So-net無料ブログ作成

東海道五十三次 金谷宿から日坂宿 その1 (菊川の里迄)  [ 東海道五十三次]

        
 先日、旧東海道五十三次のうちの 金谷宿から日坂宿を経由して掛川宿迄を歩いてきました。
何時もの事ながら旧東海道の記事を書く時は写真が多くなりすぎ、書く事も比較的多く1つの宿場で二回位の記事になってしまいます。
 で、今回歩いたのは2つの宿場と掛川城で、5回位の記事に相当しますが、何とかコツコツと記事にして行きます。


 で、朝10時半頃に前回の終点だった金谷駅に3ヶ月ぶりに到着。
 前回の記事   http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02
           http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-13

 旧東海道はここの所ズーっと平地でしたが、今回は電車を降り、ホームで西側を見ると電車はトンネルの中へ。
blogDSCN6876.jpg


 そしてトンネルの上、私が歩く方向を見ると急な峠になっていました。 なんとなく端からしんどさが押し寄せてくるような!!!
blogDSCN6877.jpg


 歩き始めて直ぐの金谷駅裏側に、金谷宿の西側の出入り口としての役目を担っていた 「金谷大橋」跡がありました。
 現在は 「不動橋」 と呼ばれているが昔は 「西入口土橋」と呼ばれ、昔は長さ約10m,幅4.5m,橋げたは3本立て4組と立派な大きな橋だった様です。 現在の小さな川の流れからはとても想像できません。
 又、土橋と言うのは橋げたの上に丸太を組み、その上に小枝等を敷き更に土を敷き固めて造られていた物です。 で、橋は3年に1度代官所の負担で修理や架け替えが行われていました。

blogDSCN6880.jpg

 駅を出てあっちを見たりこっちを見たりとキョロキョロしながら、25分もかけて473号線に出て金谷宿を振返ってみました。 黄色い矢印の先が金谷駅。

blogDSCN6881_edited-1.jpg



 そして、更に フーフー ハァーハァー 言いながら頑張って 「金谷の石畳」 の入口に到着しました。
実は2012年8月家族旅行で、大井川鉄道のSLに乗る前にここの 「石畳茶屋」 で昼食を取りました。 で、その時 「何時、東海道53次でここにこられるかなァ~」 なんて考えた事を思い出しました。
下記は大井川鉄道のSLが中心ですが、その時の記事です。 
http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2012-08-23

 金谷の石畳は、近年まで江戸時代に造られた物が30m程残っており、他はコンクリート等で舗装されてしまいました。 そこで、平成3年町民約600名が参加して430mを復活させました。
 で、現在、往時の石畳をしのぶ事の出来るのはこの 「金谷坂」 「箱根峠」 と「中山道の十曲峠」 の3ヶ所だけとの事。 (ここで言う「金谷坂」には直ぐ先の菊川の石畳も含むのかなァ~?)

下記が箱根の石畳を歩いた時の記事で、石畳の構造等も書いていました。 5年も前の事です。
 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2010-11-18

blogDSCN6885.jpg


 登り始めるとすぐに杉木立に覆われ、写真では明るく見えますが、実際は箱根と同様に「昼なお暗い石畳」 でした。
blogDSCN6890.jpg


 石畳の中ほどにはめずらしい六角形の 「すべらず地蔵尊」 がありました。 このお地蔵さんは、ここの石畳がすべらない事から地元の方々が建てられたそうです。 中には本当に可愛いお地蔵様二体が祀られていました。 確かにここの急坂はコンクリートよりはすべりませんでしたが、石畳の為歩幅が定まらず疲れました。

blogDSCN6892_edited-1.jpg blogDSCN6896.jpg


 で、何とか石畳を上り切り、茶畑を横に見ながら平坦な舗装道を500m程歩くと国指定の史跡 「諏訪原城跡」 に出ました。
 この諏訪原城は 1573年、武田勝頼が馬場美濃守信房、武田信豊に命じて造られたお城だそうで、場内に「諏訪大明神」を祀った事から諏訪原城となったと言われているそうです。
 その後、1575年には徳川家康によって滅ぼされ 「牧野城(牧野原城)」 と改名され、武田方攻略の城として活用。 1582年に武田氏が滅亡すると必要性が無くなり1590年に廃城になったそうです。

 武田方と徳川方の激突した最前線だった様で、まさに「つわものどもの夢の跡」だったのでしょう。
台風の大雨の後だった事もあり、山城とは言え幾つものお堀跡には水がたまっていました。

