So-net無料ブログ作成
 旅行 東海 ブログトップ
前の15件 | -

熱海のMOA美術館,葛飾北斎の富嶽36景+10景  [ 旅行 東海]

 
 8月18日に花火を見た後19日にはMOA美術館で 「葛飾北斎の富嶽36景と追加された10景」全巻を見学してきました。

 MOA美術館のホームぺージ http://www.moaart.or.jp/exhibitions/


 伊豆山神社方向から車で行き、MOA美術館の上側の駐車場に車を置き、裏門(裏門で良いのかなァ~?)からチケット売り場に。

インド砂岩で統一された建物が立派です。
blogDSCN3229.jpg


 会場に入って右に回って行くと「葛飾北斎の富嶽36景」の展示室です。
で、展示室の係員の方に撮影の可否を伺った所「フラッシュ無しの撮影はOK」との事。

展示場には皆さんが列を作って作品に見入っていました。
bblogDSCN3163.jpg

又、作品は下写真の様に展示されていました。
blogDSCN3107.jpg

=====================================================================

  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


 展示はいきなり「神奈川沖の浪裏」です。 波の迫力がすごい。
青が綺麗。 やっぱり本物です!!! 版画を刷った時の青に近いのだろう。
 (すべての写真はクリックすると拡大してみる事が出来ます。)
(感動しながら絵を見る事に気を取られ、また、後ろに並ぶお客さんの事も気になり写真はただパチリ。構図もピントもシャッタブレも忘れていました。)

blogDSCN3108.jpg


そして、この展示室の一番奥には「凱風快晴」,一般に言う「赤富士」がありました。
赤富士は何処で描かれたか不明だそうです。
blogDSCN3113.jpg blogDSCN3114.jpg


 展示場の途中(確か3番目の部屋?)には、富嶽36景についての説明があり、
blogDSCN3143.jpg

更に、富嶽36景の絵が何処で描かれたかの場所も表示されていました。
blogaDSCN3219.jpg

blogaDSCN3222.jpg


また、北斎の綺麗な青についても説明されていたり、
blogDSCN3115.jpg


北斎の絵の構図についても説明されていました。
blogDSCN3170.jpg


 絵の素晴らしさと共に「そうだったんだ!!!」と思った事が幾つもありましたが、それはその地域ごとの産業や特色が絵に取り入れられており、今も続いている事でした。

 例えば、下の絵「本所立川」には木材加工の図が描かれています。
今の墨田区立川と思います。 今は東京湾の埋め立てと貯木場の関係からと思いますが立川から南の海側「江東区の木場」の方向に移っている様ですが。

blogDSCN3197.jpg

 また、下の絵「登戸浦(のぼとうら)には潮干狩りをしている所が描かれています。
今の千葉市中央区登戸(のぶと)の絵との事で、今も千葉県浦安から富津あたりまでは潮干狩りの盛んな所です。
blogDSCN3168.jpg


 所で、今も幾つかの地域で「海が干潮になると歩いて島に渡れる」事が観光の目玉になっていますが、下の絵「相州江の嶌(えのしま)」は今は橋の下になってしまいなかなか見る事が出来ませんが江の島も立派な干潮時陸続きなる名所(信仰の場)です。
橋をずらして陸続きが見える様にしてほしいなァ~

blogDSCN3190.jpg


最後に1枚
「相州梅澤左(左は「在」または「庄」の誤刻)」は神奈川県二宮町梅沢との事ですが、絵に描かれている鳥は「タンチョウ鶴」です。 
 二宮町の近くにJRの「鴨宮駅」がある様にこの近辺は鳥の多かった地方だろうと推測できますが、それにしても今は北海道にしかいないタンチョウ鶴が二宮町にもいたと言う事の様です。
一時食糧難や軍国主義の為に自然保護を忘れてしまった時期もありましたが、トキやコウノトリ,タンチョウ等大型の鳥が日本中を飛び交うようになって欲しいものです。

blogDSCN3126.jpg


 MOA美術館での富嶽36景の展示は8月29日迄でしたが、引き続き色々なイベントが有る様ですので是非出かけてみてはいかがでしょうか?
これからは海水浴客も減り多少静かな熱海になると思いますし。


nice!(25)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熱海の花火大会 [ 旅行 東海]

 
 8月18日に熱海の花火大会,19日はMOA美術館に行ってきました。

 熱海の花火大会は1年中行われており、夏は7月に2回,8月はなんと5回も行われます。
 熱海の花火の紹介公式ページ http://www.ataminews.gr.jp/event/8/

 花火大会の時間は各回とも午後 8時20分~8時45分か50分と短いのですが、この30分間は打上げっぱなしでひと時も目を離せません。
 また、熱海の花火は音がすごい。 熱海市街を三方から囲む様に山が張り出しているので1回打上げると、後ろからそして右後ろから更に左後ろからと何回も反響音がしてきます。 従って、打上げっぱなしと言える程の花火の音は「ドドド・・・」と止む事がありません。


 で、花火の打ち上げ開始です。
bbblogDSCN3006.jpg

blogDSCN3029.jpg

blogDSCN3036.jpg

=====================================================================

   ソネットブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。

 「トラックバック機能について、ご利用者数の減少(本当かな?)に伴い、
 送受信ともに 2017年8月3日に終了とさせていただきます。」
 従って、記事の中からは「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================


blogDSCN3057.jpg

blogDSCN3064.jpg

blogDSCN3065.jpg


 そして、フィナーレは空中ナイヤガラと言われる花火です。
ナイヤガラと言うと一般的にはあらかじめセットした仕掛け花火ですが、熱海のナイヤガラは低目の打上げ花火をバンバン打上げナイヤガラの様に見せるもので迫力満点です。
blogDSCN3068.jpg

blogDSCN3094.jpg


 日没から花火打上げ迄の時間がありましたので早めに海辺の砂浜に陣取って、友人達と波の音を聞きながら持参の食物を食べたり飲んだり小声で「ワイワイガヤガヤ」するのも楽しいものです。

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

熱海の「こがし祭り」 [ 旅行 東海]

 
 7月14~16日に行われた熱海 来宮神社(キノミヤジンジャ)の例大祭「こがし祭り」を見に行ってきました。

 熱海の「こがし祭り」の由来は、
 来宮神社の社伝によれと、和銅3年6月15日(西暦710年7月15日)、熱海湾で漁師の網に木の根がかかる事が三度あり、よく見ると神像の様だったので、松の下に祀って持っていた麦こがしを供えました。その夜、夢に五十猛命(イタケルノミコト)が現れ、潮騒が耳障りであるとのご神託があり、現来宮神社の地に遷祀したのだという。
 『熱海こがし祭り』(来宮神社例大祭)では、7月15日9:00〜15:00頃には木の根を拾った大浜海岸まで神輿の渡御があり、道中、天狗面に高足駄を履き猿田彦神に扮した者が、麦こがしを撒き散らすので、『こがし祭』と呼ばれています。

来宮神社 例大祭「こがし祭り」の詳細 http://gotoatami.com/kogashi1706
     http://shizuoka-hamamatsu-izu.com/izu/atami-city/kogashimatsuri/
麦こがしの説明   https://kotobank.jp/word/%E9%BA%A6%E3%81%93%E3%81%8C%E3%81%97-140297



 で、15日は、同行するクラシックカー仲間の友人が仕事の為、夕方6時に熱海駅に集合。
 こがし祭りのメインイベントとも言える「各地区が精魂込めて飾り上げた山車のコンクール」の審査が行われる国道135号線 熱海サンビーチ近くに行きました。
135号線を含めて付近は車両が通行止めになっていました。

 午後6時半から山車のパレードと審査との事で、6時15分頃には135号線の歩道はほぼ満員の人出、開始時刻の6時半には歩く人がすれ違うのもままならないほどの人出でした!



