So-net無料ブログ作成
検索選択

東海道五十三次 静岡県の岡部宿から藤枝宿 その1 [ 東海道五十三次]

 先日、静岡県の藤枝宿を歩いてきました。

 実は、二月に丸子宿から岡部宿の 「宇津ノ谷峠」 を歩いた時に岡部宿から藤枝宿に向けて 「広畑交番」 迄歩いていました。
 丸子宿から岡部宿の記事
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-02-26

 2月に岡部宿 本陣の柏屋さんで昼食後、JR藤枝駅に少しでも近づこうと歩き始めました。

 柏屋さんの横に復元された本陣を後にして、 
blogDSCN5535.jpg

 数分歩くと下水の様な石碑の立った小さなは小川が、
blogDSCN5539.jpg

石碑には 「小野小町の姿見の橋」 とあり、説明文は、
 「小野小町は絶世の美人であり、歌人としても有名であった。 晩年に東国(とうごく)へ下る途中この岡部宿に泊ったと言う。
 小町はこの橋の上に立ちどまって、夕日に映える西山(にしやま)の景色の美しさに見とれていたが、ふと目を橋の下の水面に移すと、そこには長旅で疲れ果てた自分の姿が映っていた。 そして、過ぎし昔の面影を失ってしまった老いの身を嘆き悲しんだと言う。 こんな事があって、宿場の人たちはこの橋を「小野小町の姿見の橋」と名ずけたそうです。」
との事。 美人だった小野小町ですら年を取り、疲れると「嘆き悲しむ」程の容姿になるそうです。



 で、更に15分程歩き、五智如来像を通り過ぎて、
blogDSCN5544.jpg


 岡部本陣の柏屋さんを出て約30分、ここが岡部宿の西のはずれだったのでしょう。

 blogDSCN5546.jpg


 そして、岡部宿の柏屋さんから約1時間、広幡交番の「家具団地前」でバスに乗って帰宅しました。




 約2ヶ月後の先日、岡部宿と藤枝宿の間、藤枝市の広畑交番の所から五十三次を再開です。

bblogDSCN5977.jpg


 広畑交番に10時30分に着き、20分位歩くと大きな鳥居と灯篭があるものの、お宮は見当たりません。 で、鳥居をくぐり葉梨川を渡ってみたもののやはり神社は見当たらない。 で、たまたま通りかかった地元の人に伺った所、川を渡り更に国道1号線を越えた先の青山神社の鳥居との事。
今は国道1号線が表通りだが、昔はこの旧道が表通りで、表通りに面した鳥居だったのでしょう。

blogDSCN5982.jpg


 で、その直ぐ先に須賀神社がありました。 ここの楠木は本当に大きかった。
根回り15.2m(直径約5m),目通り(目の高さの周長)10.9m,高さ23.7m だそうです。

blogDSCN5985.jpg
blogDSCN5987.jpg


 水守の交差点で国道一号線を横切りバス通りを歩くと、バス通りの蓮正寺近辺には伝統的なお店が幾つもありました。

「かざりや勘冶」
非常に気になったお店で、お邪魔してみました。 現在の御主人が4代目で、後継ぎがおらず4代でお店を閉めるとの事。 店内には素晴しい手ずくりのブローチ等が展示されていました。

blogDSCN6010.jpg

左写真の上が初代のお店の看板だそうで、初代の頃はキセルがメインだったのでしょう。
右が2代目の看板だそうです。
blogDSCN6011.jpgblogDSCN6012.jpg


「藤枝だるま」さん 創業天保元年(1830年)との事
blogDSCN6017.jpg


刀の「重信」さん このお店開いていれば是非寄ってみたかった。 残念です!!!
神奈川県の足柄にも刀鍛冶の方がおられ、小刀の製作体験もしました。
右記のページを参照願います。 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2008-11-16

blogDSCN6019.jpg


こんなお店も。 ここも残念ながら閉まっておりました。 「どぜう」 食べたかったァ~~~
blogDSCN6008.jpg

 で、蓮正寺前の秋葉山常夜燈です。
blogDSCN6014.jpg


長くなりますので今回はここ迄。

次回は藤枝宿着です。



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ





nice!(15)  コメント(0) 

沖縄の黒蜜 と ダイエット [日記]

 
 最近、ちょっと太り気味。

 幾つか不都合が起きているが、何より太って今迄のベルトが使えなかった時にはショックだった! 

 ベルトに穴を追加し急場をしのいだものの、ダイエットを決意!