諏訪原城の詳細は下記ページを参照願います。
http://www.sengoku-shizuoka.com/castle/2103009/point.php

blogDSCN6911.jpg


 城跡の脇の道路(県道234号線)を横切ると今度は下り坂の 「菊川の石畳」 です。
 菊川の石畳は平成12年の発掘調査で、江戸時代後期と確認され、箱根の石畳に次ぐ2例目だそうです。 (金谷の石畳は30m残っていたとの事でしたが? まァ 細かい事は良いか。) 

blogDSCN6920.jpg

 ここの石畳にはほぼ等間隔で石(中央の濃い緑矢印の先)が置かれておりました。 あまりにも急な坂の為、旅人が休息する「腰かけ石かなァ~」等と私がかってに推測していました。

blogDSCN6930.jpg


 この急坂、「登り坂でなくて良かったァ~」等と思いながら坂を下って行くと 間の宿 「菊川の里」 が見えてきました。 まさに「さと(里)」と言うにふさわしい茶畑の山に囲まれた街でした。
間の宿の説明は下記を参照願います。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%93%E3%81%AE%E5%AE%BF

blogDSCN6931_edited-3.jpg


 お茶の製造元等のある 「菊川の里」 の街並を見ながら歩き、街を出た途端待ち受けていたのは再度の急坂です。
上写真の尾根(点々と続く黄色い矢印)にある道を最上部まで登る坂道の入口で、階段を登り、斜め右上に登って行きます。

blogDSCN6943_edited-1.jpg


 で、ふゥー ふゥー はァー はァー 言いながら、はるか昔 山登りをした時の 「ゆっくり、小さめの歩幅で一定間隔に」 の心境で、はるかかなたの尾根の頂上目指して、

 立ち止まっては、後ろを振り返りどの位歩いたか確認し、周りの景色を見て休憩。
本当に良い景色に勇気ずけられて、足取りも軽くとはいかなくとも歩き続けられました!

blogDSCN6945_edited-1.jpg

 掛川市の佐夜鹿(さよしか)に入ってからは、旧東海道の道の両側に芭蕉等有名歌人・俳人の歌が石碑に刻まれていました。 その数多分数十基。
島田市の金谷の人達は石畳を復活し、掛川市は石碑にと、両市共に旧道に力が入っています。

石碑と解説板                       解説板
blogDSCN6950.jpg blogDSCN6951.jpg



 で、何とかかんとか尾根を登り切り、「小夜(さよ)の夜泣き石」のお寺 「久延寺」 に辿り着きました。

blogDSCN6954.jpg



 で、長くなりますのでこの辺で一区切りつけ、ブログをアップします。
次回は 「金谷から日坂 その2 (小夜の夜泣き石)」 としてアップする予定です。


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(23)  コメント(2) 

Jaguar E-Type が 病院へ [  Eタイプ エンジン関係修理]

 
 Jaguar E-Type, 秋の行楽シーズンに備え久しぶりに試走してみました。

 絶好調と言いたい所ですが、何と何と絶不調!!!

 私が何とかしようとキャブレターやディストリビューター等をいじってみたものの何ともならない。

 事態は悪くなる一方。 クラシックカーショー等と言う物は絶望的。

 で、キャブレターの専門家にオーバーホールをしてもらった物の少しの改善のみ!
 多分、私の見当違いによる修理だった様です。



 で、やむなくこんな所に行ってしまいました。
 正確にはエンジンが止まり自走出来ず、運んでもらいました。

 
 blogDSCN7209_edited-1.jpg


 で、こちらの方にただタダお願いするばかり。

 何とかして!!!  お願いとッ!!!

blogDSCN7211_edited-1.jpg


 ここ迄エンジンが止まって走れなかった事以外何一つ具体的な事を書いていない。

 そうなんです!
 素人の経験不足で何が起きているのか全く分らず、上手く説明も出来ない状態です。



 で、この方の工場はこんなにしっかりした建物で、工場内には貴重な車達が出番を待っていました。

 blogDSCN7213.jpg


この方、ブログランキング 「名車・クラシックカー」 部門の競争相手 「ガレージ オリオール」 さんです。

競争相手の 「ガレージ オリオール」さん の軍門に降ってしまった私です。
(もっとも素人の私が、立派なプロの方に対し軍門に降る等と言うこと自体失礼極まりないはず!)



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(12)  コメント(3) 

1年ぶりに ジャガ- Eタイプ の ホイール清掃  [  Eタイプ の修理 (エンジン以外)]

 
 秋から冬にかけてのクラシックカー ショーや行楽シーズンに備えて、Eタイプのホイールを清掃しています。

 Eタイプのホイールはスポークタイプの為、簡単には綺麗にならず、ジャッキアップし、ホイールを外して清掃しています。

blogDSCN7206.jpg



 清掃に使う物はいたって一般的な物で、綿製ボロ,洗車用ブラシ,洗剤,液体ワックス等です。 特殊な物と言えば手製の竹べらだけです。
 以前は磨く時に固形ワックスを使い、曲げた歯ブラシで磨いていましたが、歯ブラシによる傷や手間を考えて、液体ワックスを使用し綿製ボロと竹べらで磨く様にしています。

blogDSCN2009.jpg


 ホイールを外しシンナーでハブ部分についているグリースを清掃し、

blogDSCN4147.jpg


次にボディ洗車用洗剤と洗車用ブラシや亀の子タワシを使ってタイヤとホイールを洗浄。 スポークとスポークの間は、綿製のボロを竹べらで押し込み清掃します。

blogDSCN6864.jpg

 次にホイールに液体ワックスを吹きかけ、綿製ボロで一様に塗ります。
最後に乾いた綿製のボロと竹べらを使って、ワックスを拭き取りながら磨いて行きます。 スポークの裏側等も磨きますので、この作業が最も工数がかかり、根気が要ります。

