So-net無料ブログ作成
検索選択

東海道五十三次 吉田宿から御油宿 その2 [ 東海道五十三次]

 
 10月に吉田宿から国府(こう)迄を歩き、前回の記事に"その1"として書きました。
で、12月半ば、国府から御油まで歩きましたのでレポートします。

 ほぼ2ヶ月ぶりに新幹線の豊橋駅から名鉄名古屋本線に乗り替え国府迄行き、前回の終点、県道374号線 新栄2丁目交差点に戻りました。

 10月黄色い矢印の方から来て、12月は緑矢印の方向に歩いて行きました。
blogDSCN1113.jpg


 新栄2丁目の交差点から2・300m歩くと大社神社がありました。
blogDSCN1118.jpg

 ここの神社にはサンリオの「キティちゃん等」のお守りがあります。
何とか入手しようと、神社に来られていた方に伺ったのですが「社務所に聞いて」との事。 社務所にはだれもおられなく、近所の方に伺い神主さんのお宅にお伺いするもお留守で、あきらめて先に進む事に。
blogDSCN1122.jpg


 100mも行かないうちに右側の「がましん」と書かれた大きな看板の下に「御油の一里塚」がりました。 
blogDSCN1125.jpg


 更にまっすぐに200m程行くと県道368号線との交差点に「三州御油宿 これより姫街道 遠州見附宿まで」との綺麗な立札がありました。
姫街道は緑矢印の方向に約60km、静岡県磐田市の見附宿迄続きます。
姫街道についてのウィキペディアの解説は下記
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A7%AB%E8%A1%97%E9%81%93_(%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E9%81%93)

blogDSCN1128.jpg

尚、2015年12月23日時点の 見附宿場通りと県道44号線の交差点
 「静岡県磐田市 見附宿の姫街道入口(出口)立札」(緑矢印)
 青矢印の先が見附宿の姫街道の立札で、緑矢印の方向に行くと60km先が御油宿
blogDSCN8322-41.jpg


 更にまっすぐ「姫街道の始まりの交差点」から600m程歩くと、下の様な立札のある小さな交差点に出ました。 
 立札にあるベルツさんはドイツ人の医師で、ウィキペディアに経歴や人となりが書かれていますが、ベルツさんの考えは現代にも通じる事が多くある様です。
ベルツさんについてのウィキペディアの説明
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%84


blogDSCN1136.jpg


この交差点のはす向かいが高札場でした。
blogDSCN1137.jpg

 
で、この交差点を右に曲がるとすぐに右側に問屋場跡で、写真左端の緑の矢印がその説明の立札です。
blogDSCN1141.jpg


問屋場の通りの突き当りの右奥には「御油の松並木記念館」がありました。
blogDSCN1142.jpg

松並木記念館内にあった「御油宿の模型)」です。 昔は小さな町だったんですね。
blogDSCN1146.jpg


 旧街道に戻り、右前を見ると大きな工場の様な会社がありました。 そこが醤油等の食品を販売している「イチビキ」さんで、その向かい、街道の左側が「御油宿本陣跡」でした。
blogDSCN1148.jpg


 足掛け3ヶ月かけて吉田宿から御油宿でした。
今は、広重の浮世絵の様に街道で客引きを行う女性もなく、御油は静かなごく普通の街でした。

goyu[1].jpg



 御油から赤坂宿、又、赤坂宿から藤川宿のレポートは来年になります。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(13)  コメント(0) 

東海道五十三次 吉田宿から御油宿 その1 [ 東海道五十三次]

 
 先日、愛知県豊川市から岡崎市にかけての東海道五十三次を歩いてきました。

 で、10月13・14日に歩いた分と合わせてレポートしようと思います。
この間のハイライトは何といっても「豊川稲荷をお参りした直後に、人生初の野生の狐とのご対面」だったと思います。
  野生の狐の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-11-07
  豊川稲荷の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-11-02-1