 で、パレードが始まりました。 135号線 サンビーチ付近の車道は神輿を担ぐ人、山車を引く人であふれていました。

パレードの始まりは日没頃でまだ明るく、電飾の少ない神輿が先行し、
blogDSCN2737.jpg

blogDSCN2742.jpg

7時半頃になるとほぼ暗くなり、独自の工夫を凝らした山車が次々と繰り出されました。
blogDSCN2746.jpg

blogDSCN2751.jpg

blogDSCN2756.jpg

素晴らしい木彫りの山車に飾りを付け、女性は胸にさらしを巻き、
子供たちは先頭に座り太鼓をたたき、
blogDSCN2759.jpg

山車がすれ違う時は、お互いに健闘をたたえあっているのでしょうか?
blogDSCN2765.jpg

熱海は旧東海道から少し外れているのですが、なぜか53次が? 後で調べてみたい。
blogDSCN2794.jpg

素晴らしい木彫りです。 今でもこんな木彫りをする職人がいるのでしょうかね?
blogDSCN2800.jpg

こんな飾りも! 左端の黄緑矢印の先は私の前の方のタブレットの写真用映像です。
blogDSCN2804.jpg

多くの山車が出て、審査会場の前は大混雑。
黄緑矢印の山車がコンクールで1番だった様ですが、
総合優勝は温泉通り町「ミニオンズ大脱走!」が選ばれました。
私にとってはどの山車も素晴らしく感動ものでした。
blogDSCN2819.jpg

こんな小さな山車も、1台のリヤカーに飾りを付けて、兄弟らしき男の子2人が乗り、父親らしき方がリヤカーを押していました。
blogDSCN2852.jpg

コンクール審査場の前は最後まで山車と人で大混雑でした。
blogDSCN2853.jpg



 各地区の山車は素晴らしい出来栄えで、又、多くのお子さんや若い女性の方々が参加されておられて、感動しどうしの夕べでした。

 で、翌日は浜降りの神事。 タクシーでサンビーチに向かいましたが、熱海の街中や国道135号線は大渋滞。 途中からタクシーを降り、脊柱管狭窄症により痛む足を引きずりながら海岸に向かいましたが、既に神事は終了。関係者の方々が海岸から引揚げて行く所でした!
残念無念でした! 内心激しく地団駄踏み、「絶対狭窄症を治す」と誓いました。



==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

「名車・クラシックカー」の ランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「 街道・古道」 の ランキングへ                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(52)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

浜名湖の「かんざんじ荘」で出会った素敵な人 [ 旅行 東海]

 
 きのう7月1日、NHKで、バングラディッシュ、ダッカでのテロ1周年に当たっての放送がありました。 で、昨年浜松に行った時にちょっとだけお話しをした女性を思い出しテレビに見入ってしまいました。


 昨年(2016年)7月10日 天竜浜名湖線に乗るために題記「かんざんじ荘」に前泊しました。 ダッカのテロで日本人7人が亡くなった10日後の事でした。
 ダッカのテロ詳細記事 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%BA%E8%B3%AA%E3%83%86%E3%83%AD%E4%BA%8B%E4%BB%B6
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3832/1.html
 私のかんざんじ荘の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-07-26
 天竜浜名湖線の記事 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2016-08-01

blogDSCN0092.jpg


 浜松駅からの送迎バスとロープウエイでかんざんじ荘に到着し受付を待っていた時に、外国人の女性が生まれて間のないお子さんを抱いていました。

blogDSCN0058.jpg



 非常に穏やかで品のいい女性でしたので「何処から来られたのですか」と話しかけてしまいました。
バングラデッシュからとの事で女性から「この度は日本人に大変な事をしてしまい申し訳ございません。 私達の国造りに協力して頂いているのに!」と言う様なテロについての丁寧な謝罪がありました。 
 私は驚き何と言っていいか分からず、多分「貴女が起こしたわけではなく、気にしないで下さい」と言った様に思います。(機転が利かずボキャブラリーのない私でした。)

かんざんじ荘のロビーです。 
blogDSCN0059.jpg


 バングラディッシュの方は出産の為に旦那さんの実家のある日本に来られたそうで、「義理の両親に子供を見せる事が出来本当に良かった。」との事でした。

 今、豊田真由子様が話題になっていますが、バングラディッシュの方を思い出すとかばう気は全くないが真由子様の未成熟さに「可哀そうな人だ」と思う!!!
ちなみに私も「このハゲ! バカ!!!」です。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

「名車・クラシックカー」の ランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「 街道・古道」 の ランキングへ                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

名古屋市緑区有松の古い街並み散策 [ 旅行 東海]

  
 もう先月になってしまいましたが、有松に行ってきました。

 名鉄名古屋本線の有松駅を降り、県道237号線を100m弱南に行き、旧東海道との交差点にある「サイクルスペース ハロ」で予約しておいたレンタサイクルを借り桶狭間の古戦場巡りをした後、有松の古い家並みを見る事に。

橋上駅の有松駅
blogDSCN2445.jpg

古い街並みにマッチした白壁の自転車屋「サイクルスペース ハロ」
blogDSCN2448.jpg



 有松は、慶長13年(1608年)尾張藩によって東海道の鳴海宿と池鯉鮒宿(ちりゅうしゅく)の間に開かれた茶屋集落です。 耕作地が少なかった為、木綿の絞り染を作り有松土産として東海道を往来する旅人に販売。 この絞り「有松絞り」と共に有松村は発展してきました。
 しかし、天明4年(1784年)の大火で村のほとんどが焼失、絞り染め遺物、古文書、旧い形態を残す工房、蔵等の貴重な資料も同時に焼失してしまいました。
 この大火による復興には、従来の茅葺を瓦葺に改め、構造も塗ごめ造りとし「うだつ」を設ける等の防火対策を行いました。

有松村の詳細は「有松まちづくりの会」の下記ぺージを参照願います。
   http://www.arimatsunomachi.com/index.html

有松の古い家並み
blogDSCN2561.jpg



 で、桶狭間の古戦場を巡った後、有松郵便局迄戻り下の地図に沿って旧家を巡りました。
(下の地図はクリックすると拡大します。「有松まちづくりの会」のお店の紹介ページから借用致しました。)
有松の街並み-1.jpg



