So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャガー Eタイプ, リアー サスペンションのゴムブッシュが破損 [  Eタイプ の修理 (エンジン以外)]

 
 先日発生したエンジン回りの大きな音 (結果的にはファンベルトの劣化・破損) の発生場所探しの過程で、マフラーを外した時にリアーサスペンションの汚れ具合も点検しました。


 っと、何と左のラディアス アームのゴムブッシュが破損していました。
それもラディアス アームを固定しているラディアス アーム セーフティ ストラップがなければ、アームが外れ、最悪アームが地面につき刺さり、車はとんぼ返りをしていたかも!

blogDSCN9713.jpg


 で、リアーハブの下側取付けピンを外し、ラディアス アームを外します。

bloggDSCN9760.jpg


 結果、下写真の様にフロント側の大きなブッシュは内筒が剥がれ、ゴムは切れ本体と分離していました。 リアー側のブッシュはゴムの内部に亀裂(黄緑矢印の先)が入っていました。
(写真をクリックすると大きな画像になります。)
フロント側                             リアー側
blogDSCN9764.jpg blogDSCN9769.jpg



 これ等のゴムブッシュは 「ポリウレタン」製で、標準のゴムブッシュよりはるかに高価な物で、イギリスでは現在下記の様な価格で、2~3倍もします。
 フロント側ラディアスアームブッシュ  ポリウレタン製  53.14 ポンド
                         標準のゴム製   18.06 ポンド
 リア側ラディアスアームブッシュ     ポリウレタン製  34.21 ポンド
                         標準のゴム製   17.12 ポンド

 高価な物で性能も良いだろうと購入し、取付けていましたが残念、ムダ金を使ってしまいました。
 まァー 事故がなかっただけ良しとしよう!!!


 で、イギリスから標準のゴム製を購入し、交換しました。
 交換は下写真の様にレストア開始時に作成した冶具を使って、ネジの締付けでゴムブッシュを抜き、新しいブッシュを圧入しました。

 リアー側のブッシュ
blogDSCN9794.jpg

blogDSCN9795.jpg

抜く時とは全く逆に冶具をセットし、新しいブッシュを圧入しました。

blogDSCN9823_edited-2.jpg


同様にフロント側の壊れたブッシュを抜き、新しいブッシュを圧入しました。

blogDSCN9798.jpg

blogDSCN9885_edited-1.jpg


で、新しい標準のゴムブッシュを組付けたアームを車両に組付けました。
 
黄緑矢印の先が交換したブッシュです。
blogDSCN9881_edited-2.jpg




右側のラディアス アームも点検。 程度の差こそあれ全く同じ様に破損していました!!!

長くなりますので、右は次回に続きます。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ






nice!(13)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車

家庭菜園 そして プロ野球最多安打のピート ローズ と イチロー

 
bblogDSCN9867_edited-1.jpg


 私の畑には昨年蒔いた ひまわり が今年も芽を出し既に先日から大輪の花を咲かせています。
この場所のひまわりは、昨年は太陽に背を向けて咲いていましたが、今年は素直に太陽の方向を向いています。


 今年の家庭菜園は、先日ジャガイモを収穫。 今年はポリシートをかけた事もあり、粒が大きく大豊作で、隣近所にもおすそ分け。 写真は収穫した物を保管の為天日干ししている所。

blogDSCN9870.jpg


 で、今は下の様です。

 一番手前はひまわりの横顔。
夏野菜は、ナスやキュウリ、ピーマンにオクラ等です。
 で、先日隣の家の方からトウモロコシを頂き、ゆでて食べましたが、我が家は今頃ジャガイモの後に種を蒔きました。 トウモロコシを蒔くのは人生初の経験です。

blogDSCN9869.jpg




 全く話は変わりますが、先日大リーグのイチローが日米のプロ野球通算で、ピート ローズの記録 4256本を越え世界一となりました。

 とは言えアメリカ人は、「日本のプロ野球は大リーグより劣り通算した数字は認められない」 と言う事でしょう。
 で、ピート ローズは野球とばく等で問題があるものの生誕の地であり、長く在籍した 「シンシナティ レッズ」のある 「アメリカ,オハイオ州シンシナティ」 では絶大な人気をほこり、 「 PETE ROSE Ave Way( ピート ローズ 通り)」 まであります。

 ピート ローズについてのウィキぺディアの解説
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA

 赤で囲った道がピート ローズ通り  大きな川はオハイオリバーです。
pete rose.jpg


 私が思うに、イチローもシアトルマリナーズにずうっと在籍していたら、シアトルにイチロー通りが出来たかな?