 今迄痩せようと思った事は何度かあった。
 例えばアメリカから帰国直後、通常より4kg位太ってしまった。
 この時は体重を減らそうと思い、食事を少し減らし、寒天でほんの少し砂糖を入れた 「水ようかん」 を作ったりして体重を下げる事に成功した。
しかし、ほんの少しの砂糖入り 「水ようかん」 は何とも味気なかった。


 今回は何とかしてこの味気なさを解消しようと 「黒蜜」 を購入してみた。
購入したのは日新製糖さんの 「黒みつ」 で、ホームページは下記。
https://www.nissin-sugar.co.jp/product/raw/raw_mitsu.html

blogDSCN5966.jpg


 で、近くのスーパーできな粉を買って、水ようかんの 「くずもち風」 で食べてみた。 程々食べられる様にはなった物のイマイチ。

blogDSCN6144.jpg



 何とかもう少し美味しくならないものかなァ~~~



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(8)  コメント(0) 

熱海の春花火大会 [ 旅行 東海]

 
 熱海の友人の招きで、5月9日に行われた花火大会に行ってきました。


 花火大会は熱海港で年間を通して行われており、春は4月4日と5月9日で既に終了。
しかし、夏には7月26日をかわきりに7回も、 更に秋には2回,冬に3回行われます。
詳細は下記の 熱海の海上花火大会のホームページを参照願います。
  http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/


 で、5月9日は、熱海サンビーチの砂浜に8時ちょっと過ぎに到着し、みんなで砂浜に座り、砂浜に打ち寄せる波の音を聞きながら始まりを待ちました。

夜8時20分頃から約30分間程でしたが、休みなく打ち上げられ花火を見上げている内に終了。

blogDSCN6078.jpg

blogDSCN6088.jpg

blogDSCN6094.jpg

bhiDSCN6096.jpg

bhiDSCN6103.jpg

今回は風が無く、非常に多くの花火が打ち上げられた為に花火の煙で花火その物が見難くなる程でした。
bhiDSCN6106.jpg


 で、約30分の花火大会はあっという間に終了。
しかし、その内容は非常に濃く、各地で1・2時間かけて行われる花火大会に引けを取りません。
 又、花火大会というと始まる前後や会場内の混雑で大変ですが、熱海では会場の砂浜にシートを敷き、海岸に打ち寄せる波の音を聞きながら始まるのを待ち、そしてゆったりと観る事が出来ます。

 熱海迄の電車は意外と便利で、東京駅からは新幹線で50分弱3670円,東海道線で2時間弱2000円弱で行けます。 又、横浜駅からでは東海道線で1時間半弱1320円です。

 是非、多くの方に一度は見て頂きたい 花火大会です。



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(13)  コメント(0) 

お裁縫で(車の)内装をリフレッシュ, その5 椅子の組立て [ EーType シート(いす)]

 
 雑誌の記事をきっかけに書く事になった 「お裁縫で内装をリフレッシュ」 の5回目。 これで今回の特集のお裁縫は終了です。
下写真は椅子の 「お裁縫を完了」し、椅子本体のメンテナンスも完了して車に組付けた所です。

blogPC240655.jpg



 前回 その4でも書きました様に Eタイプの椅子は全体的に劣化しており、再使用は無理と判断し、イギリスから椅子本体のフレーム以外の部品を購入しました。
何と言ってもジャガーは50年以上たった非常に古い車でもほとんどの部品が手に入る事がクラシックカーファンにはたまらない魅力です。

左はレストア前のシート本体 右はクッション部分を裏から見た所
blogg400PC120188.jpgbloggPB250195.jpg


購入した新しい部品
blogsP1010004.jpg


 椅子本体のフレーム部分は錆びている物の再使用可能で、下左写真の様に完全に錆を取り、下右写真の様に塗装をし、更に、革の表皮を張る為の木材を市販のポップリベットで取付けました。

 錆取りには、私はサンダーやサンドブララストを使います。 サンドブラストは細かい部分も綺麗に錆を取る事が出来ます。 尚、薬品での錆取りは溶接部分等に薬品が侵入し、個人ではなかなか薬品を綺麗に洗浄出来ず、残った薬品で腐食が進行したりしますので、あまりお勧めできません。

 塗装は私はカチオン塗装をしましたが、内装部品ですので市販のスプレー塗装を2・3度塗りでもよいかと思います。 革の表皮を貼る方法は車によって異なりますので単に参考迄。

bloggP1190276.jpg bloggP1260271.jpg

 で、オリジナル仕様と思われるレストア前の組立てをまねて、背面等に市販のスプレー糊でフエルトシートを貼り、本体に貼った木材にステープルで革の表皮を貼ります。 表皮を貼る時は左右のバランスやシワがよらない様に気を使いながら貼ります。
尚、スチームをかけてシワを取る方法や天日干しでシワを取る方法もあるそうですが、スチームの蒸気が革に浸透せず私は上手くいきませんでした。

bloggP2030272.jpg2015-4 blogP2150301.jpgbloggP2150299.jpg



 クッションのフレームはほぼ全ての部品を購入し、下の様に組立てました。
中央の黒い部品は鉄製で、周りの部品は木の合板で、鉄板との組付けはオリジナルは釘でしたが、私はステンレスのビスに。 これからも錆や強度に対し長持ちして欲しいので。
又、クッション下のゴムは従来品に比べ1.5倍位に増やしました。

blogP1050232.jpg

 クッションに表皮をかぶせて、
blogP2170281.jpgblogP2170283.jpg

 表皮のシワの具合などを見ながら、ステープルで貼り付けます。

blogP1280280.jpg

blogP1160264.jpgblogP1160262.jpg



 クッション同様小さなシートバックも革を縫製し、新しい木材のベースに貼り、完了。

blogPC210185.jpgblogPC210186.jpg



 全ての部品が完了した所で、椅子を仮組して出来具合を確認。 納得出来る出来具合ではありませんが、自分の実力も考えるとこんなもんかと!

