷市出身の方とお会いして、里心がついたのか「正月には田舎に帰り、その時ちょっと寄り道をして、鎌ヶ谷市の日本ハムファイターズの練習球場に寄って見るか」と思っていました。

 所が先日、田舎の兄から「最近母がめっきりやせてきた」との母の近況の電話。 急きょ昨日(12月12日)田舎に帰ってきた。 途中鎌ヶ谷市の日本ハムの球場にも寄り道をして。 

 そんな事で、首都高速 湾岸線から中山競馬場脇を通って県道59号線、「船橋藤原三郵便局」の交差点を右折して日本ハムの球場に10時半頃に到着。

blogDSCN3911.jpg

奥にネットを張った球場が、
blogDSCN3912.jpg


 シーズンオフとは言え、球場のメンテナンスの人達や若い選手と思われる人達の練習で結構かっきづいていました。

blogDSCN3925.jpg


=====================================================================
  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================



又、球場のフェンスの外側には多くの人がカメラ片手に。 しかも若い女性が圧倒的!!

blogDSCN3927.jpg


 グランドをよく見ると1人だけ目立つ白いトレーナーでキャッチボールをしている人が。
しかもスラッとしてカッコいい!!!  もしかして大谷???
3日位前のニュースではロスアンゼルスで記者会見をしていたはず。
 日本に帰ってきてもう練習???
ちょっと恥ずかしかったが近くの中年の方に「大谷選手?」と。 おじさん曰く「そォ!」

blogDSCN3922.jpg

blogDSCN3917.jpg blogDSCN3918.jpg


blogDSCN3916.jpg blogDSCN3928.jpg


 球場を離れ、田舎に戻る途中車を運転しながら思った事は「アメリカでの入団交渉等で疲れているだろうに。休む間もなく練習! これが一流選手のゆえんだろうな」っと。

 所で母の様子はと言うと「もう約1ヶ月で103歳。 痩せてはいるものの時間をかけて十分に食事をとっていて元気でした。
 じっくり時間をかけて自宅で母の世話をしている兄の嫁さんや甥の嫁さんに「ただただ感謝」です。

nice!(10)  コメント(0) 

ジャガーEタイプで、国立市 谷保天満宮の旧車際に参加してきました。 [クラシックカーショー]

 
 12月3日、東京 国立市の谷保天満宮で行われた旧車祭に参加して来ました。

 ここの旧車祭は、境内の車が置けそうな参道や駐車場等のいたる所にクラシックカーを展示しています。 まさに谷保天満宮が旧車祭を主催している様です。
 
 谷保天満宮が旧車際の会場になっているわけは、
 1907年(明治 40年)9月に日本初のガソリン自動車 「吉田式自動車 東京自動車製作所 第1号」が完成し、自動車好きの有栖川宮様がオーナーとなり、翌 1908年8月1日有栖川宮様の先導で、日本で初めて日比谷公園から谷保天満宮迄のドライブツアーが行われました。

 このツアーは 「遠乗会(とおのりかい)」 と言い、当時国内自動車保有数 30台の内11台が参加。 宮様の他軍人や政財界の重鎮等が参加しこの天満宮の梅林で昼食会が行われ、軍用車の必要性や自動車産業を興す事等が話し合われたそうです。 

 又、第一生命保険の創業者 矢野恒太氏の提案で 「オートモービル・クラブ・ジャパン」 を立ち上げ、更に、帰路の安全を願ってこの天満宮で 「交通安全」 を祈願したそうです。
(現在の「オートモービル クラブ ジャパン」は上記「遠乗会」103周年を記念して再スタートした自動車クラブです。)

 吉田式自動車詳細; http://www.jahfa.jp/wp/wp-content/uploads/2011/01/2011-yoshida.pdf#search=%27%E5%90%89%E7%94%B0%E5%BC%8F%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%27
 谷保天満宮のページ ; http://www.yabotenmangu.or.jp/safety.html
 現在のオートモービル クラブ ジャパンのホームページ;http://acj1908.web.fc2.com/


上記「遠乗会」 の記念碑は下写真で、谷保天満宮の梅林に立っています。
blogDSCN3890.jpg 


私は9時半過ぎに会場に着き、スタッフの案内で駐車,展示。
blogDSCN3864.jpg

=====================================================================
  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


「谷保天満宮旧車際」第一会場は天満宮境内のいたる所にクラシックカーを展示しています。
(オートモービル クラブ ジャパンの会員数が多く展示場は他に2ヶ所ありました。)
blogDSCN3814.jpg


この旧車際には有栖川宮様も購入された「タクリー号」のレプリカの走行や「タクリー号を模した子供神輿」も出て会場を盛り上げています。
黄緑矢印が子供神輿
blogDSCN3872.jpg


又、「バグパイプ奏者」が演奏しながら会場を巡回したり、東京の発動機会の方々の展示運転も行われたり、クラシックカーを中心とした盛りだくさんなお祭りでもあります。
バグパイプの演奏
blogDSCN3893.jpg

発動機の展示運転
blogDSCN3887.jpg


そして、会場が天満宮ですので参加車一台一台について安全祈願が行われます。
blogDSCN3895.jpg


 で、私の車の人気度合いはと言うと、最初の写真でも下の写真でもわかる様に???。
来場の多くの方々は私の車に背を向けて、隣の2台の車にくぎ付けです。
blogDSCN3857.jpg

