So-net無料ブログ作成
検索選択
 旅行 神奈川県 ブログトップ

横浜港のランチクルーズ [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、昔の職場仲間を中心としたメンバーと泊りがけで囲碁をしてきました。
 で、勝敗はともかく勝負で戦闘モードになっている感情を鎮めようと、囲碁終了後は横浜山下公園からのランチクルーズ船に乗り、食事をしながら海側から自分達が働いた職場はあの辺だ、昔はこんなのなかったとか、和気あいあいの1時間半を過ごしてきました。

 囲碁の会場から電車で石川町駅に行き、元町を散策しながら、
(クラシックカーの好きな私はついつい変わった車に目が行き、  日産のパオです。)

blogDSCN0975.jpg


山下公園通りを通って、マリンタワーを見ながら、
bblogDSCN0978.jpg


山下公園内の氷川丸の係留されている脇の船着き場に。
今回は一番手前の船、マリンルージュです。
ランチクルーズ会社のホームページは下記
http://www.yokohama-cruising.jp/index.php?act=cruise&do=course_select&ship_id=001

blogDSCN0983.jpg


ランチですから12時ちょうどに出航。
blogDSCN1003.jpg



出航してすぐにスープが運ばれてきて、ランチの始まりです。
blogDSCN1002.jpg


スープを飲み終わり、みなとみらい地区を見ながら船は進みます。
blogDSCN1005.jpg


 で景色や食事は、何時もの様に、残念な事に、やっぱり私は写真を撮るより、はるかに食い気が勝っていました。
 と言う事で、上の船会社さんのホームページからの写真をお借りして。
 よくカタログ写真は綺麗で実際行ってみると「えェ~~!」と言う事がありますが、この船はそんな事は無く本当に綺麗で、食事も船会社さんの写真そのものでした。

14[1].jpg 5[1].jpg


で、食事も終わり、船のデッキで横浜港の景色を眺め、
ベイブリッジの脇を通って帰港です。
blogDSCN1017.jpg


 リタイヤした今思うと、現役の頃はただがむしゃらに働いていた様な?!
 こんな素晴らしい風景の横浜近くに住んでいながら、そしてこの港近くで働いていながら、その素晴らしさを感じずにいた私は随分もったいない時間を過ごしてしまった様な気がします。

 ランチクルーズ以外にもシーバス等手軽な船もありますので、是非一度海側から横浜市内を眺めて頂きたいと思います。


==========================================================================

何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

小田原城でお花見 [ 旅行 神奈川県]

 
 4月3日の日曜日小田原城で、骨董市を見て、おでんサミットを見て、買って、食べて、お花見もして。 欲張りな一日でした。 ただ、小田原城のさくらはまだ少し早かった。

 早朝小田原ついて、「学橋」 から会場の 「二の丸広場」 に。 早朝の為骨董店やおでんのお店は準備中でした。 

blogDSCN9318.jpg
blogDSCN9323.jpg 



 この時期の小田原城は行事が目白押しで、桜の咲いている内にと思っていた所、一番混む日曜日、しかも駐車場確保の為雨の早朝になってしまいました。

小田原城天守閣
blogDSCN9336.jpg



 小田原城は、
 平安時代末期には相模国の土肥一族の小早川遠平の居館だった。
 1416年、関東地方で起きた上杉禅秀の乱で禅秀方についた土肥氏が失脚し、駿河国に根拠をおいていた大森氏が奪い取り相模国・伊豆国方面まで勢力を広げた。

 1495年頃、伊豆国を支配していた伊勢平氏流伊勢盛時(北条早雲)が大森藤頼から奪い取ったとされている。 実際の奪取は1501年と考えられ、早雲の息子の伊勢氏綱(後の北条氏綱)が小田原城を拠点としたのは1518,19年とみられている。
 以来北条氏は、5代にわたり小田原城を居城とし、南関東における政治的中心地となり、1560年代3代当主北条氏康の時代には上杉謙信や武田信玄の攻撃にも耐えた。