 有松郵便局(上記地図の一番右)から最初に見つけたのが「有松山車会館」です。
 有松には、布袋車(1675年には若宮祭りに参加)・唐子車(1830~1843年製)・神功皇后車(1873年製)の3台の山車があるそうで、この会館ではその内の1両を毎年交代で展示し、土・日・祝日に公開しています。
blog有松山車会館DSCN2528.jpg

「有松山車会館」の中の展示山車。
今回は運良く3台の内1番古い東町の「布袋車」で、製作時期は表示されていませんが延宝3年(1675年)には若宮祭りに参加した記録があるそうです。 名古屋市の中でも最も古いそうで、明治24年(1891年)名古屋市の玉屋町(現中区錦2丁目)から譲り受けたそうです。

下から見た所                  2階から見た所(布袋さんが見えます)
blog有松山車会館DSCN2530.jpgblogDSCN2538.jpg


有松・鳴海絞会館, 建物は古くはないが絞りの資料展示や展示販売をしています。
blogしぼり会館DSCN2456.jpg


会館の隣は「棚橋家住宅」, 主屋は明治8年(1875年)建造です。
7blog棚橋家DSCN2539.jpg


棚橋家の隣は「舛屋(山口家)さん」です。
江戸時代の建物だそうで、外国人の方が着物を着て散策しておりました。
blog舛屋&棚橋家DSCN2452.jpg


棚橋家の向いは「服部家住宅(井桁屋さん)」で、
寛政2年(1790年)創業、主屋は文久元年(1861年)建造です。
井桁屋さんの現在のお店
2blog服部家DSCN2457.jpg

服部家住宅(井桁屋さん)は現在のお店部分の他、写真奥の倉2棟も含みます。
2blog服部家(井桁屋)DSCN2455.jpg


ちょっと西に歩いた所の右手に「中濱家」があり、明治中期の建物だそうです。
当初は山田与吉郎家の建物でしたが、平成16年から中濱商店が使っています。
6blog中濱家DSCN2450.jpg 


更に西に向かって県道237号線をこえて行くと「中町年行司(唐子車山車庫)」が右手にありました。
blog唐子山車DSCN2546.jpg


「唐子車山車庫」のはす向かいは、有松で絞り染を初めて作り始めた(1610年過ぎ)と言われる竹田庄九郎の「中舛竹田家」です。
blog中舛竹田家DSCN2573.jpg

「中舛竹田家」の前には下写真の様な石碑での説明がりました。
古い家や街並みは皆の力で守られているんですね!
blog中舛竹田石碑DSCN2574.jpg


西に向かって左側に「竹田邸(竹田嘉兵衛商店)」があります。 主屋は江戸末期建造だそうで、有力な絞商の屋敷構えの典型だそうです。 寛保年間(1741-1744年)に絞り業を営んでいた竹田喜七郎が始まりと伝えられ、14代将軍徳川家茂(いえもち)も訪れたと言います。

1blog竹田家DSCN2564.jpg

時代劇に使われそうな竹田邸の長屋門です。
1blog竹田家門DSCN2564.jpg


同じ様に西に向かって100m、左側に「岡家」がり、江戸末期の建造と推定だそう。
主屋の間口は有松の伝統的建造物の中で最大だそうです。
5blog岡家DSCN2554.jpg


岡さんの隣の隣は「小塚家住宅」です。 主屋は文久2年(1862年)だそうです。
小塚家が有松に居を構えたのは寛文年間(1661-1673)だそうで 、主屋,水屋,表蔵,南蔵,茶室など絞商の屋敷構えが一式で残っているのだそうです。
4blog小塚家DSCN2551.jpg


小塚家住宅の隣の隣には、西町の山車「神功皇后車(1873年製)」の山車庫がありました。
縦長の建物です。 
blog西町神功皇后車DSCN2549.jpg

で、この先は上に名古屋環状第二自動車道が通っており、その下に有松の一里塚があります。


 名古屋市緑区有松は、東京から名古屋市に至る旧東海道の中では1,2を争う古い街並みが残っていました。 しかもその古い家は現在も居住や商店として使われている事に感銘を受けました。
是非行かれてみてはいかかでしょうか。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

今川義元が織田信長に打ち取られた場所「桶狭間の古戦場」巡り [ 旅行 東海]

 5月3日から5日にかけて知立祭りや名古屋市緑区の有松に行ってきました。

 5月3日、知立祭りでユネスコの世界文化遺産になった浄瑠璃文楽やからくり人形を見た後、知立に一泊し翌朝有松に移動。 有松の自転車屋さんに予約しておいたレンタル自転車を借り、桶狭間の古戦場を巡り、また有松の古い家が立ち並ぶ街並みを見る事に。

 古戦場を巡るコースは「名古屋市緑区ルネッサンスフォーラム」が発行している「(名古屋市)緑区散策マップ 桶狭間古戦場コース」
(ホームページ; http://www.geocities.jp/midorirekishi/map/okehazama.pdf )
をもとに回る事にしました。



 上記の「桶狭間古戦場コース」の資料によると、
 桶狭間村は1341年頃南北朝時代に南朝の落ち武者20人位が隠れ住み、その半数位が桶狭間郵便局付近から長福寺に至る間に土着したのが始まりとの事。

 村の発祥から約200年後旧暦の永禄3年5月19日(1560年6月12日)桶狭間の合戦があった。
 村人は先陣の瀬名氏俊から「今川義元が着陣する」と聞かされ、徹夜で餅をつき肴を煮、当日の昼には義元公をを迎え酒肴を献上無事の通過を願った。 当日19日の昼頃には激しい雷雨となった。 雷鳴が遠のいた途端北方から織田信長軍が義元軍に襲いかかり大喚声,悲鳴、怒号馬のいななき等が響きわたり、義元軍の1割にも満たない「織田軍が義元を打ち取り」勝どきを上げた。

「桶狭間古戦場コース」の地図の部分
bbblogokehazama.jpg


 地図 ① の高根山への道は間違えやすいとの事でパスし、有松郵便局から地蔵池迄行き、
blogDSCN2465.jpg


地図を見ながら少し戻り、ひと山越える様に坂道を上り更に下り桜花学園大に突き当たったら右折し150m 名古屋短期大学の端、地図②の武路釜ヶ谷(たけじかまがたに)に到着。

織田軍はこの谷に潜み突撃の機会をうかがっていた。
blogDSCN2467.jpg


 釜ヶ谷の看板から150m、トンネルをくぐって直ぐに右折、急な坂を上り大池方向に。
このトンネルの上には何があると思いますか? 答えはこの記事の最後に! 私はこのトンネルに惑わされ「行ったり来たりの迷子」になり、地元の人に道順を教えて頂きました。
blogDSCN2473.jpg