 とは言っても今回は、豊橋市の吉田宿から豊川市の御油宿迄の道中記を2回に分けてレポートします。

 豊橋市は以前は吉田と言われており、豊川に架かる豊橋(この橋も以前は吉田橋と言われていた様です)を渡り吉田宿を後にします。

blogDSCN0595.jpg


 橋を渡ったらすぐに左折し豊川沿いに少し歩くと「鬼まんじゅう(写真は下5枚目)」の旗を立てた「餅昌」さんと言うお店が右側にありました。 鬼まんじゅうはサツマイモを角切りして小麦粉等でつないで蒸した物だそうです。 私は初めて見る物で買ってみました。

blogDSCN0597.jpg


 豊川の豊橋から約1.6kmの横須賀町という信号の次を右に150m程入った所に瓜郷遺跡(うりごういせき)があり、寄ってみました。 この遺跡は弥生時代中期から後期にかけての遺跡だそうで、大きな集落跡があり、登呂遺跡に匹敵する低湿地遺跡として重要なものだそうです。
詳細は下記ページを参照願います。
http://www.toyohashi-bihaku.jp/wp-content/uploads/2014/02/urigou.pdf#search=%27%E7%93%9C%E9%83%B7%E9%81%BA%E8%B7%A1%27

blogDSCN0610.jpg

blogDSCN0611.jpg


 この遺跡の所で20分程休息を取り、鬼まんじゅう(黄色い角切り芋の塊)を食べ英気を養い再出発しました。 鬼まんじゅうは美味しい事は美味しかったのですが、今はやる物とは思えませんでした。 焼き芋の方がいいような?

blogDSCN0618.jpg


 瓜郷遺跡から約20分歩き、豊川放水路を渡ると右側のニチレイさんの所に「子だが橋」と言う石碑が木陰に立っていました。(子断が橋(こだんがばし)とも言われ、明治期には小田橋とも言われていたそうです。)
立て看板によると、
 この先の「兎足(うたり)神社」は、千年前には人身御供があり、春の大祭の初日に街道を通る最初の若い女性をいけにえにする習慣があったと伝えられている。ある年の事、贄狩り(にえがり)に奉仕する平井村の人の前を、若い女性が「故郷の例祭と父母に合う楽しさを胸に秘めて」暁の街道を足早に通りかかり橋の上まで来た。 見れば我が子である。 村人は「どうすべきか苦しんだ」が、神の威光の尊さに「わが子だが止むを得ん」と遂に生贄にして奉った。 それからこの橋の事を「子だが橋」と呼ぶようになったとの事。
現在、兎足神社では12羽の雀を贄に替えて行われているそうです。

blog 20161223).jpg


 で、広い道を横切り少し歩くと右側にその 「兎足(うたり)神社」があった。 兎足神社はかなり奥行きがあり、昔は相当大きかったのだろう。
また、この神社境内及び近隣には貝塚があり、縄文時代早期(1万から6千年前)から弥生時代の土器も見つかっているとの事。

blogDSCN0634.jpg
境内
blogDSCN0636.jpg

賽銭箱等多くの所にうさぎの作り物がありました。
blogDSCN0637.jpg



 ここ迄来て夕方になり、すぐ近くのJR飯田線小坂井駅から宿の豊川駅に向かいました。 で、翌日「豊川稲荷」をお参りし、小坂井駅に戻り踏切に出て東海道五十三次を再開した。

blogDSCN0640.jpg


 JR小坂井駅の踏切から15分弱 (1.2km)歩くと「伊奈村立場茶屋 加藤家跡」があった。
加藤家跡には下写真の古井戸しか残っていません。 また、下写真の石碑には芭蕉の句と鳥巣(うそう)の句が残されていました。

芭蕉と鳥巣の句碑
blogDSCN0703.jpg

説明の立て看板
blogDSCN0705.jpg

加藤家跡の井戸(立て看板には南西30Mだが、道路から真南か南東に15m位だった様な。)
blogDSCN0708.jpg


 加藤家跡の句碑から約300m歩いた右側の太鼓屋さんの所に「伊南村の一里塚」の石碑(黄色い矢印)がありました。 江戸より75里、ちょうど300kmです。

 !!!歩きましたねェ~~~ 300kmだそうです!!!

