So-net無料ブログ作成
検索選択

東海道五十三次, 見附宿(磐田市)から浜松宿 [ 東海道五十三次]

 
 先月、見附宿から浜松宿まで歩いてきました。
 (少し前に書きました浜松城は東海道を歩いた後の観光でした。)

 実は1月に袋井宿から見附宿を歩いた時に、見附宿から天竜川手前まで歩いていました。 で、今回は天竜川の手前、遠州鉄道のバスで 「長森」 迄行きそこから歩き始めました。

 とは言え今回の記事は、前回歩いた分を含めて見附宿から浜松宿迄を書こうと思います。


 歌川広重の見附宿
 (見附の宿場はJR磐田駅の北ですが、広重の見附宿の絵は4km程浜松宿よりの天竜川です。)
blog1280px-Hiroshige29_mitsuke[1].jpg



広大な敷地の遠江国分寺の再現に期待しながら、磐田駅から天竜川に向かって歩き始めました。
国分寺跡
blogDSCN8344.jpg



駅から30分強歩くと、日産自動車の販売店の所に綺麗に整備された宮之一色一里塚に到着です。

blogDSCN8372.jpg



 でさらに歩き、県道261号線森下南の交差点で真西方向の細い道に入り長森に向かい、県道262号線との交差を過ぎ2ブロック先を右に向かい更に2ブロック行った所に「天竜川の橋の記念碑」がありました。
bblogDSCN8382.jpg


 前日袋井宿からの歩きで頑張ったこともあり、足に豆が出来たらしく痛く、疲れを感じ遠州鉄道のバス停 「長森」 からバスに乗り磐田駅から帰宅の途に。



 で、先月天竜川の東岸から浜松に向けて東海道五十三次を再開。

 遠州鉄道の「長森」のバス停を下り、天竜川の旧1号線の橋(写真の左)・バイパスの橋(写真の右)のたもとに到着。
 約10年前までは歩行者も歩道の無い狭い旧1号線を歩かなければならなかったそうですが、今は広々とした歩道のあるバイパスの新しい橋を渡る事が出来ます。
(旧東海道を歩いた先人達の多くが 「古い橋は京都迄で最も危険な道」 と言っておられました。)

blogDSCN9131.jpg 

 天竜川の川の流れです。 写真の流れは穏やかですが急流の所もありました。
(江戸時代の大井川は川の深さが比較的浅く人足によって担がれて渡りましたが、天竜川は深く急流の為舟の渡しでした。)
blogDSCN9133.jpg



 橋を渡り100m位下流に歩き、六所神社に。
 神社は天竜川の堤防工事の為、現在の様に小さくなってしまいましたが、多くの記念碑が立っておりました。 その一つが、天竜川を渡る舟橋・木橋です。 
六所神社は三柱の海神と三柱の航海の守り神の六柱の神様が祭神として祭られています。

blogDSCN9138.jpg blogDSCN9142.jpg

昭和の初めまで使われた木橋です。 このきゃしゃな橋でも自動車が通っていたんですね!
写真をクリックすると大きく表示します。

blogDSCN9145.jpgblogDSCN9144.jpg


 この地区 (現浜松市東区中野町)は、江戸・明治・大正の頃、天竜川の上流で切り出した木材,上流で採掘した鉱物等の荷揚げで非常に栄ていた様で、ローカル鉄道や銀行もあった様です。
写真をクリックすると大きく表示します。

blogDSCN9154.jpg blogDSCN9150.jpg


 六所神社から10分位歩くと 金原明善翁の生家、向いには記念館がありました。
金原明善はここ浜松市東区安間町に生まれ、1850年、明善19歳の時に天竜川が氾濫し、現在の浜松市・磐田市が大洪水にみまわれました。 その時の経験等から天竜川の堤防工事や上流の植林事業に尽力しました。
 詳細は下記のウィキぺディアを参照願います。
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E5%8E%9F%E6%98%8E%E5%96%84