 小田原城は、北条氏の時代に2回大きな改築を行っている。
 最初は南海トラフ巨大地震の1つと言われている明応地震(1498年)の直後で、地震の被害と大森氏との戦いで傷んだ部分を改築。 2度目は、1566年から1569年頃で、上杉や武田の侵攻に備えた物と言われている。  又、豊臣秀吉軍に対抗する為、城の外郭は小田原の町全体を土塁と空掘りで囲んだ総構えとし、後の大阪城をもしのぐものだった様です。

 1590年、秀吉は数十万の大軍で小田原を攻撃。 北条は3ヶ月の篭城戦の末城を明け渡した。
 戦の後、北条氏の領土は家康配下の大久保忠世が小田原城に入り、17世紀の一時時期を除き明治迄大久保氏が藩主を務めた。 尚、大久保氏が入城後、城の規模縮小をおこなっている。
又、城を開け渡した北条氏は、河内国狭山1万余石を治める外様大名として明治にいたっている。

小田原城自体は明治に入り大半が取り壊された。

昭和に入り石垣の積み直しや小田原城址公園として天守の外観復元等がなされ、その後にも数多くの改修復元が行われ、今も天守の木造化等が進められている。



現在の小田原城址公園の主要部分の配置図
(写真をクリックすると大きく表示します。)
blogDSCN9328.jpg


で、配置図の 「正面入口」 の 「馬出門」 から入り、
blogDSCN9364.jpg


銅門(あかもん)に向かい、
(銅門は二の丸の表門で、当時銅を使っていた事から「あかもん」と言われ、当時の工法で平成9年復元。)
blogDSCN9355.jpg

銅門の内部が特別公開中だった。 木造の内部は真新しく綺麗でした。
blogDSCN9353.jpg 


銅門の広場から階段を上がって常盤木門に向います。
blogDSCN9329.jpg


常盤木門を通って、
blogDSCN9331.jpg


 天守閣のある広場に出て。 本来天守閣を見学できるのですが、改修工事の為5月6日迄は入る事が出来ません。 その代わり汚れのない真っ白な天守閣を見る事が出来ました。

blogDSCN9338.jpg


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

神奈川県南足柄市の 大雄山 最乗寺 [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、南足柄市の大雄山 最乗寺に行ってきました。

 まず、南足柄市と言う地名その物がなじみのうすい所かもと思いますが、ここは「足柄山の金太郎」の地です。

 又、随分前に私が一番小さな日本刀の製作体験をした所でもあります。
   http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2008-11-16


 随分前の事まで持ち出し前置きしましたが、10時頃に車で小田原から約30分で最乗寺に到着。

 駐車場から、最乗寺の裏側だろうと思える所を入って行くと 「最乗寺」 本殿前の広場に出ました。

blogDSCN9057.jpg


 大雄山最乗寺は、若い頃は何回か来ましたが、最近はウン十年御無沙汰でした。 そんな事から道了尊と大きな下駄がある位しか覚えていませんでした。


 で、今回簡単に復習してみた。
 大雄山最乗寺は福井の永平寺、横浜市鶴見区の総持寺に次ぐ格式の曹洞宗のお寺です。
 大雄山最乗寺は、南北朝時代の曹洞宗の曹であった通幻寂霊(つうげん じゃくれい,1322-1391年)の門下の了庵彗明によって1401年開山され、東国の通幻派の拠点となった。 通幻門下は各地で公共事業を行い民心をつかんだ。
 創建に貢献した道了と言う僧が寺の完成と同時に天狗となり身を山中に隠したと伝えられる事から道了尊とも呼ばれており、私はこの名前を覚えていたと言う事の様です。
 大雄山 最乗寺のホームページは右記   http://www.daiyuuzan.or.jp/index.html


 本堂前の広場から更に奥の開山堂前を通って、
(開山堂は昭和36年に再建され、歴代住持霊牌を祀っている。)
blogDSCN9062.jpg

 
 更に奥に向って歩くと 御供橋(ごくうばし)と結界門(けっかいもん)
当日は明け方までの雨と急な気温上昇で霞がかって幻想的でした。
blogDSCN9068.jpg