 トンネルをくぐり右折して約250m、大池に戻る直前に道なり左折、最初の角を更に左折するとすぐに右側の電柱に地図③の「七つ塚」の看板(下左写真)があり、看板に従い路地を入って行くと 塚 がありました。(実はここでも塚が見つからず地元の人に教えて頂きました。)
 信長は義元を打ち取った後この付近に兵を集め勝どきを上げた。
その後、村人はここの東西に七つの穴を掘り戦没者を埋葬、塚として弔ったとの事。
七つ塚に入り口              七つ塚
blogDSCN2479.jpg blogDSCN2476.jpg



 七つ塚から出て、左側(西)に行き、上記地図を見ながらクニャクニャと曲がって ④ 桶狭間古戦場公園「田楽坪」に出ました。

ここは「今川義元が討ち死にした地」と伝えられている場所です。
blogDSCN2480.jpg

右端の黄緑矢印が今川義元の墓だそうです。いつ建てられたかは不明です。
blogDSCN2484.jpg

公園の反対側の入り口で、幾つかの掲示板や石碑がありました。
blogDSCN2497.jpg


 次に向かったのは上記地図 ⑤ の今川義元の本陣があったと言われる「おけはざま山」。
桶狭間古戦場公園南側の道を東に約150m行き、斜め左に入り、道なりに北方向に坂を上って行くと桶狭間山の頂上と思われる所に出ます。
この坂道を上って「おけはざま山」頂上へ
blogDSCN2501.jpg

自転車の陰黄緑矢印の所に「おけはざま山」の表示が。
(表示が臨時の様な物でしたので、帰宅後調査した所山の頂上の真下西側30m位の所に石碑があった様です(古戦場公園からの道順は全く異なりました))。
blogDSCN2500.jpg blogDSCN2499.jpg


 ④ 桶狭間古戦場公園に戻り、少し南に行くと大池に出ます。
blogDSCN2504.jpg

 
 大池の北東岸に地図 ⑥ の瀬名氏俊の陣地跡の石碑と掲示板がありました。
瀬名氏俊は今川義元の部下で合戦の2日前にここに着陣し、義元の着陣,5月19日(合戦日当日)の昼の休息陣地を構築した。 尚、瀬名氏は合戦の日には先発として大高城に向い合戦には加わっていない。
blogDSCN2502.jpg


 大池東岸の南端に ⑦ 長福寺があります。
blogDSCN2505.jpg

長福寺の由来は下写真の様です。
blogDSCN2517.jpg

blogDSCN2518.jpg

織田軍に打ち取られた今川義元の首検証した所だそうで、供養杉と呼ばれる大きな杉の木がありましたが1959年の伊勢湾台風で枯れてしまい今は2代目の杉だそうです。
blogDSCN2509.jpg


長福寺のほぼ対岸、市バスのバス停「桶狭間寺前」に ⑧「戦評の松」がありました。
瀬名氏は今川義元の昼の休息陣地を築いた後、ここの松の下で戦評をし、大高城に向かった。 ここには大きな松があった様ですが、今は若い松が植わっていました。
blogDSCN2526.jpg


 最後に、地図 「⑨ 桶狭間神明社」
 創建時期は不明ですが、桶狭間村は1340年代南朝の落武者が開拓した村であり、その後1600年の検地で免除地となっている事、桶狭間の合戦時「瀬名氏がお酒を供えた」ともあり、1340年から1560年の間であろうと言えます。
blogDSCN2521.jpg


 所で、本記事の3枚目の写真のトンネルの上は? 「愛知用水」の水路でした。
 一番最初の地図の左端に「愛知用水」と書かれているものの地図上では川の様に描かれています。 遠くから来た私の様な者には用水路はなじみがなく地図上では川に見え、まさか川の下を道が通るとは思われず、迷子になった次第。 他にも本案内図を持った方が迷子になっており、何ともわかりにくい地図でした。
愛知用水の解説; https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%94%A8%E6%B0%B4

blogDSCN2471.jpg


 有松の街並みは次回のレポートを予定しています。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

愛知県の知立祭り その3,間祭りの花車 [ 旅行 東海]

  
 5月3日から5日にかけて知立祭りや名古屋市緑区の有松に行ってきました。
 神奈川県から新幹線で豊橋へ、豊橋から名鉄名古屋本線で知立駅に着いたのが12時近く。
ホテルに荷物を預け、知立神社向かいました。

 祭りの主会場の知立神社境内は屋台も出て大変な人出でした。
blogDSCN2145.jpg


 世界遺産の浄瑠璃文楽の公演は4つあり公演と公演の合間に知立神社境内に見に行くと、午後2時半には各地区から引かれてきた花車は宮入しつつありました。

blogDSCN2229.jpg


 次の公演と公演の合間の午後3時10分頃には、花車は知立神社境内に
すべて宮入していました。
blogDSCN2264.jpg


 宮入後の花車と地域の方々は神主さんに祝詞を上げて頂いて、
blogDSCN2269.jpg


 宮入れが終わり、花車のお披露目が終わると、各花車の帰路に就く前のパフォーマンス。
 前を持ち上げて花車を回転させてます。 勇壮で見ごたえのあるものでした!!!
blogDSCN2439.jpg


 そして境内から各地区への帰路に。 暗くなるとライトアップもするそうです。
blogDSCN2430.jpg


 せっかく知立神社に来られたのだからと言う事か、本殿にお参りする方々は行列を
作っておられました。
blogDSCN2272.jpg


 神社境内の広場は大変な賑わいですが、境内の横や裏はうその様な静けさでした。
blogDSCN2440.jpg


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

愛知県の知立祭り その2,世界遺産の からくり人形芝居 [ 旅行 東海]

  
 5月3日から5日にかけて知立祭りや名古屋市緑区の有松に行ってきました。
 神奈川県から新幹線で豊橋へ、豊橋から名鉄名古屋本線で知立駅に着いたのが12時近く。

 祭りの主会場の知立神社境内は屋台も出て大変な人出でした。

 昨年12月、日本の無形文化遺産として「山・鉾・屋台行事 33件」の内の1つとして、知立祭りで行われている「山車の上で行われる文楽やからくり人形芝居」がユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

知立神社の南隣で行われた山車の上の浄瑠璃文楽・からくり人形芝居は超満員でした。
blogDSCN2296.jpg



 で、山車の上で行われる文楽は前回の記事の様で、今回は西町の山車で行われた「からくり人形芝居」をレポートします。

演目は「一之谷の合戦」
 「一之谷の合戦」の詳細解説は右記 http://www.katch.ne.jp/~ksj/karakuri%20sibai.htm

あらすじは、
 木曽義仲に追われ北九州に逃げた平家は寿永3年(1184)の春、再起し一の谷(兵庫県)に陣をはった。 源頼朝は後白河院の宣詞を賜り、弟の義経は北の断崖を下り攻撃する。
 時に、このからくりで上演される 熊谷次郎直実は43歳、その子熊谷小次郎直家は16歳、岡部六弥太忠澄は26歳、平山武者所秀重は32歳 だったと伝えられている。