blogDSCN9170金原明善翁.jpg


 金原明善翁の生家から約30分歩きやっと 浜松宿の 「馬込一里塚」ニ到着。

blogDSCN9184.jpg

blogDSCN9185.jpg



 更に10分弱歩いた所で、浜松城の看板のある 「木戸町」に。  一里塚の名前と同じ 「馬込橋」 に到着。 多分木戸町の町名は浜松宿の東木戸(宿場の東の入口)の木戸から来ているのでは。
 浜松市に入った実感がわいてきました。 写真のアクトタワーは、昨年10月、金谷宿と日坂宿の間の「夜泣き石の中山峠」で遠くに見て以来半年かけての到着です。
 夜泣き石の中山峠の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-10-01

blogDSCN9186.jpg



 もう少し頑張ろうと、アクトタワーの向いのイタリアレストラン 「SAN FELICE (サン フェリーチェ)」 でピザをゆっくり食べさせて頂きました。 美味しかったので充分にエネルギーを充電。



 ほんの少し歩くと 「夢告地蔵」 がありました。
この地蔵尊はもともとは安政5年(1,858年)のコレラの犠牲者を供養する為の延命地蔵でした。 が、明治になって廃仏毀釈の波を受け土中に埋められた。 しかし、小柳丈之助の夢に 「世上に出たい」 と現れ、大正8年町民の手で掘りだされ、お堂に安置され、参拝客でにぎわった。
(明治維新は多くの良い事もあったが、西洋化の波で 「古い物はいらない」 と箱根の関所や多くのお城等貴重な物も沢山壊されてしまいました。)

blogDSCN9191_edited-1.jpg


 地蔵尊から約10分、大手門通りと交差する連尺交差点に到着。 この日の東海道は終了とし、ホテルで少し休んだ後、夕食を食べようとは市内散策。

 大手門通りの連尺交差点には大手門があった所との事。 立て看板と石碑がありました。

blogDSCN9241.jpg


 又、大手門通りの大手門跡の南側には佐藤本陣,川口本陣,梅屋本陣跡の看板が立っておりましたが、杉浦本陣は見付ける事が出来なかった。 浜松宿は大きく、本陣六ヶ所,旅籠は90軒以上あったそうです。
blogDSCN9243.jpg


 町を散策中に五社神社・諏訪神社を見つけ見学して来ました。
朱塗りの山門,本殿等新しそうで立派でした。
詳細は左記のホームページ参照  http://www.gosyajinjya-suwajinjya.or.jp/

blogDSCN9248.jpg



 で、この日の夕食は歴史ある柳川なべを食べましたが、残念ながら・・・・。
浜松と言えばうなぎですが、少しへそを曲げて見ようと思ったのがマズかった。




何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(24)  コメント(0) 

美味しい梨を食べる為の ”受粉作業” [日記]

 
 先日、千葉県白井市の田舎に帰り、梨の受粉作業を手伝ってきました。

 受粉作業は、ここ昨年は行けなかったもののほぼ毎年帰って行っている作業で、梨の花に手作業で花粉を付け、より多く梨の実をならせようとする作業です。

 作業の内容等は下記のブログを参照願います。
 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2010-04-25


 今年はNPO法人の方々にも有料で手伝って頂き、10人強の体制での受粉作業です。

 ただいま受粉作業中
blogDSCN9424_edited-1.jpg


 単調な受粉作業の合間の ”嬉しいお茶” の時間です。
blogDSCN9422_edited-1.jpg


 受粉作業のプロ ”ハチさん” も頑張っています。

blogDSCN9430_edited-1.jpg

blogDSCN9432_edited-1.jpg
(ハチがよって来てなんとなくあわてて撮った為かピンボケです。)

blogDSCN9443.jpg


 で、ハチさんは頑張りすぎて、巣箱の写真撮影中に私の頭に ”チクリ!!!” 