==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

 


nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

ジャガー Eタイプ, ファンベルト破損 [  Eタイプ エンジン関係修理]

 
 少し前、ジャガー Eタイプ で出かけた後自宅に向って帰る途中、それこそあと100mで自宅と言う所で 突然、「かァ~~~ン かァ~~~ン かァ~~~ン」 と金属棒で金属パイプをたたいた様なけたたましい音が聞こえてきました。

 何処かで工事でもしているのかな!?

 っと思って聞き耳を立て見ると 何と自分の車でした

 で、あと100m位ですので恥を忍んで、 「かァ~~~ン かァ~~~ン と けたたましい音」 を出しながら帰宅、車庫に入れました。


 はずかしい事もさることながら、自分の車がどうなってしまったのか? 
 車の重要な部品が破損,分解してしまうのか?
 一体何処から音が出ているのか?
 と言っても、あまりにも大きな音でしたので何度も再現していたら取り返しのつかない事になってしまうのではと思い、再現の前に 「音の出そうな部位を考え、点検しよう」 と言う事に。


 と言う事で 「金属棒で金属パイプを叩くような音」 を手掛かりに、
エギゾーストパイプを全て外し木の棒でたたいたり、ゆすぶったりして点検しましたが異常は見当たらない。

blogDSCN9757_edited-1.jpg


 次にオイルパンの中にあるオイル吸い上げ用パイプを点検しました。
 (パイプの固定が緩みシリンダーブロックやクランクシャフトに当たっているのでは? コンロッドが外れオイルパイプやオイルパンをたたいているのでは? 等非常に重大なトラブルが頭にこびりついてきました。)
で、サスペンションの一部を外し(これが大変なんですが)、オイルパンを外し点検しました。

 これも全く問題ありません!!!!!

blogDSCN3585_edited-2.jpg



 他にはパイプらしき部品は考えられず、エンジン調整をして頂いた 「ガレージ オリオール」 さんに出張整備をして頂き、原因や整備方法を教わろうと、オイルパン等全ての部品を正規に組付けました。
で、思い切ってエンジンをかけ再現、少し時間をかけ(といっても2・3分)エンジン回りを点検。


 何と、ファンベルトのベルトテンショナー のプーリーが大きく揺れ、プーリーが共振し最大に振れた時にウオーターポンプのプーリーに衝突していました。
これがけたたましい 「かァ~~~ン かァ~~~ン」 と言う音を出していました。

 ベルトテンショナープーリーが大きく揺れる原因は、ベルトだろうと思い外して見ると、下写真の様に15cm位内径側が欠損していました。

blogDSCN9736.jpg


よく見ると、ベルトの内径側にクラックも入っており、ベルトが劣化していました。

blogDSCN9739.jpg


 このベルトの欠損部分が、ベルトテンショナーの所に来るとテンショナーが下写真の緑矢印の方向に動きます。 これが一分間に数百回おこる為、時々共振し黄色い矢印の方向に大きく振られ下写真の様にウオーターポンプのプーリーに衝突していました。

blogPA041261_edited-1.jpg

blogDSCN9818_edited.jpg


 で、スペアーにと保管していたベルトを取付け音は解消。
 音の大きさに惑わされ、マフラーやサスペンションを外す等遠回りしすぎました。

 ただ、たたき,たたかれた2つのプリーは、短時間だった為ほとんどいたんでおりませんでした。


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



 
 
nice!(21)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車