 で、熊谷小次郎が先陣を務め、平家の陣屋からの笛の音等で感慨にふけっていると、後を追ってきた父直実は「汝は源氏の旗頭小次郎なり」と名乗りを上げ、小次郎は我に返り敵陣のひときわ目立った扇を射抜いた。
 平山は源氏の禄を受けるもむほんを起こし物陰に潜んでいた。 そこへ小次郎が小桜おどしの鎧に星かぶと姿で来たので平山は驚き、そんな姿で夜襲が出来るものかと小次郎をあざ笑った。
 若い小次郎は、先陣なりと鎧かぶとを脱ぎ捨て、難所の岩石も飛石の様に飛び越え、乱杭逆茂木もものかわ、桜の古木によじ登って陣内深く切り込んだ。
 ついてきた父直実は小次郎の身を案じ、敵陣に切り込んで負傷した小次郎を救い出した。 平山のむほんを知った岡部六弥太が槍を持ち、駆付けて激しい戦いになった。
 熊谷直実も引き返して岡部に加勢して平山秀重を芋ざしにして投げ捨て、悪人滅んで国も栄え、熊谷が高砂の尉、岡部が高砂の姥に早変わりしてめでたしめでたし です。


からくり人形芝居開始準備が完了
blogDSCN2312.jpg


直実が「小次郎なり」と名乗った後、小次郎は扇を射抜く。
blogDSCN2358.jpg


岩石も飛び越え、桜の木に登り敵陣深くに
blogDSCN2383.jpg


直実は、敵陣深くに入り多勢に無勢で負傷した我子小次郎を救い出す。
blogDSCN2389.jpg


平山のむほんを知った岡部が槍を持ち激しい戦いが始り、直実も引き返し加勢。 平山秀重を芋ざしにして投げ捨て。
blogDSCN2408.jpg


投げ捨てられた平山秀重を大村秀章愛知県知事が拾い受けてむほんを諭したのだろうか?
blogDSCN2410.jpg


悪人滅んで国も栄え、熊谷が高砂の尉、岡部が高砂の姥にはやがわり。
blogDSCN2418.jpg



 知立のからくりは、延享4年(1747)に芝居からくりとしての記録あり、更に天明2年~8年(1781~’88)の記録に、新しい試みがなされ、進歩してきたと思われる記録あり。弘化3年(1846)の記録に、年寄りと称される年配者が考案したものが多いのだそうです。

又、からくり人形は、頭以外は衣装も含め地元民の手で仕立てられ、最大の特徴は浄瑠璃による演出と庶民の手による民俗芸能で、浄瑠璃による演出は全国に2・3あるのみだそうです。

一方、若い後継者を育てる為に、知立市立竜北中学校に山車文楽部があり、保存会が指導を行う等、山車文楽や山車からくりを保存継承すると共に後継者の育成にも取り組んでいます。


 来年は本祭りです。 5台の山車が出て盛大に行われると思います。 是非見に行かれてはいかがでしょうか!


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

愛知県知立市の知立祭り その1,世界遺産の文楽 [ 旅行 東海]

   
 5月3日から5日にかけて知立祭りや名古屋市緑区の有松に行ってきました。

 神奈川県から新幹線で豊橋へ、豊橋から名鉄名古屋本線で知立駅に着いたのが12時近く。
 (5月3日は連休の帰省ラッシュの真っただ中。 出発の10日前に自由席で座る事は無理だろうと考え、指定席を申し込んだところ第4希望でやっと確保できました。)

 ホテルに荷物を預け、知立祭りの中心となる知立神社に。
 知立神社についての記事は右記 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2017-02-18

 神社の境内は屋台も出て大変な人出でした。
blogDSCN2145.jpg


 昨年12月、日本の無形文化遺産として「山・鉾・屋台行事 33件」の内の1つとして、知立祭りで行われている「山車の上で行われる文楽やからくり人形芝居」がユネスコの世界遺産に登録されました。
登録された無形文化遺産について
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E3%83%BB%E9%89%BE%E3%83%BB%E5%B1%8B%E5%8F%B0%E8%A1%8C%E4%BA%8B
知立祭りについて
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E7%AB%8B%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%82%8A


 知立祭りは1年おきに山車の出る「本祭り」の年と花車の出る「間祭り」の年があり、今年(2017年)は間祭りの年ですが、世界遺産に登録された後の最初の祭りであり、山車の上での文楽とからくり人形劇画が特別記念上演となりました。

 本祭りでは5地区全ての地区の山車が出て各々の山車の上で文楽を上演するのだそうですが、今年は間祭りの為西町の山車で各地区の文楽を上演する事になったそうです。

西町の山車が知立神社の南側の広場に準備されていました。
blogDSCN2147.jpg

生まれて初めて見る本物の山車は豪華で立派なものでした。 
blogDSCN2153.jpg


 で、最初の演目は宝町の「傾城阿波の鳴戸(けいせいあわのなると),順礼歌の段」です。
 この演目のあらすじは、
徳島藩のお家騒動で、阿波の十郎兵衛・お弓の夫婦は主君の盗まれた刀を詮議する為、大阪玉造に盗賊銀十郎と名を変え住んでいた。そこへ巡礼姿の娘お鶴が徳島から父母を尋ねて来る。お弓は我が子と分かるが、親子の名乗りをあげては我が子にどんな災いが来るとも限らない。お弓は涙を飲んで別れる。名残惜しげに見送るのだが、ここまでが順礼歌の段。
 尚、この後の十郎兵衛住家の段では、十郎兵衛はお鶴と出会うが、我が娘とは知ず金欲しさに手をかけ殺してしまうという物語です。

 上演が開始されました。
blogDSCN2169.jpg

 お弓がお鶴との別れを惜しむ
blogDSCN2194.jpg


 2番目の演目は山町の「艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ),酒屋の段」です。
あらすじは、
半七は染め物問屋で働いており妻お園もいたが、一方で三勝と付き合っており二人の間には娘お通もいました。 お園は今日も帰ってこない半七の事を考え、半七と結婚した事が間違いであった。自分が身を引いた方がいいのでは と悩みます。
その悩みを独白する部分
「今頃は半七様どこにどうしてござらうぞ。今更返らぬ事ながら、私 といふ者ないならば、舅御様もお通に免じ、子までなしたる三勝殿を、 とくにも呼び入れさしやんしたら、半七様の身持も直り御勘当もある まいに。。。。」のところは、この劇の見せ所になっています。