 何十年ぶりかで、多分55年ぶり位にハチに刺されてしまいました。
ハチは、気温が高く快晴の活発な活動の日は刺されると痛いが、早朝や雨の日等の活発でない時はそれほど痛くないと言う事を聞いた事があったが、今回はけっこう痛かった。



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

nice!(16)  コメント(0) 

S12 シルビア のミーティングに参加 [シルビア(US12)]

先日、千葉県松戸市 で定期的に行われている S12 シルビア のミーティングに参加して来ました。

 下写真はUS12 シルビア,エンジンは2000cc 4気筒のFJ20ターボ
bbblogP1010766_edited-1.jpg


 この会、何と夜10時から始まるんです。 と言っても明確に「10時に開会が宣言されて」と言う物ではないのですが多くのメンバーは夜10時頃に集まってきます。
 朝型人間の私は前日から時間調整し、当日午後にはお昼寝をして出かけ、夜9時半頃集合場所に到着。
 夜10時頃には、極少数しか売れなかったS12車が何と5台も集まり、他にS12を持っておられるが距離的な事等から他の車で来られた方も。


 昨年7月の終わりに手持ちの US12用部品についてブログに書きました。
 で今回は、今年の2月頃、私の記事に 「US12を購入、メンテナンスするにあたり部品を譲ってほしい」 との趣旨のコメントを下さった方にお会いし部品を引き渡す事でした。
そして、おかげ様で全ての部品を手放す事が出来ました。 有難うございます。



 S12 シルビアはカッコいいし、FJ20エンジンのピュアーな走りは何物にも替え難い思いの方が何人もおられる様です。 で、私もその一人のつもりだったのですが 「孫」 には勝てませんでした。


blogDSCN9373_edited-1.jpg 


 私は、S12 シルビア談義をし、日ずけの変わる頃に皆さんとお別れし、帰宅の途につきました。
前日からの時間調整や昼寝の成果もあり無事に午前2時頃帰宅出来ました。




何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

nice!(14)  コメント(3) 

小田原城でお花見 [ 旅行 神奈川県]

 
 4月3日の日曜日小田原城で、骨董市を見て、おでんサミットを見て、買って、食べて、お花見もして。 欲張りな一日でした。 ただ、小田原城のさくらはまだ少し早かった。

 早朝小田原ついて、「学橋」 から会場の 「二の丸広場」 に。 早朝の為骨董店やおでんのお店は準備中でした。 

blogDSCN9318.jpg
blogDSCN9323.jpg 



 この時期の小田原城は行事が目白押しで、桜の咲いている内にと思っていた所、一番混む日曜日、しかも駐車場確保の為雨の早朝になってしまいました。

小田原城天守閣
blogDSCN9336.jpg



 小田原城は、
 平安時代末期には相模国の土肥一族の小早川遠平の居館だった。
 1416年、関東地方で起きた上杉禅秀の乱で禅秀方についた土肥氏が失脚し、駿河国に根拠をおいていた大森氏が奪い取り相模国・伊豆国方面まで勢力を広げた。

 1495年頃、伊豆国を支配していた伊勢平氏流伊勢盛時(北条早雲)が大森藤頼から奪い取ったとされている。 実際の奪取は1501年と考えられ、早雲の息子の伊勢氏綱(後の北条氏綱)が小田原城を拠点としたのは1518,19年とみられている。
 以来北条氏は、5代にわたり小田原城を居城とし、南関東における政治的中心地となり、1560年代3代当主北条氏康の時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えた。

 小田原城は、北条氏の時代に2回大きな改築を行っている。
 最初は南海トラフ巨大地震の1つと言われている明応地震(1498年)の直後で、地震の被害と大森氏との戦いで傷んだ部分を改築。 2度目は、1566年から1569年頃で、上杉や武田の侵攻に備えた物と言われている。  又、豊臣秀吉軍に対抗する為、城の外郭は小田原の町全体を土塁と空掘りで囲んだ総構えとし、後の大阪城をもしのぐものだった様です。