 で、車に組付けます。 
Eタイプの3.8リットル車の組付けは、シートクッションを外した状態で椅子のスライドレールにナット4個で締付け、クッションを手で押し込むだけです。

blogPC190633.jpg


 一番上の写真の様に、車へ組付けて全てが終了です。
 長々とたった椅子1つの為にお付き合い頂きありがとうございます。
 1人でも 「ほんじゃ おれもやってみるか!」  と言う方がおられると非常に嬉しいのですが。
 


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(12)  コメント(0) 

お裁縫で(車の)内装をリフレッシュ, その4 裁断と縫製 [ EーType シート(いす)]

 雑誌の記事をきっかけに書く事になった 「お裁縫で内装をリフレッシュ」 の4回目です。

今回は、古い椅子から型紙を作り、革から適切な部分を裁断し、縫う位置を決めて縫製します。


 で、お裁縫をすると、左の椅子が右の様に変身させる事が出来ます。
ただ私の場合、変身には2・3ヶ月かかり、時間のかかり過ぎがプロとの大きな違いでしょう。

kinenP9190274.jpg 2015-5 blogP2150306.jpg


 で、どう変身させたかと言うと、椅子のクッションを例に、

まず、古いシートの表皮を剝し傷み具合を点検。 下写真の様に劣化が激しく再使用不可でした。

blogPC070192.JPG


 と言う事で、下左写真の様に新しいクッションを購入。
 で、どうクッションの表皮を作るかの方向性を下右写真の様に決めました。

blogPC080219.jpgbblogPB250197.jpg


 新しいクッションをベースに型紙を作ります。
と書いた物のクッションの型紙を作っているところの写真が無く、椅子本体の写真で。

 型紙を作りたい所にビニールシートを出来る限りシワがよらない様に工夫しながらはります。
 縫う位置が決められていない場合は、型紙をあてながらシワがよらない様に、型紙を切ったり追加したりして、縫う位置を決めて型紙を作っていきます。 

 Eタイプの時はオリジナルと同じ様に作る為縫う位置は決まっています。 が、出来る限りシワが寄らない様に部分的に大き目にしてゆとりを持たせたり、小さめにして張る様にしたりと微調整をしながら型紙を作っていきました。
 しかし、Eタイプの椅子本体部分は、どうしても中央部の上の方にシワが出来てしまい ”まァ~ 良いか”。 その結果完成した椅子には、一番上の右写真の様にシワが出来てしまいました。

blogkinenP2020268.jpg


 で、前回記事の大きな革に型紙のビニールシートを当て裁断します。
 一枚の革からの裁断は、前回記事の革の質や傷・シワ等を見ながら適切な位置から取ります。
シートクッションは最も力がかかり、摩耗や汚れもします。 従って1枚の革の中で一番丈夫で見てくれの良い所を選びました。
 裁断は、縫い代や余裕を見て実際の型紙より30mm位大きく切り、又、縫う位置は型紙外周を基準にして、革の質を見ながら革を折り返して表を出した時の曲げ代やしっかりと縫い糸を締めた時の縮み代等を考慮して、型紙より3~6・7mm大きく取ります。 この大きく取る量は経験によるカンです。

PC080183のコピー.jpg


 裁断した革に縫う位置の線を上写真の様にけがき、縫う糸を通す針穴の位置もケガキ、針穴を開けておきます。
縫う針穴の間隔が狭いと工数がかかり、広くすると見てくれが悪く、私は通常5mm間隔で縫う様にし、小さい物は3~4mmにトランクのフロアーマットは6mmにしてみました。
トランクフロアーマットの記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2011-11-03

 革の縫い方(糸の通し方)は下記の様にしています。
革の縫い方5593509[1]-1.jpg


 で、下写真の様に表皮の皮をもり上げる為に、
blogP1260276.jpg
 下写真の様にウレタンの下の裏地を少し丈夫な物にし、針穴のピッチを表皮より狭くし、表皮を寄せる様にして盛り上げていきます。
bloggPB250189.jpg


 下写真はクッション上面とクッションの側面を縫っているところで、糸を通す位置に予め穴を開けておき、縫いあげていきます。 クッションの場合、パイプの無い所は裏地を含めて3枚重ね、パイプのある場所は5枚も重ねて縫います。

 bloggP1070241.jpg


 縫いあがったクッションの表皮を裏側から見てみるとこんなです。
blogP1160261.jpg

次回は椅子の組立てです。



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(16)  コメント(0)