『○○様はどこにどうしてござろうぞ』のセリフはその後多くの小説・演芸等でも使用される様になりました。

blogDSCN2223.jpg

「今頃は半七様どこにどうしてござらうぞ・・・」っと!
blogDSCN2225.jpg


3番目の演目は中新町の「二人三番叟(ににんさんばそう)」です。

この曲は、「寿式三番叟」という演目の内の一つで、「翁の舞」,「千歳の舞」、その次に「三番叟」が登場します。「二人三番叟」では「翁」「千歳」の舞を省き「三番叟」の所のみを演じるのだそうです。
 この曲は、御祝儀舞で、おめでたい席に踊られます。 特徴ある足拍子で稲穂をもみ出し米をとり、土の中から出る悪霊を大地に踏み鎮める振りをし、稲穂をかたちどった鈴をふり、農作物の豊作を祈願する振りが入っています。

blogDSCN2235.jpg

blogDSCN2246.jpg


 4番目の演目は「伊達娘恋緋鹿子(だてむすめこいのひがのこ),火の見櫓の段」
あらすじは、
近江国高島家の若殿左門之助が禁裏へ献上する天国の剣を紛失し、お守役の安森源次兵衛は切腹、その子吉三郎は寺の小姓となって剣を探すが、火事で焼け出されたお七と恋仲となった。 お七は店の再建の為にお金を借りた万屋武平衛を婿に迎えなければなりませんでした。
剣詮議の期限の日、お七は剣を盗んだのが武兵衛と知ったが、火事の後は九つの鐘(午前0時)を合図に江戸の町々の木戸が締まり通行が禁じられていた。剣が手に入っても今夜中に届ける事ができなければ、吉三郎は切腹する事になります。 思いつめたお七は、火の見櫓の半鐘を打てば出火と思って木戸は開かれるのではと考え、火刑を覚悟で、雪の凍りついた梯子を滑り落ちながらも、櫓に上ったお七は撞木を夢中で振るのでした。

blogDSCN2283.jpg

火の見やぐらに上る
blogDSCN2289.jpg


 4つの文楽は本当に上手で、初めて見る文楽に引き込まれてしまいました!!!
この後西町による「からくり人形劇」でしたが、長くなりますので次回にレポートします。

==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

岡崎宿散策 [ 旅行 東海]

 昨年暮れと1月に東海道五十三次で岡崎宿を歩いたついでに岡崎公園を散策、又、できる限り郷土料理をと探し食べてみました。


 まずは岡崎公園の概況 (下マップは岡崎公園の公式サイトから)
岡崎公園のサイト  http://okazakipark.com/index.htm

m_img03[1].jpg


 「岡崎城下27曲がり」の内、国道1号線の田町角から東に歩き、1号線の歩道橋から岡崎公園の大手門(上マップ①)に向かいました。 ここの1号線には東京日本橋から327.5kmとあった。

blogDSCN1554.jpg


 で、公園に入ってすぐに12時。
鼓や笛の音が聞こえて来て、多くの方が集まってきて一斉に1方向を見ています。
 なぜ? なぜ??? と思い、
blogDSCN1566.jpg


 視線の先を見て見ると、ちょうど12時だった為にやぐらの上の「からくり時計が能の舞」(マップ⑧)を始めたのでした。 グ~~~ドタイミングでした!!!
blogDSCN1568.jpg
blogDSCN1565.jpg


 能の舞を見た後、徳川家康公の銅像(マップ⑩)を見て岡崎城(マップ⑲)の裏側に、
blogDSCN1573.jpg

そしてお城の表側に。 左が岡崎城(マップ⑲)右が龍城神社(マップ⑱)
龍成神社にお参りして、御朱印帳に記帳して頂きました。
blogDSCN1579-1.jpg

 その後東照公の「えな塚」(マップ⑳)を見て更に「東照公産湯の井戸」(マップ⑫)を見てきました。
blogDSCN1594.jpg


 午後1時をはるかに回ってしったので食事をしようと、八丁味噌を使った料理を求めて味噌蔵のある中岡崎駅前に。 駅前には大正庵釜春本店がありましたが20人以上が席待ちで並んでおりパス。
 どうしようかとウロウロしているうちに八丁味噌を製造している「カク久」さんが「軽食をおこなっている」事を何かで見た事を思い出し行ってみました。
「カク久」さんのお店は愛知環状鉄道線のガード下の西側を駅から200m位歩いた所に駐車場と売店があり、売店の奥にレストランがありました。

blogDSCN1599.jpg

一番食べたかった「味噌煮込みうどん」が2月28日迄の季節限定の一品料理でした。
blogDSCN1605.jpg

左の様に料理が運ばれてきて、席でうどんを自分の好みの硬さに煮込みます。
右は、私がしょっちゅう起こす不手際、 だいぶ食べてしまってから「アッ!写真」
何はともあれおいしかった。
blogDSCN1602.jpg blogDSCN1607.jpg


 昨年末には岡崎公園内の「いちかわ」(上マップの⑮)さんで、岡崎地方の郷土料理「菜飯」と八丁味噌を使った「こんにゃくの田楽」を食べました。
菜飯は美味しかったが、田楽はこんにゃくが何となく水っぽかった。
水っぽく感じたのは関東育ちの私だったからかな??? 
blogDSCN1416.jpg

blogDSCN1420.jpg


その他今回は天明2年(1782年)創業の「備前屋」さんの脇を通った事もあり備前屋さんの豆腐のお菓子?「あわ雪豆腐」をお土産に購入し宅配にすると共に個別に購入しホテルで食べてみました。
備前屋さんのホームページ
  https://www.bizenya.co.jp/catalog/awayukitofu.htm

blogDSCN1511.jpg

blogDSCN1515.jpg

下写真は備前屋さんのホームページからお借りしました。
灰色の豆腐はゴマ豆腐に黒蜜、白い方は小豆餡です。 共に上品な味でおいしかった。
多分自由に食べられるとすれば10個位いっちゃうかも!
awayukitofu2[1].jpg



 岡崎市は家康の故郷であり、町の大きさに比べ見所も多く、又、歴史ある食べ物もあり「心豊かにしてくれる街」でした。

==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ, 日本橋から                                     にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

京都 三条大橋迄,                                                  にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

三島の楽寿園 [ 旅行 東海]

 
 一昨日は雪、我が家にも少し積もり、昨日朝畑にいった所雪は自宅の2倍位積もっており、3Cm位の霜柱も立っていました。

blogKC460256.jpg



 所で先日、三島に出張しましたが、昼休みをちょっと長めに取り楽寿園に寄ってきました。

 楽寿園は三島駅前と言ってもいいほどの好位置にある大きな市立公園です。
明治23年小松宮彰仁親王の別邸として造営されたもので、昭和27年に三島市が購入し公園として公開しています。
 詳しくは下記を参照願います。   https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%BD%E5%AF%BF%E5%9C%92


 この時期の花といえば、菊。
 楽寿園も菊祭りをしていました。 しかも紅葉もちょうど良かった様です。

bblogDSCN0942.jpg


園内の色々な所に、色々な菊が工夫を凝らして展示されていました。

blogDSCN0945.jpg

箱庭風や
blogDSCN0946.jpg

盆栽風も
blogDSCN0947.jpg

花の形や色もバライティに富んでいました。
緑の花                     花の雄しべ(?)が変化したものや
blogDSCN0953.jpg blogDSCN0955.jpg