その2台の車はこれ!
白いランボルギーニカウンタック実車と黄色いカウンタックを模造した車です。
黄色いカウンタックはスバルのエンジンを積んでおり、小型車登録されていました。
blogDSCN3862.jpg


又、本殿付近は所狭しとクラシックカーで一杯。
blogDSCN3847.jpg

参道の奥にはマツダコスモやセドリックが。
blogDSCN3855.jpg


次回は「谷保天満宮旧車際」気になった車を掲載します。

nice!(17)  コメント(2) 

横浜ヒストリックカーディで 気になった車 シムカ1200S [クラシックカーショー]

 11月11日の横浜ヒストリックカーディに参加して6年。 
「やっと実車が見れた」と言うのが"シムカ1200S" です。

 シムカは、
 イタリア人のアンリ・テオドル・ピゴッツィと言う方が、フィアット車をフランスで販売する為、1932年にフランスにフィアット車の組み立て工場を設立し、その後フィアット社の資金援助を受けて1934年にシムカ社を設立した。
 以降フィアット車ベースの車を中心に生産していたが、1951年にシムカ独自のデザインで"シムカアロンド"を生産・販売。 1960年代にはシムカ1000とシムカ1200Sを発売。

 今回の写真はこの1200Sで写真の様にスマートでスタイリッシュな車です。
尚、シムカ社はその後1963年頃にクライスラー社に乗っ取られ、クライスラー化が進むもののシムカ1300/1500系や1100等を発売。 しかし1970代を最後にシムカの名前は消えて行った。

シムカ1200S
blogDSCN3674.jpg

blogDSCN3677.jpg

blogDSCN3672.jpg



=====================================================================
  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


blogDSCN3671.jpg



nice!(16)  コメント(3) 

東京見物 その2 迎賓館赤坂離宮本館 [国内旅行 東京]

 先日「迎賓館 赤坂離宮本館見学と世界遺産国立西洋美術館 日帰り」と言うJTBのツアーに参加してきました。 今回のレポートは迎賓館 赤坂離宮本館の見学です。

 内閣府のホームぺージでは「迎賓館 赤坂離宮」について下記の様に記されていました。

「迎賓館は、かつて紀州徳川家の江戸中屋敷があった広大な敷地の一部に、明治42年(1909)に東宮御所(後に赤坂離宮となる)として建設されたもので、当時日本の一流建築家や美術工芸家が総力を挙げて建設した日本における唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮殿建築です。
戦後、わが国が国際社会へ復帰し、国際関係が緊密化してゆくなかで外国の賓客を迎えることが多くなったため、「旧赤坂離宮」を改修して迎賓館とすることになりました。」
内閣府の「迎賓館赤坂離宮」ホームページは下記
 http://www8.cao.go.jp/geihinkan/akasaka/akasaka.html

上野の国立西洋美術館からバスに乗り約40分で到着。 晩秋の為か早くも夕陽の様な状況。
blogDSCN3743.jpg


 実は迎賓館を見学するのは2回目。 と言っても以前は外から「のぞくだけ」。
 前回は、所用で紀尾井町に通っていた時に「紀尾井町近辺を散策」と言う事で「迎賓館赤坂離宮本館」にも足を延ばしてみました。 その時の記事が下記です。
  http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2010-06-09


 ただ覗くだけだった以前の事を思い出しながら、添乗員さんの案内で迎賓館の西口に向かいます。 西口に到着してみると入場する為の見学者が行列を作っており、私たちも列に加わり飛行場と同じ様に所持品検査を受けました。 その後添乗員さんから入場券を頂き、指示に従い本館入り口に。
本館の入口では入場券の点検(多分監視も)があり、本館内部に入る事が出来ました。

 迎賓館の内部は写真撮影禁止です。
ですが、係員の方に伺った所、内閣府の「ホームページの写真は著作権を設定していないので自由にお使い下さい」との事。と言う事でホームページからの写真を下記に掲載しました。

花鳥の間
blog迎賓館 花鳥の間.jpg

=====================================================================
  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


朝日の間
blog迎賓館 朝日の間.jpg

彩鸞(さいらん)の間
blog迎賓館 彩鸞の間.jpg

羽衣の間
blog迎賓館 羽衣の間.jpg


 内部の見学が終わり本館の外に。 外は写真撮影可です。

噴水のある主庭です。
blogDSCN3754.jpg

本館と噴水
blogDSCN3757.jpg

主庭から見た本館入口
blogDSCN3763.jpg

西側正面から
blogDSCN3766.jpg

正面
blogDSCN3772.jpg

正門内側からの正面
blogDSCN3781.jpg


見学が終わって正門脇から外に出てみると、迎賓館を背景に女性の撮影が行われていました。
blogDSCN3785.jpg



 迎賓館赤坂離宮は大正天皇のお住まいとして建てられたそうですが、大正天皇が住む事は無かったとの事。 その後の改修などを経て、日本の「外国の賓客を迎える施設」に恥ずかしくない立派で豪華な施設でした。

「迎賓館赤坂離宮」を見てみたいと思って7年。 念願叶いました。

nice!(17)  コメント(4) 
前の5件 | -