So-net無料ブログ作成

浜松のお宿 かんざんじ荘 [ 旅行 東海]

 
 先日東海道五十三次,舞阪宿から新居宿を歩きました。
 が、今回の旅は旧東海道を歩く事も一つでしたが、今迄行った事のない浜松の舘山寺地区に行く事も一つの目的でした。

 で、友人達と泊ったホテル 「かんざんじ荘」 が良かったので紹介します。

 東海道五十三次で新居宿迄歩き、わざわざ浜松迄戻り、浜松駅から事前に申し込んでおいた舘山寺温泉旅館組合の無料シャトルバスに乗って舘山寺温泉に。

無料のシャトルバスは事前予約制で、ホテルに 「何時のバスに乗る」と申しこんでおきました。
無料シャトルバスのホームページ
http://www.kanzanji.gr.jp/wp-content/themes/kanzanji/map/shuttle2016.pdf



 シャトルバスの終点に到着。 事前に 「かんざんじ荘」 に申込んでおいたロープウエーのチケットを「かんざんじ荘」の方から頂き、ロープウエーで大草山の頂上のオルゴールミュージアムに。
(かんざんじ荘に申し込むと、ロープウエーとオルゴールミュージアムの料金は超格安なる!)
ロープウエーの下は遊園地 「浜名湖パルパル」 です。
blogDSCN0052.jpg



 私達がロープウエーの頂上駅に到着した時間にはオルゴールミュージアムは閉館しており、ホテルの 「かんざんじ荘」 に直行。 
 尚、ロープウエーの駅の展望台から見た 「かんざんじ荘」 は下写真の様に森林に囲まれた静かな場所に 「何かのミュージアム」 の様な感じで建っていました。

blogDSCN0092.jpg


 ロープウエー駅から2・3分でホテルに到着。 ホテルのロビー兼フロントでチェックイン。
右下の丸い穴のあいた様な家具は、古い円板型の2連のオルゴールです。

blogDSCN0059.jpg


 ゆっくりと 「展望ふろ」に入り、夕食です。
展望ふろは、さすがに写真を撮る勇気はありませんでしたが、ゆったりしており、しかも浜名湖が一望でき本当に素晴しいお風呂でした。

 夕食は4種類の中からの選択で、私達は「風月会席」を食べました。 美味しかったし、量も多めで充分でした。 下写真の他うなぎのかば焼き等が付きます。

blogDSCN0062.jpg



 で、何より素晴しかったのは、部屋から見た早朝の朝焼けでした。

blogDSCN0065.jpg

 時々刻々と空の色が変化し、

blogDSCN0078.jpg

 約30分ズーーーッと ズーーーッと窓から見とれてしまいました。
 ホテルの立地条件や部屋も良かったのでしょうが、何より私達の 「日頃のおこない」 に対する神様・仏様からのご褒美だったと信じています。


 朝ぶろに(勿論展望ふろ)にゆっくり入り、朝食を食べ、
(釜めしが本当に美味しかったし、残念ながら写真には写っていませんが、初めて「サヨリのひらきの一夜干し」を食べました。)

blogDSCN0083.jpg


 9時始発のロープウエーで次の目的の為に張り切って! 
 スタッフも素晴しかった「かんざんじ荘」を後に!
 かんざんじ荘のホームページ http://www.kanzanji.com/


 今回の旅行は盛りだくさんで、忙しいのです。

 下写真はロープウエーから見たこの地の名前となった 「舘山寺」 です。

blogDSCN0094.jpg


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

東海道五十三次, 舞阪宿から新居宿 [ 東海道五十三次]

 先日非常に暑い中、東海道五十三次の内舞阪から新居宿を歩いてきました。
 4月末以来の東海道でした。
非常に暑いとはいえ舞阪駅から約2km程歩き浜名湖に出ると、浜風が涼しく、ある程度は暑さをしのぐ事が出来ました。

 今回は旧友達との旅行も兼ねており、早朝家を出て旧友達と同じ新幹線に乗り合わせました。
静岡県のJR舞阪駅に10半頃に到着し、松並木のある旧東海道(県道49号線)を歩きます。
blogDSCN9473.jpg


 約1kmの松並木の下には歌川広重の東海道五十三次の絵を、日本橋から京都迄銅版に彫込んで石碑にしてありました。

blogaDSCN9975.jpg
江戸日本橋                         京都三条大橋
blogaDSCN9973.jpg blogaDSCN9982.jpg