球状のものや                    昔ながら(?)の形や  
blogDSCN0956.jpg blogDSCN0960.jpg

浜松城に飾ったもの等々
blogDSCN0950.jpg



 園内には富士山の伏流水が湧き出す小浜池がありましたが、今は水がなく枯山水の様な状態に。 昭和30年頃から水位が下がりはじめ、今では年間を通しても満水になる事はない様です。

blogDSCN0965.jpg


 とは言え、園内の湿気は十分にある様で、常盤の森では地面や木の根,石等には苔がはっていました。

blogDSCN0968.jpg

==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

豊川稲荷さんにお参り [ 旅行 東海]

 先日、東海道五十三次の二川宿から御油宿手前迄歩き、前回の記事で吉田宿迄をレポートしました。 その途中、小坂井駅から電車で豊川駅に行き宿泊。 翌日、豊川稲荷さんにお参りしました。

 下写真は小坂井駅です。
 この駅は無人の小さな駅で、切符売り場も事務室らしき所もありません。 で、どうすればいいのか分からず写真の後姿の女性に教えていただきました。
それによると、列車の一番後ろのドアーの所に車掌がいるのでそこで切符を買うのが普通(だったと思う)だが、下りる駅で駅員に乗車駅を自己申告して費用を払う方法もあるのだそうです。 私は豊川駅で自己申告で運賃を払いました。

blogDSCN0642.jpg


で、豊川駅を出ると、お稲荷さんの門前町だけに狐のモニュメントがお出迎えです。

blogDSCN0644.jpg


 ホテルは高橋英樹・真麻さんが名誉支配人及びプロデュースする「クラウンヒルズ豊川」です。 この豊川駅付近にはあまりホテルがなく、その中で朝食付き5000円也は安かった。
クラウンヒルズ豊川のホームページ http://breezbay-group.com/hch-toyokawa/

blogDSCN0649.jpg


 で、翌朝早速豊川稲荷さんにお参りです。
 週半ばの早朝の参道はさすがに人ではありませんが、土・日等は混雑するだろうと思わせる雰囲気です。
blogDSCN0650.jpg


 ホテルからゆっくり右のお店、左のお店を見ながら10分弱でお稲荷さんの総門(下地図の④)に到着。   豊川稲荷さんのホームページ http://www.toyokawainari.jp/

blogDSCN0652.jpg


 豊川稲荷さんに入って、その大きさにびっくり! (下地図⑤)

blogDSCN0658.jpg


 そして本殿(下地図⑦)でお参り。
blogDSCN0666.jpg


 御朱印帳に記載して頂き帰ろうとしたところ「狐塚などは回りましたか?」との問いに 「えェ~?」 実は本堂だけでは半分にも満たないお参りだったのです。
で、下の様な地図を頂き奥の方までお参りする事に。
地図中の数字は写真を撮った位置です。

blog名称未設定-3_edited-3.jpg


 で、本堂前まで戻り右に曲がって千本織の並んでいる所(地図⑧)に。
 これだけ旗が並ぶと壮観です。

blogDSCN0674_edited-1.jpg


 霊狐塚(地図⑨・⑩)です。
これだけ狐の石像が並ぶと圧倒されます。
blogDSCN0678_edited-1.jpg

blogDSCN0682.jpg


 帰りは三重の塔(地図⑪)の前を通り、
blogDSCN0690_edited-1.jpg


 立願所(地図⑥)の前を通り総門から外に。
お稲荷さんは私の予想をはるかに上回る大きさで、1時間の見学時間を考えていましたが、ゆっくりと回った事もあり3時間もかかってしまいました。


 で、参道に戻り、続けて東海道を歩くので昼食用に総門のすぐ前のお店で、海苔巻きが入ったごく一般的な「稲荷ずし」を購入しました。 しかし、お稲荷さんの見学に時間がかかった事もあり、稲荷寿司は夕食がわりにホテルで食べる事になってしまいました。

blogDSCN0737.jpg


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(21)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

熱海の海辺で花火見物 [ 旅行 東海]

 8月8日,クラシックカー仲間の招きで熱海の花火を見てきました。

 早めに熱海に着きクラシックカー談義でもと思い家を出ましたが、西湘バイパスに出る海岸通りは平塚で渋滞。 裏道に抜け、大磯港で西湘バイパスに入ろうとした所、台風の影響による高潮で通行止め。  国道1号線に出てから小田原厚木道路で小田原まで、国道135号線を真鶴迄行った所でまた渋滞。 ここでも熱海海岸道路の閉鎖の影響の様で、湯河原パークウエイから十国峠経由で熱海に出ました。

 結果的には渋滞を我慢してノロノロ運転で熱海に出た方が良かったかも。 気短の私は我慢できませんでした。 ただ風が強く快晴だった為、十国峠付近は最高の景色でした。


 やっとの思いで熱海に着き、友人達と昼食後車談義。

 で、夜、海水浴場ともなっている花火会場の海岸へ。
既に多くの人がこられており、今回が最高の人出かも。

blogDSCN0294_edited-1.jpg

 8時20分、花火の打ち上げが始まりました。

blogDSCN0300-2.jpg

 海岸は、海水浴場で防波堤もあり普段は波静かですが、台風の影響で波が打ち寄せていました。

blogDSCN0301-3.jpg

 とは言え波の引いた後は、浜辺に花火が映り華やかでした。
blogDSCN0326-4.jpg

blogDSCN0348-5.jpg

blogDSCN0352-6.jpg

blogDSCN0358-7.jpg

 2・30分の花火大会は間断なく打ち上げられ見ごたえがあり、あっという間に最後の 「空中ナイヤガラ」 の打ち上げを迎えてしまいました。

blogDSCN0365-8.jpg


 熱海の花火大会は年間を通して行われており、下記ホームページの様に8月だけでも更に3回行われる予定です。
花火の打ち上げ時間は2・30分ですが非常に内容は濃く、是非見に行かれてはと思います。
http://www.ataminews.gr.jp/hanabi/


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

nice!(23)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

静岡市役所 本館を見学 [ 旅行 東海]

 
 先日、天竜浜名湖線に乗った後急いで新幹線に乗り静岡市に。
で、友人が、市役所の管財課に電話予約しておいた市役所本館(旧館?)の見学に向かいました。
 (管財課の方によると予約せずに突然来られる方もおられるとの事で、是非電話予約をしてほしいとの事。-----だよねェ~。 管財課は市の施設管理を行う部署で見学対応課ではない様で。)


