So-net無料ブログ作成
検索選択

東海道五十三次 赤坂宿から藤川宿 その1 [ 東海道五十三次]

 
 昨年末、御油宿から赤坂宿,藤川宿を経て岡崎宿近くまで歩いてきました。

 今回は、その内の赤坂宿から藤川宿の前半をレポートします。

 御油宿から赤坂宿は2Km弱と非常に短かったのに対し、藤川宿迄は約9kmと少し長めでした。

 で、赤坂宿本陣跡で12時。「食堂の様な店はないか」探しながら歩く事30分約2km。
 「1里山庚申道・・」と言う石碑が左側にある所で、移動販売車に出会った。 例の巡回スーパーマーケットの様な物です。
更に先に行っても食堂は期待できず大き目の菓子パンを2個買って、三河湾オレンジロードの下のトンネルをくぐりました。 尚、この石碑がどう言う物かは全く分からなかった。

blogDSCN1200.jpg


 トンネルをくぐって少し行った所の川の河原でパンをかじりかじり30分の大休息。
なんと私の休息した所に一里塚の木碑があった様ですが見逃した。本当にあったのかなァ~?


 で、数分歩くと小学校の塀(石垣かな?)に「長澤城址」の立札が立っていました。
 (写真に写っている方々も私と同じ様に神奈川県から来られた方々で、昨年初めに日本橋から月2回を目途に歩いているのだそうです。)

 長澤城は応仁の乱の頃に(1467-1477年)西三河岩津城の松平信光が東三河に勢力を伸ばそうと夜襲で長澤城を奪い、城を子の親則に与え、親則が長澤松平の祖となった。 その後5代目親広まで続き、永禄3年松平元康に仕えて桶狭間で戦いその子政忠と共に戦死。 6代目は孫の康忠が継ぎ、7代目康直の時に小田原の陣で家康に仕え手柄を上げ武蔵国の深谷城1万石を領した。 しかし大坂夏の陣の時に家康の子松平忠輝が当主だったものの、家康に反抗し出陣を遅らせた事でお家断絶となり長澤松平家は滅びた。

blogDSCN1205.jpg


 長沢小学校から約700m,10分ほど歩くと街道右側の材木屋さんの前に古い常夜灯がありました。 寛政10年(1798年)建造だそうです。
blogDSCN1207.jpg blogDSCN1209.jpg


 更に500m,10分弱歩くと 磯丸「みほとけ」の歌碑 と言うのがあり、その先にはほこらと常夜灯も立っていました。
 ネット検索した所、歌碑は弘化3年(1846年)観音堂の尼・妙香尼が、落馬死した旅人の念仏供養のため糟谷磯丸 に歌を依頼して建てたとの事。

blogDSCN1213.jpg blogDSCN1215.jpg


 上のほこらと常夜灯のある交差点から5分程旧街道を歩き国道1号線に出て、てくてくと1.5km,約20分、緩やかな登り坂を上っていきます。

 ッと 岡崎市の看板が!
 そして「元宿(もとじゅく)町深田」と言う交差点には「自然と歴史のはぐくむ町 本宿」と書かれた石碑等があり、更に少し行くと門の様なモニュメントも。

blogDSCN1220.jpg

blogDSCN1225.jpg

 岡崎市に入って1号線の側道を約500m歩き、旧街道は左側の道に入って行きます。
この曲がり角にもモニュメントが。
blogDSCN1229.jpg


 国道1号線から曲がって約150m。 法蔵寺がありました。
法蔵寺は徳川家康が幼少の頃 学問・手習いに励んだ寺と言われており、街道から法蔵寺に入る曲がり角に「御草紙掛松(おんそうしかけまつ)」と言う松の木がありました。

 今の松は平成18年年に植えられた4代目で、周囲の石垣は文化12年(1815)旗本木造清左衛門俊往の寄贈との事。 初代は家康お手植えだそうで家康が手習いのおり草紙を掛けた事から「御草紙掛松」の名がついたのだそうです。

blogDSCN1243.jpg

参道からの法蔵寺
blogDSCN1231.jpg

そして奥には六角堂や東照宮等が。
blogDSCN1239.jpg


法蔵寺はまた近藤勇の首塚や家康の妹矢田姫のお墓などがあります。
詳細は下記ページを参照願います。
 http://www.geocities.jp/tonokoba/houzouji.htm
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E8%94%B5%E5%AF%BA_(%E5%B2%A1%E5%B4%8E%E5%B8%82)


 で、少し行くと富田病院への入り口の左曲がり角に「本宿陣屋跡と代官屋敷」との立札があり、探しに入ってみましたが確認出来ませんでした。
しかし帰宅後ネット検索してみるとなんと病院脇の駐車場の古い建物がそうだった様です。


 更に法蔵寺からで約600m行くと本宿の一里塚がありました。
日本橋から78番目、312kmです。

blogDSCN1248.jpg


 法蔵寺から約1kmの所に古そうな長屋門があり、向って左側のこげ茶色の「宇都野龍碩邸跡と長屋門(現存)」と言う立札によると、宝暦年間(1751年~)に病院を開業、当医院は安政年間(1855~)に当時としては画期的な植疱瘡(種痘,天然痘)お行ったとの事。
blogDSCN1250.jpg blogDSCN1251.jpg


 上の「宇都野龍碩邸跡」から数分歩き国道1号線の「本宿町沢渡」交差点に出て1号線とその近くのわき道を歩く事3km弱 休息を入れて約50分「藤川宿の棒鼻」出ました。

1号線の途中では名鉄名古屋本線と並行して歩く事もあり、
blogDSCN1255.jpg

やっとの事「藤川宿の棒鼻」に。 既に午後4時、急がないと日が暮れてしまいそう。
blogDSCN1259.jpg


長くなりますので、藤川宿は次回レポートします。
 
==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(14)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

nice! 14

コメント 2

yama

はじめまして。ブログへのコメントありがとうございます。
拝見しましたら、ちょうど次回歩く予定の所なので、とても興味深かったです。
次回は2月に吉田宿から岡崎宿までを予定しています。(天候によって変わる可能性あり)

これから時々お邪魔させていただきます。どうぞよろしくお願いします。
by yama (2017-01-11 13:43) 

kotobuki1946

yamaさん
次回はは2月ですか! 2月はできる事なら知立からともっています。
しかし、歩く頻度が私の方が少ないので、今年の春を過ぎるころには抜かれてしまうでしょうね。
お互い無理せず頑張りましょう。
by kotobuki1946 (2017-01-13 07:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。