 で、完了した下ホイール写真では、最初の清掃前写真とそれほど変わり映えしませんが、実際は汚れもほこりもなく綺麗になりました。 

bloggDSCN6868_edited-1.jpg



 所で、都合があって9月12日(第2土曜日)夜行われました 「シルビア S12」 のミーティングには参加する事が出来ませんでした。 申し訳ございません。
 まだ多くのS12用部品を持っておりますので、必要な方は下記コメント欄に是非コメントをお願いします。
尚、下記コメント欄には住所や電話番号等は記入せず名前もニックネームで充分です。 私の方から下記のコメント欄に連絡を取り合う方法を提案します。

 シルビアS12の保有部品の記事
http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-17
http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-24
http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-08-01


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(23)  コメント(0) 

静岡県の柿田川に行ってきました。 [ 旅行 東海]

 
 先日、随分前から 「何時かは行きたい」 と思っていた柿田川に行ってきました。

 柿田川は三島市と沼津市の間にある 静岡県駿東郡 清水町 を流れる川で 1.2kmしかなく、日本で最も短い一級河川。 しかも川の水のほぼ全量が湧き水です。
長良川・四万十川と共に日本三大清流に数えられ、名水百選にも選ばれています。

 下写真は清水町が提供している無料の航空写真ですが、柿田川全てが一枚の写真の中に収まってしまいます
blog清水町100415598[1]_edited-1.jpg

 

 柿田川は、約8500年前に富士山が噴火し、溶岩が駿河湾方向に流れだしました。 それが固まって地下に残ったのが三島溶岩流層です。
 その前に噴火した時の火山表層は水を通さない層だった為、富士山に降った雪や雨が三島溶岩流層にたまり、地下水となって流れ、三島市や清水町に湧きだしており、その一つが柿田川湧水群です。
  
fig1-3b1[1].gif
       (国土交通省の解説図をお借りしました)


 で、柿田川公園の散策路は下の様になっており、ボランティアガイドの方とまわってみました。
ルートは下ガイド図通りです。
blogDSCN6744.jpg


 第一展望台から
下写真が柿田川の最上流部です。
bloggDSCN6747.jpg

blogDSCN6749.jpg



 第二展望台からは昔の毛織物会社(国道1号線の北側に工場があった)の取水口跡です。

blogDSCN6754.jpg

 又、第二展望台の木のあいだからは対岸の沼津市水道の取水口も見る事が出来ました。
緑矢印の下の黄色い部分が取水口。 下の赤い矢印の人達は「外来種の水性植物」を取っておられる方々との事
blogDSCN6753.jpg

 柿田川は1日100万トンの湧水が出ているそうで、上水道には20万トン 42万人の飲み水として沼津市や清水町は勿論の事伊豆半島を横断して熱海市迄も給水しているそうです。
(熱海の友人で柿田川の水が配水されている地区に住む方は、自分の家の水が柿田川の水であると知って、水道の蛇口に付けていた浄水器を外してしまいました。)



 川岸から公園に戻り少し歩くと貴船神社がありました。
この神社は、京都の貴船神社から御霊分けされたものだそうで、「雨の少ない時は雨を降らし、雨の多い時は止雨の神」 だそうです。 今年は長雨の後に暑く日照り、そして又長雨ですので、 貴船神社様の大活躍と思いますが???
で、下写真の赤い矢印の所には縁結びの神様迄おられました。

blogDSCN6760_edited-1.jpg



 散策コースの 「木製八つ橋」 付近で、最初の湧きだし地点から約300m。
上流で20万トン/日もの水を取水した後でもこの水量で、もう立派な大河です。

blogDSCN6767.jpg


 柿田川は本当に豊かな湧水による大河でした。  と同時に豊かな緑地でもありました。
 古くは戦国時代 北条氏の泉頭城があった地でもあり、近年では工業排水で汚染されていた時代をもへて、多くの方々の努力で綺麗な柿田川は復活しました。
今は 「21世紀に残したい日本の自然百選」 にもなっています。

ミシマバイカモ(隣町の三島市で発見されたバイカモです)       沢がに
blogDSCN6769.jpg blogDSCN6765.jpg


 柿田川には多くの野鳥もいる様で、”東海道五十三次の箱根の下り” はいまだ未達ですので、今年の冬には 「箱根を下り、三島市に一泊して早朝柿田川散策しバードウオッチングに」 等と夢を描いています。


 清水町や三島市に来たのですから お昼ごはんはこれでしょう! 
桜屋さんは大変な行列でしたが、30分位でお店に入る事が出来ました。

blogDSCN6780.jpg

勿論、美味しかった!!!


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(24)  コメント(5)