 静岡市役所の本館は昭和9年に建てられた物ですが、現在も現役で使われています。

 本館の特徴は、上部中央にドーム型の塔があり、昭和9年(1934年)中村與資平の設計によるもので、国の登録有形文化財になっています。 現在は静岡市議会議事堂、市民ホール等に利用されております。

blogDSCN0231.jpg


内部は昭和初期の建物らしく非常に重厚な造りになっています。

blogDSCN0224.jpg


市の方に案内されて大きな階段をあがり、最後は機械室に入り、

blogDSCN0217.jpg


更に上がるとドームの下にでました。
中東のモスクやヨーロッパの教会の様にドーム内面にも絵等があるかと期待しましたが、ちょっと残念。

blogDSCN0218.jpg


 で、このドームの中には地図等の国土の基準となる 「三角点」 がありました。
三角点が建物の中にあるのは珍しいとの事。 ましてやビルの屋上、ドームの中は日本唯一でしょう。

blogDSCN0222.jpg


 この市庁舎には他にも議会室等貴重なものがある様ですが、残念ながら市議会開催中で中に入る事が出来ませんでした。
見学されるのでしたら管財課に電話予約の上行かれる様にお願いします。
親切に案内して下さいます。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ

nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

浜名湖の北側を回る電車、天竜浜名湖線 [ 旅行 東海]

 
 先日、東海道五十三次の内舞阪宿-新居宿間を歩いた翌日、新所原駅から天竜浜名湖線全線を乗ってきました。

 天竜浜名湖線は通称「天浜線」とも言われており、静岡県湖西市の新所原駅と掛川駅の間を浜名湖の北回りで走る電車です。
右が天浜線のホームページ https://www.tenhama.co.jp/about/station/

下の路線図は天浜線のホームページから, クリックすると大きな画像になります。

fig_station_map[1].png


 経歴は、大正2年に施設計画を立案、昭和8年に工事開始、昭和10年 「掛川駅・遠江森駅間が開通」営業を開始。 昭和62年、国鉄 二俣線 から第3セクターの天竜浜名湖鉄道に移行しました。

 運航は全線単線運転で、走る電車は一両編成。 多くの駅が無人駅です。 従って運賃はバスと同じ様に乗車時番号カードを取り、降りる時に一番前の運転手横の運賃箱に料金を入れます。

blogDSCN0170_edited-1.jpgblogDSC_0209.jpg



 JR東海道本線で新所原駅に行き、北口側の天竜浜名湖鉄道の駅舎から改札し、乗車します。
 電車は通勤時間帯は1時間に2本ですが、他の時間はほぼ1時間に1本。 運賃は、掛川迄の全線乗車で1450円で、全線乗り降り自由の1日乗車券 1700円もあります。

blogDSCN0095.jpg

 新所原駅には浜名湖名物のうなぎを扱う食堂 「やまよし」 も同居しており、駅中の食堂で食べる事も弁当としてテイクアウトする事も出来ます。
(尚、新所原駅工事の為、「やまよし」は平成28年9月20日~11月20日迄休業との事。)

blogDSCN0099.jpg

 で、ホームに出て乗車,出発です。 写真左側(南側)がJR線

blogDSCN0102.jpg


 電車は単線運転で、結構揺れる。 で、10分も走ると森林の中や田園風景の中を走ります。 が、私の予想に反し多くの時間、住宅街の中も走っていました。

blogDSCN0106知波田・尾奈間.jpg 


 約40分で気賀駅に到着しました。
 次の電車迄の1時間 「気賀の関所」 を見学します。
 気賀は「旧東海道,姫街道の関所」として有名で、昭和27年から続いている 「姫様道中」 は4月の第一土曜・日曜に行われます。 ( 「気賀の関所」 は近い内に記事にする予定です。) 

昨年の「姫様道中」の案内ページ http://okuhamanako-shokokai.com/himesama.html

blogDSCN0145.jpg


 気賀駅は 「国登録の有形文化財」で、下左の写真が石碑ならぬ枕木碑。
 改札口は私が小さい頃に見た木枠の改札。 木枠の中に切符切りの駅員さんが立ち切符を切るハサミをカチカチさせていた事を思い出しました。
昔ながらの待合室やホームも残されており、ここにも中華屋さん 「貴長」 が駅に同居しています。

blogDSCN0137.jpg blogDSCN0140.jpg

blogDSCN0142.jpg

blogDSCN0139.jpg


 約1時間かけて気賀駅と関所を見学し、次の掛川行の電車に乗り約5分で 「金指駅」 に到着。
ここで、上り電車と下り電車がすれ違う為に約9分の停車をします。
乗り降り自由の1日フリー切符を活用し、 数分間駅の外に出て国登録の駅舎を撮影。

blogDSCN0173.jpg

金指駅には昔使われた蒸気機関車の給水塔も残っています。
blogDSCN0174.jpg


 短時間の 「金指駅見学」 をした後、再びコトコトゆられながら走る事6駅、約30分で西鹿島駅に到着します。 ここは浜松からの赤電と言われる 「遠州鉄道鉄道線」 の終点でもあります。

 で、西鹿島駅を出ると直ぐに天竜川を渡ります。

blogDSCN0183.jpg


 天竜川を渡ると国登録有形文化財の 「天竜二俣駅」 に到着します。

blogDSCN0186.jpg

 ここでも上下線の電車のすれ違いの為、10分間停車。急いで駅の外に出て外観などをパチリ。
この駅も食堂が同居しており、ここはラーメンのホームラン軒(なんとなく聞いた様な名前)です。

駅舎外観
blogDSCN0192.jpg

結構広い待合室
blogDSCN0195.jpg

 で、今回見る事は出来ませんでしたが、駅舎から少し掛川よりの所に扇形の車庫と転車台(機関車を回して方向変換する機械)があります。
下記が転車台の見学ツアーのページで、情報が古い様で興味あったら電話で確認確認して下さい。
     https://www.tenhama.co.jp/events/5018/

転車台は下写真の緑矢印の所
blogDSCN0201.jpg 


 次に上下線の電車のすれ違いは 「遠州森駅」 で、 7分の停車で、急いで駅の外観撮影。
この駅も国の登録有形文化財です。

blogDSCN0202.jpg

 「遠州森」と言うと昔の誰かを思い浮かべませんかね?
 で、ホームへの通路からその案内看板はないか探しました。
blogDSCN0208.jpg


 上写真の右端茶色い矢印先の所に下写真の看板(?)の様な物が。
 そうです。 清水次郎長一家の「遠州森の石松」 の出身地とも言われ、この駅から歩いて50分の所の「大洞院」と言うお寺にお墓があります。 石松のお墓はギャンブルにご利益があるとの事でギャンブル好きに削り取られ今の墓石は3代目だそうで、鉄柵に覆われています。
森の石松とその御墓についてのページ http://www.ryokoukankou.info/morinoisimatu/

blogDSCN0207.jpg


 で、遠州森駅から9駅約25分で掛川駅に到着です。

blogDSCN0209.jpg


 単線運転の一両編成のの電車は約2時間20分と気賀駅での1時間の関所見学は本当に楽しい旅でした。 
 

 とは言え、私達はまだまだ旅行と言うか見学ツアーは終わらないのです。
こう御期待 と言いたい所ですが、私の旅行記は講読数が増えません。 無理をしてでもブログランキングのクリックをお願いします。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(25)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車
前の15件 | -  旅行 東海 ブログトップ