blogDSCN0709.jpg


 その後は休息などを入れ1時間弱住宅街や工業地帯を約3km、ただてくてくと歩き、白鳥五丁目の信号で国道1号線を横切り、更に農道の様な道等を歩きました。

 で、道だけは間違えない様にと注意しながらも漠然と歩いている中、突然野生の狐に遭遇。 びっくりやら慌ててカメラをいじくりまわすやらと平常心は何処へやら!
野生の狐の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-11-07


 名鉄豊川線の踏切を渡り、更にすぐ名鉄名古屋本線を超えて、ふたたび国道1号に出ます。 そして、すぐに国府町薮下の信号で斜め左に入り県道374号線を歩きます。


 県道に入って250m位歩くと立派な古い常夜灯がありました。
寛政12年(1800年)に作られたとの事です。
blogDSCN0735.jpg


 で、2016年10月13・14日は、二川宿から歩き始め更に豊川稲荷に寄った事等もあり、名鉄の国府駅横に来た時、御油宿迄あと1㎞ちょっとだと言うのに急に疲れを感じ、歩く気力がなくなり、宿に向かいゆっくり休み翌日帰宅しました。
blogDSCN1112.jpg


次回は名鉄の国府駅から御油宿までをレポートします。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(13)  コメント(2) 

東海道五十三次 箱根宿 ~ 白須賀宿 目次 [東海道53次 静岡県 目次]

 私の「東海道五十三次」は 2009年12月15日に東京 日本橋を出発し、2016年5月に愛知県入りを果たしました。 東海道五十三次のブログ記事は 2017年2月現在58件になり、後々分り易い様にと 東京・神奈川県の目次 に続き、静岡県,愛知県の目次 を作りました。
 東京・神奈川の目次 は 右記 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-11-11

 私は2009年5月に顎下腺癌の手術と放射線治療を行った事で体力の低下が著しかった。 運動によるリハビリもあるが三日坊主の私には続く見込みがなく、1回/月程度「東海道五十三次を歩く」事でその時々の体力の状況を知ろうと初めて見ました。
又、2011年2月には椎間板ヘルニアになり箱根を登った後、2年半も中断し 2013年7月三島宿からの再開でした。

                 画像はクリックすると大きく表示されます。
                 赤字のULRは私が歩いた時のブログ記事です。
                 浮世絵は全て歌川広重の「東海道五十三次」からです。
---------------------------------------ーー

1.箱根宿 ~ 三島宿 2016年2月7日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-02-20
    歌川広重の三島宿       富士見平ドライブイン付近から駿河湾を望む
    mishima[1].jpg blogDSCN8724.JPG

    
   箱根の関所から三島に向けて歩いたが、体調不良で三島の大吊橋の所で中断中。
   又、山中城跡付近から三島の大吊橋迄は旧東海道の工事が行われており、旧道を
   歩く事はできませんでした。 山中城跡から三島宿までを再挑戦したい。
---------------------------------------ーー

2.三島宿 ~ 沼津宿 2013年7月3日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-07-08
    歌川広重の沼津宿(宿場手前の狩野川か?) コンクリート護岸の狩野川
    Tokaido14 _numazu.jpg 目次-2 DSCN1431.jpg
---------------------------------------ーー

3.沼津宿 ~ 原宿 2013年10月27日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-10-29
    歌川広重の原宿        東田子の浦駅からの富士山
    blogTokaido13_Hara[1].jpg 目次-2 DSCN2654.jpg
---------------------------------------ーー

4.原宿 ~ 吉原宿 2013年10月27日, 2013年2月5日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-10-29
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-12-17
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2013-12-21
    歌川広重の吉原宿       左富士神社近く(信号の下が富士山)
    目次-2 yosiwara [1].jpg 目次 DSCN2735.jpg
-------------------------------------ーーーー

5.吉原宿 ~ 蒲原宿 2014年6月23日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-06-30
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-07-05
    歌川広重の蒲原宿       広重が描いたと言われる所の現在
    blog_kanbara[1].jpg blogDSCN3952[1].jpg
---------------------------------------ーー