 そして奥の院に向って天狗に見守られながら(見張られながら・・かも)階段を上がって行くます。
この階段は350段だそうで、天狗の前を過ぎると途中に踊り場が無くすごくきつかった。
blogDSCN9076.jpg


 奥の院でお参りをして来ました。
blogDSCN9079.jpg



 奥の院から降りて、大きな高下駄等沢山の下駄を見ながら、大雄山の守護妙覚道了大薩をお参りしました。
ここが私が勝手に言う 「高下駄が一杯の天狗のお山 道了尊」 です。

blogDSCN9084.jpg



 で、大雄山から約30分、小田原でゆっくり食事会をして帰宅の途に。



 何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

世界を驚愕させた横浜の眞葛焼, その変遷 [ 旅行 神奈川県]

 先日の日曜日、友人を誘って横浜の 「眞葛ミュージアム」 に行ってきました。

 「眞葛焼」 は、京都の陶磁器の焼きもの屋さん出身の 「宮川香山(1842~1916)」 が、明治4年 横浜の太田村(現在の横浜市南区庚台(かのえだい))に窯を設け、主に輸出用の陶磁器製作を始めました。

 香山の確かな技術で製作された眞葛焼が初めて海外の万博に登場したのは、1876年(明治9年)フィラデルフィア万国博覧会で、花瓶や香炉が展示され好評を博し装飾部門で銅碑を受賞しました。
 その後、世界各地の博覧会で次々と賞を受け、ヨーロッパのジャポニズムの一翼を担いました。
 更に香山は時代を読み取り、また新しい物への挑戦によりその作品は大きく変化しました。 結果ロイヤル・コペンハーゲンやエミール・ガレ等に少なからず影響を与えた。


重要文化財となった初代宮川香山の横浜眞葛焼、そして初代香山自身は明治29年帝室技芸員に!

左は前期の立体的彫刻を施した例                右は後期の釉下彩の例
東京国立博物館所蔵,近代工芸初の重要文化財       東京国立博物館所蔵,重要文化財
 褐釉蟹貼付台付鉢 (明治14年頃)                黄釉銹(錆)絵梅樹文(紋)大瓶
眞葛焼変遷 初期-0.jpg 眞葛焼変遷 後期-0.jpg




 初代宮川香山の横浜 眞葛焼の変遷

 宮川香山は、父 長造が運営する京都の焼き物の家に生れ、幼少の頃から骨董が好きで絵画や中国の焼き物等を学び、19歳の時に父と兄が亡くなり家業を継いだ。 で、


明治4年~8年頃の作

 明治4年に横浜の太田村(現在の京急南太田駅近く)に窯を設け、焼き物を初めたが、当初は販売業者の求めに応じ金彩で描く模様の陶磁器を作っていた。

磁製陰陽花瓶 一対
 (アメリカ カリフォルニア州で発見,今回眞葛焼ミュージアムでは見る事が出来なかった。)
眞葛焼変遷 初期-1.jpg



明治9年 ~ 14年頃

 身近な動物や植物を精緻な細工で表現する手法を考案した。 この立体的彫刻的な手法が明治14年頃迄、香山の初期眞葛焼の特徴となる。
 最初に記した様に、1876年(明治9年)フィラデルフィア万国博覧会で好評を博し装飾部門で銅碑を受賞。 これを契機に眞葛焼は人気が高まり、その多くが海外に輸出された。

葡萄鼠細工花瓶
 (立体的で鼠が今にも動き出しそう。 眞葛ミュージアムで 一対を見る事が出来た。)
眞葛焼変遷 初期-2.jpg 眞葛焼変遷 初期-2-1.jpg