 1590年、秀吉は数十万の大軍で小田原を攻撃。 北条は3ヶ月の篭城戦の末城を明け渡した。
 戦の後、北条氏の領土は家康配下の大久保忠世が小田原城に入り、17世紀の一時時期を除き明治迄大久保氏が藩主を務めた。 尚、大久保氏が入城後、城の規模縮小をおこなっている。
又、城を開け渡した北条氏は、河内国狭山1万余石を治める外様大名として明治にいたっている。

小田原城自体は明治に入り大半が取り壊された。

昭和に入り石垣の積み直しや小田原城址公園として天守の外観復元等がなされ、その後にも数多くの改修復元が行われ、今も天守の木造化等が進められている。



現在の小田原城址公園の主要部分の配置図
(写真をクリックすると大きく表示します。)
blogDSCN9328.jpg


で、配置図の 「正面入口」 の 「馬出門」 から入り、
blogDSCN9364.jpg


銅門(あかもん)に向かい、
(銅門は二の丸の表門で、当時銅を使っていた事から「あかもん」と言われ、当時の工法で平成9年復元。)
blogDSCN9355.jpg

銅門の内部が特別公開中だった。 木造の内部は真新しく綺麗でした。
blogDSCN9353.jpg 


銅門の広場から階段を上がって常盤木門に向います。
blogDSCN9329.jpg


常盤木門を通って、
blogDSCN9331.jpg


 天守閣のある広場に出て。 本来天守閣を見学できるのですが、改修工事の為5月6日迄は入る事が出来ません。 その代わり汚れのない真っ白な天守閣を見る事が出来ました。

blogDSCN9338.jpg


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(16)  コメント(0) 

神奈川中部 引地川のさくら と 浜松城 [ 旅行 東海]

 先日川の清掃を行った神奈川中部 「引地川」 の桜」 は下写真の様に4月1日現在 5分咲きとなり、明日・明後日の週末は見頃です。 また9・10日頃はお花のジュウタンかも。 是非見に来て頂ければと思います。
http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-03-11

blogDSCN9309.jpg

DSCN9310.JPG



 
 で、先日は東海道五十三次、磐田市の見附宿から浜松宿迄を歩いてきました。 その経過は後で書くとして今回はゆっくりと見学させて頂いた浜松城をレポートします。
 浜松城の石垣は野面積みで、歴代城主の多くが後に江戸幕府の重役に出世したことから「出世城」といわれていました。

blogDSCN9234.jpg



 浜松城はもともとは曳馬城(引馬城,引間城)と言われ、1514年頃から1565年頃迄は今川氏と関係のある飯尾氏の居城であった。
 その後1568年頃から徳川家康の配下となり、1970年に武田信玄の進行に備え曳馬城を西南方向に拡張した。 その時、曳馬とう名称は「馬を引く」に通じ敗北につながる事からかってこの地にあった荘園 「浜松荘」 にちなんで城名・地名共に 「浜松」 とあらためた
 徳川家康は浜松城となった城を居城とし、武田信玄と戦い三方ヶ原の敗戦等を経て1586年に静岡市の駿府城に本拠を移した。 家康の在城は29歳から45歳の17年間になる。

 明治維新後には廃城となり破壊されたが、城址は1950年に 「浜松城公園」 となり、1958年鉄筋コンクリート製の天守が再建された。

浜松城公園への入口
blogDSCN9204.jpg

安政年間の浜松城の古地図
bblogDSCN9205.jpg




天守に入る門  門の下は野面積みの石垣が綺麗でした。
blogDSCN9210.jpg


天守閣の前庭から天守閣を見る
blogDSCN9218.jpg


天守閣の入口で入場料を払い中に入ります。
blogDSCN9221.jpg


天守の内部には昔の武具等が展示されています。 また、天守からの展望はよかった。
blogDSCN9222.jpg


 で、天守から眺めていた所南側に松の植わった史跡らしいものが見つかり、行ってみた所
「兜掛松」 との説明があった。

blogDSCN9236.jpg

兜掛松の所には下写真の様な説明があった。
blogDSCN9235.jpg



 次回は 「小田原城」 の予定です。



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(21)  コメント(0)