6.蒲原宿 ~ 由比宿 2014年7月13日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-07-24
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-07-29
    歌川広重の由比宿       現在のさった峠
    Tokaido16_Yui[1].jpg blogDSCN5271.jpg

 旧東海道は由比から興津に向かうのが一般的ですが、「JR興津からJR由井駅に向かってのさった峠越え」は私一番のおすすめハイキングコースです。
---------------------------------------ーー

7.由比宿 ~ 興津宿 2015年1月9日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-16
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-19
    歌川広重の興津宿       興津川の橋から
    blog okitsu[1].jpg blogDSCN5230.jpg
---------------------------------------ーー

8.興津宿 ~ 江尻宿 2014年11月25日、12月23日
        hhttp://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-10-13
    歌川広重の江尻宿   広重の江尻宿は海辺ですが、今は街道から海を見る事が
               出来ず日本平近くからの清水港の風景です。
    blogEjiri[1].jpg 目次2 DSCN5314.jpg
---------------------------------------ーー

9.江尻宿 ~ 府中宿 2014年11月25日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2014-12-06
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-03
    歌川広重の府中宿(安倍川) 府中宿を過ぎて、現在の安倍川です。
    府中宿Tokaido19_Fuchu[1].jpg 目次 2DSCN5081.jpg 
---------------------------------------ーー

10.府中宿 ~ 鞠子(丸子)宿 2014年1月23日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-03
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-07
    歌川広重の鞠子宿      現在の丸子(鞠子)宿丁子屋さん
    Tokaido20_Mariko[1].jpg DSCN5131.JPG
---------------------------------------ーー

11.鞠子宿 ~ 岡部宿 2015年2月15日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-02-21
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-02-26
    歌川広重の岡部宿   宇津谷峠には幾つかの峠越えの道がありますが写真は三勤
               交代の時に使われた道を岡部宿側に降り切った所です。
    bblog-okabe[1].jpg 目次 2 DSCN5512.jpg
---------------------------------------ーー

12.岡部宿 ~ 藤枝宿 2015年5月9日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-05-26
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-06-09
    歌川広重の藤枝宿   藤枝市の上傳馬町の交番です(それらしき写真なかった)。
    blog_fujieda[1].jpg blogDSCN6033.jpg
---------------------------------------ーー

13.藤枝宿 ~ 島田宿 2015年5月9日・6月13日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-06-21
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-06-26
     http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02(大井川の渡しについて)
    歌川広重の島田宿      島田宿(大井川橋の上から)。
    simada[1].jpg blogDSCN6388.jpg
---------------------------------------ーー

14.島田宿 ~ 金谷宿 2015年6月13日
     http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-02(大井川の渡しについて)
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-07-13
    歌川広重の金谷宿      大井川です。鉄橋の先はお茶畑が続く牧之原台地
    kanaya[1].jpg blogDSCN6386.jpg
---------------------------------------ーー

15.金谷宿 ~ 日坂宿 2015年9月11日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-09-26
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-10-01
  歌川広重の日坂宿   左が現在の夜泣き石跡 右が現在の愛の宿「菊川の里」
  (中央の石が小夜の夜泣き石)
 金谷ー日坂間は登り下りが激しくきついコースですが景色が良く江戸時代の石畳があったりとおすすめのハイキングコースです。
 nissaka[1].jpg blogDSCN6995.jpg blogDSCN6931.jpg
---------------------------------------ーー

16.日坂宿 ~ 掛川宿 2015年9月11日・9月12日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-10-10-1
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-10-16
 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28(掛川から大池橋を含む袋井迄)
    歌川広重の掛川宿      現在の倉真川(くらみがわ)の大池橋
   (広重の絵は現在の倉真川の大池橋と言われています)
    Tokaido26_Kakegawa[1].jpg blogDSCN8050.jpg
---------------------------------------ーー

17.掛川宿 ~ 袋井宿 2015年12月22日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-12-28
    歌川広重の袋井宿       袋井の東海道どまん中茶屋   
    fukuroi[1].jpg blogDSCN8158.jpg
---------------------------------------ーー