花ニ鳥細工楽園花瓶
 (花が細かく立体的に貼り付けられ、私は何故か平成3年スペインで見たリヤドロの焼き物を思い出した。 眞葛焼は1881年頃,リヤドロは1955年創業で、眞葛焼の方がはるかに先輩だった。 本品は眞葛ミュージアムで見る事が出来た。)
眞葛焼変遷 初期-4.jpg 眞葛焼変遷 初期-4-1.jpg

下写真は眞葛ミュージアムで私が撮った写真です。
左は水辺ニ鳥細工花瓶      右写真の内、左は竹ニ蛙大花瓶,一番右は蛙ガ囃子細工花瓶
眞葛焼変遷 初期-6.jpg 眞葛焼変遷 初期-7.jpg



明治15年~20年頃

 二代目香山は後に 「外国人が、彫刻的な濃厚な作風に飽き、日本本来の清楚な物を好む様になってきた」 と語っており、初代香山は彫刻的な作風に達成感を感じて、中国清朝の磁器を研究し新しい釉薬や釉法を研究していました。

左は竜細工花瓶             右は磁質黄地透梅図鉢で、最初の重要文化財の
                        釉銹(錆)絵梅樹文(紋)大瓶につながったのでは?
眞葛焼変遷 中期-1.jpg 眞葛焼変遷 中期-2.jpg


明治20年頃~

 初代香山は、上記の研究の成果として様々な色彩の釉薬を開発し、陶器から磁器中心の製作へとうつり、「釉下彩」と言う技法を用いた作品へと大きな変容を遂げた。
 釉下彩の技法とは、釉薬の下つまり胎土(素焼き等をした陶磁器)に顔料で下絵を描き、その上から透明の釉薬をかけ焼き上げる方法です。
香山はこの技法により、透き通るような透明感のある淡い色の素晴しい作品を多数世に送り出した。

磁製緑釉菖蒲画花瓶          磁製緑釉蓮画花瓶        磁製緑釉飛竜大花瓶   
眞葛焼変遷 後期-1.jpg 眞葛焼変遷 後期-4.jpg 眞葛焼変遷 後期-6.jpg


磁製赤地桜紋小花瓶       青華菖蒲画花瓶
眞葛焼変遷 後期-3.jpg  眞葛焼変遷-1.jpg



 前回のブログでも触れた様に、眞葛窯では代々「野々村仁清(1647年頃)」や「尾形乾山(1699年頃)」の写しを作りその技法や製作の精神をも習得しようとしてきた。 初代宮川香山の父「眞葛長造」は仁清の写しを習得、京焼きの名工と言われていた。
 初代宮川香山もまた国内向けに「仁清・乾山の写し」を生涯製作し続けた。
写しとは、今で言うイミテーションや単に形を真似るのではなく、先人に学ぶとの考えで、その物を製作する過程で製作の技法や精神をも習得し、そこに独自の解釈や魅力をも加えつつ製作する物です。

以下は私が 眞葛ミュージアムで撮った 「仁清の写し」 の写真です。

仁清意双鳥香炉             仁清意布袋香合         仁清写鶏香合
仁清・乾山写し DSCN7955.jpg仁清・乾山写し DSCN7995.jpg仁清・乾山写し DSCN7997.jpg




 初代宮川香山が築いた横浜の 「眞葛焼」 の技術や精神等の伝統は2代目へ、そして3代目に受け継がれました。
 しかし、昭和20年5月29日、太平洋戦争による横浜大空襲の業火で3代目香山とその家族、従業員の命を奪い、眞葛焼きは幕を閉じました。


 今回はずらずらと多くの写真を添付いたしましたが、
 その変化の状況は下記のミュージアムで実物を見る事が出来ます。 

 眞葛ミュージアムのホームページ http://kozan-makuzu.com/
   眞葛焼ミュージアムは土・日曜日のみの開館。
   年末年始は休みがありますので上記ホームページで確認するか電話で確認を要す。
又、12月20・21日には眞葛焼ツアーがあるそうで、その詳細がミュージアム館長のブログに書かれています。
 眞葛ミュージアム館長のブログ   http://kozan.blog.so-net.ne.jp/
   12月20・21日の眞葛焼ツアー募集の詳細が書かれています。