御当地舞阪は特別大きな石碑でした。
blogaDSCN9978.jpg


 で、松並木の終点、国道一号線との交差点には 「波小僧」 と言う可愛い石像がありました。

 「波小僧」 の由来は、
昔、遠州灘の浜で地曳網漁が行われており、不漁が続いたある日真っ黒に日焼けした「小僧」が網にかかりました。 漁師たちは気味悪がり小僧を殺そうとすると 「私は海の底にすむ波小僧です。命だけはお助け下さい。その代わり御恩返しに、海が荒れたり、風が強くなったりする時は海の底で太鼓をたたいてお知らせします。」 と言う事で海に戻してやりました。 以来天候が変わる時には波の音がする様になったと伝えられています。
しかし、可愛い波小僧ですね。

blogaDSCN9984.jpg


 波小僧から5分位歩くと 「舞阪宿の入口」 とも言える 「見付けの石垣」 がありました。
見附の石垣は宝永6年(1709年)の古地図には既に記載されていたそうです。

blogaDSCN9989.jpg


 見附の石垣から 1分程で 「舞阪の一里塚がありました。 下写真は道路の南側の1里塚です。

blogaDSCN9991.jpg


 で、道路の北側には小さな公園風になっていて、黒御影石の一里塚の石碑が立っており、他に下写真の様な文久2年(1862年)の宿場の 「東海道舞坂宿 宿内軒別書絵図面」 という石碑が設置されていました。
非常に長い街並みで、当時港町としてにぎわっていただろうと推察します。

blogaDSCN9994.jpg



 一里塚から少し歩くと街道の北側に宮崎伝左衛門の 「本陣跡」 の石碑が、

blogaDSCN9999.jpg


 そして、本陣のはす向かいには舞阪宿自慢の 「脇本陣」 が復元されていました。
この脇本陣は、「茗荷屋」との屋号で堀江清兵衛の脇本陣でした。
 建物は主屋・繋ぎ棟・書院棟で構成され、現構で間口五間・奥行十五間です。
書院棟一棟は天保9年(1833年)の建築で、旧東海道の中では唯一江戸時代の脇本陣として現存する貴重な建物です。
下記は浜松市の舞阪宿 脇本陣の解説ページです。
上写真 「文久2年の宿内軒別書絵図」 の例も含まれています。
   http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/w-machi/culture_art/maisaka_wakisakahonjin/index.html

blogDSCN0002.jpg

 この立派な「脇本陣」、内部を無料で見学できました。
下写真は、上写真の正面から見て左側の入り口から入った所で、立派で頑丈な建物でした。
blogDSCN0005.jpg

書院棟で、一番奥に 「上段の間(座布団の敷いてある所が大名が座った所)」 があります。
blogDSCN0009_edited-1.jpg


 脇本陣をゆっくり見学した後、街道に出て西を見ると直ぐ先が浜名湖です。
 街道の突き当りは渡船場の本雁木(ほんがんげ)があった所で、旧東海道を行き来する人が一番多く利用した場所です。 今は昔の船着場の跡は全く見当たりませんでした。
雁木とは階段状になっている船着場の事を言い地元では昔から「がんげ」と言っていました。

blogDSCN0015.jpg

 本雁木の交差点から南側に150m位行くと水神宮がありました。 この水神宮はもともとは30m位東にあったそうですが、昭和25年からの港の工事でここに移されたそうです。
 で、ここは南雁木(渡荷場跡)のあった場所でもあります。 南雁木は主に荷物の揚げ降ろしに利用されましたが、一般庶民の乗り降りにも利用されました。

blogDSCN0017.jpg

 本雁木の交差点に戻り、更に北に100m位行くと北雁木跡がありました。
この北雁木は明暦3年(1657年)から貫文元年(1661年)に構築されたそうです。 この北雁木は主に大名や幕府の公用役人が利用したそうです。

blogDSCN0024.jpg


 江戸時代の東海道は、上記の雁木から新居宿関所の船着場迄 1.5里程の船旅となります。
下写真は4月末に訪れた時の新居宿の関所です。
東海道で唯一江戸時代の建物が現存する関所でもあります。
新居関所の記事は右記 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16