18.袋井宿 ~ 見附宿 2015年12月22・23日 2016年3月21日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2015-01-04
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-01-10
  http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-04-27(見附から天竜川を含む浜松迄)
 歌川広重の見附宿(天竜川) 現在の天竜川 下右は現存する日本最古の小学校見附小学校
 mitsuke[1].jpg blogDSCN9133.jpg blogDSCN8297.jpg
---------------------------------------ーー

19.見附宿 ~ 浜松宿 2015年12月23日 2016年3月21・22日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-04-27
    歌川広重の浜松宿        浜松城です。
    今はビルの陰になり、広重の絵の様に遠くから城を見る事は出来ません。
    hamamatsu[1].jpg blogDSCN9234.jpg
---------------------------------------ーー

20.浜松宿 ~ 舞阪宿 2016年3月22日,4月28日,7月10日
     http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-05-10
     http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20
    歌川広重の舞阪宿       舞阪宿の北雁木(船着き場)跡
    maisaka[1].jpg blogDSCN0020.jpg
---------------------------------------ーー

21.舞阪宿 ~ 新居(荒井)宿 2016年4月28日,7月10日
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-07-20
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16
    歌川広重の新居宿  新居の関所(江戸時代に建てられた現存する唯一の関所)
    arai[1].jpg blogDSCN9493.jpg
---------------------------------------ーー

22.新居宿 ~ 白須賀宿 2015年4月28日,
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-05-16
        http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-05-23
    歌川広重の白須賀宿     白須賀宿の汐見阪
    sirasuka[1].jpg blogDSCN9566.jpg

==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(24)  コメント(0) 

横浜港のランチクルーズ [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、昔の職場仲間を中心としたメンバーと泊りがけで囲碁をしてきました。
 で、勝敗はともかく勝負で戦闘モードになっている感情を鎮めようと、囲碁終了後は横浜山下公園からのランチクルーズ船に乗り、食事をしながら海側から自分達が働いた職場はあの辺だ、昔はこんなのなかったとか、和気あいあいの1時間半を過ごしてきました。

 囲碁の会場から電車で石川町駅に行き、元町を散策しながら、
(クラシックカーの好きな私はついつい変わった車に目が行き、  日産のパオです。)

blogDSCN0975.jpg


山下公園通りを通って、マリンタワーを見ながら、
bblogDSCN0978.jpg


山下公園内の氷川丸の係留されている脇の船着き場に。
今回は一番手前の船、マリンルージュです。
ランチクルーズ会社のホームページは下記
http://www.yokohama-cruising.jp/index.php?act=cruise&do=course_select&ship_id=001

blogDSCN0983.jpg


ランチですから12時ちょうどに出航。
blogDSCN1003.jpg



出航してすぐにスープが運ばれてきて、ランチの始まりです。
blogDSCN1002.jpg


スープを飲み終わり、みなとみらい地区を見ながら船は進みます。
blogDSCN1005.jpg


 で景色や食事は、何時もの様に、残念な事に、やっぱり私は写真を撮るより、はるかに食い気が勝っていました。
 と言う事で、上の船会社さんのホームページからの写真をお借りして。
 よくカタログ写真は綺麗で実際行ってみると「えェ~~!」と言う事がありますが、この船はそんな事は無く本当に綺麗で、食事も船会社さんの写真そのものでした。

14[1].jpg 5[1].jpg


で、食事も終わり、船のデッキで横浜港の景色を眺め、
ベイブリッジの脇を通って帰港です。
blogDSCN1017.jpg


 リタイヤした今思うと、現役の頃はただがむしゃらに働いていた様な?!
 こんな素晴らしい風景の横浜近くに住んでいながら、そしてこの港近くで働いていながら、その素晴らしさを感じずにいた私は随分もったいない時間を過ごしてしまった様な気がします。

 ランチクルーズ以外にもシーバス等手軽な船もありますので、是非一度海側から横浜市内を眺めて頂きたいと思います。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(19)  コメント(0)