blogDSCN9492.jpg

新居関所に復元された船着場跡
blogDSCN9483.jpg




 で、今は船旅が出来ないので弁天島を歩いて新居迄行きます。

 北雁木から150m程歩き弁天島に渡る弁天橋に出た所で、浜名湖の広々とした景色に暑さも忘れ、浜風に吹かれながらゆっくり湖を見てしまいました。

blogDSCN0025.jpg


 下写真は浜名大橋で、水色矢印辺りが浜名湖と外海を結ぶ 「今切口」 です。
この浜名湖は、室町時代迄は砂洲で外海と隔てられていましたが、室町時代 明応7年(1498年)の大地震やそれに伴う津波で砂洲の一部が崩壊し外海と繫がった。 で、当時 「今切れた」 と言われ海と繋がっている場所を 「今切(いまきれ)」 と呼ぶ様になった様です。 又、この大地震に伴う大災害では舞阪と繋がっていた弁天島付近も切り離され弁天島が出来ました。

blogDSCN0032.jpg


 弁天島に渡ったら直ぐ南側に弁天神社がありました。
この弁天神社は宝永6年(1709年)、舞阪宿と新居宿の間の 「今切渡海の安全」 の為に建てられました。

blogDSCN0033.jpg


 弁天島を横断し、JR新居町駅に到着し、今回の東海道五十三次は終了です。

blogDSCN0047.jpg



==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(31)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ジャガー Eタイプ, ワイヤーホールの清掃 [  Eタイプ の修理 (エンジン以外)]

 
 先日リアーサスペンション ラディアスアームのブッシュが破損し交換した時、ホイールを外したついでに清掃も行いました。

 清掃は、まず車のボディを洗う洗剤でホイールとタイヤを洗いました。

 次に、下写真の様に綿のウエスに液体ワックスをつけてスポークの間を重点にワックスをつけ、ワックスを拭いていきます。 竹のヘラはスポークの間にうまくワックスをつけ、綺麗に拭く為の道具です。

 最後にリム等の比較的平面の部分には固形ワックスを着けて拭き完成です。

blogDSCN9921.jpg

blogDSCN9920.jpg


 で、清掃完了し、車に取り付けました。

blogDSCN9969_edited-1.jpg

blogDSCN9954_edited-1.jpg


以前より清掃の手順もよくなり、4時間弱/1本で完了するようになりました。
綺麗になったと思います。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(16)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ジャガー Eタイプ, リアー サスペンションのゴムブッシュが破損 その2 [  Eタイプ の修理 (エンジン以外)]

 
 エンジンの異音調査中にリアーサスペンション 左ラディアス アーム の ポリウレタン製 ゴムブッシュの破損を発見。
前回の記事で、左ラディアス アームのゴムブッシュを標準ゴムに交換した事をレポートしました。


 で、右のブッシュも点検。 矢印の先の様に大きな亀裂がありました。

blogDSCN9838.jpg

 ちなみに横から見たリアーサスペンションの構造は下写真の様で、ラディアスアームはリアーアクスルにかかる前後方向の力に対応する大事なアームです。

blogDSCN9833.jpg



 この中で気になったのが下写真、 スタビライザー コネクティングロッド のブッシュ部分のゴムくずらしき物(黄緑矢印先)。
blogDSCN9832.jpg


 で、外して、ブッシュを1つ抜いてみると 下写真の様にバラバラになってしまいました。

blogDSCN9873.jpg

 部品の購入実績を調べてみた所、下記の様に2004年アメリカ在住中に 「Rear axle & Susp」 用として 「poly (ポリウレタン)製」 を 4個 28.44ドル(当時価格3128円相当) で購入していた。
ちなみに現在の標準ゴムのイギリス価格は4個で3.24ポンド(450円相当)です。

Rear axle & Susp. Anti roll bar link bush poly C10940U * 4, $7.1, $28.44

 尚、このブッシュは、エンジンのスタビライジング リンク用 ブッシュ や フロント スタビライザー にも使われていますが、それらは標準ゴムタイプを購入していました。


 で、ポリウレタン製のブッシュを外し、上写真濃い緑矢印先の標準のゴムブッシュに入れ替えて(下写真)車に付けました。 勿論、右側だけでなく左側も同時に交換しました。

blogDSCN9878.jpg


 ラディアス アームの方は下写真の様に壊れた(矢印) ポリウレタン製 ラディアス アーム ブッシュ フロント側,リアー側 共に標準ゴムのブッシュに交換し、車に取り付けました。
ブッシュの交換方法は前回の左側と同じ方法で行いました。
   http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-06-25

フロント側
blogDSCN9854_edited-1.jpg

リアー側
blogDSCN9855.jpg



  右リアーのポリウレタン製ブッシュを交換した事で、Eタイプ用として購入したポリウレタン製の部品は、ステアリング マウントに始まり、全てを交換した事になります。
ステアリング マウントの交換記事  http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-09-17


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車