12月13日現在、12月30・21日の「眞葛焼ツアー」は定員に達し申込み受付を終了しています。


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ



nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

絶対お勧め、 横浜の 「眞葛焼ミュージアム」 [ 旅行 神奈川県]

   
 先日の日曜日、友人を誘って横浜の 「眞葛焼ミュージアム」 に行ってきました。

 「眞葛焼」 と言うのは、京都の陶磁器の焼きもの屋さん出身の 「宮川香山(天保13年(1842)~大正5年(1916))」 が、明治4年 横浜の大田村(現在の横浜市南区庚台(かのえだい))に窯を設け、主に輸出用の陶磁器製作を始めました。 これが横浜の 「眞葛焼」 の始まりです。


 横浜は「焼き物」を作ると言う伝統になく、材料の土や釉薬(ゆうやく)の入手には相当の苦労があった様で、関東一円を歩き伊豆天城の梨本と神奈川の秦野で陶土に適した土を発見。 
 香山の確かな技術で製作された焼き物は、世界各地の博覧会で次々と賞を受ける等好評を博し、各博覧会出品時は価格のいかんにかかわらず売り切れ続出だったそうです。


 又、眞葛焼ミュージアム開設に当っては、アメリカやヨーロッパで好評をはくしたとはいえ、香山の作品は 「輸出用」 だった為国内には資料も作品も少なく、ミュージアムの館長もまた、2010年10月10日の開館までには相当の苦労もあった様です。

 眞葛ミュージアムのホームページ http://kozan-makuzu.com/
   眞葛焼ミュージアムは土・日曜日のみの開館。
   年末年始は休みがありますので上記ホームページで確認するか電話で確認を要す。
 眞葛ミュージアム館長のブログ   http://kozan.blog.so-net.ne.jp/
   12月20・21日の眞葛焼ツアー募集の詳細が書かれています。



 で、私は朝早めに家を出て、横浜駅から横浜ベイクオーター迄歩き、小さなカフェでモーニングサービスを頂き、開発が進み日々変化していく横浜駅の海側を見ながら、

下地図のヨコハマポートサイド ロア参番館の 「眞葛ミュージアム」 を目指しました。





 到着です。 当日はガードマンが立っていましたが、普通の商店の様で見逃してしまいそう。

blogDSCN8024.jpg


 で、 横浜ヒストリックカーディに参加した時に頂いた入館チケットで中に入ると、右側に 「宮川香山の主な作品とその変遷」 を4点の作品と説明板で説明されていました。

blogDSCN7935.jpg


 更に進むと左側には 「仁清・乾山写し」 と言う小物が展示されていた。
この写しと言うのは、眞葛窯に代々引き継がれた 「先人に学ぶ手法」 の1つで、単に野々村仁清(1647年頃)や尾形乾山(1699年頃)の形を真似るのではなく、その精神までをも習得しようとの目的です。

blogDSCN7993.jpg


 そしてメインの展示室に入ると目を見張る 立体的,写実的な大型の作品群が中央に展示されており、圧倒されました。  展示方法も真っ暗な中に作品が輝き浮かぶ様な素晴しい物でした。

blogDSCN7946.jpg


 で、右の壁側には横浜 眞葛焼の比較的初期の物が、そして奥には写実的な作品の最盛期の物が展示されていました。 
壁面の展示には裏面も見える様にと鏡が設置されており、壁際でも裏側が鏡越しに見える様になっていました。  だだ、素人写真では表裏が映ってしまい、結果煩雑に映り上手く撮れませんでした。 素人写真では無理かも。
blogDSCN7949.jpg

blogDSCN7959.jpg



 そして更に左の壁面と入口の壁面には、香山の後期作品と言える清楚で透明感のある作品が展示されていました。

blogDSCN7958.jpg

blogDSCN7950.jpg



 宮川香山の作品は明治4年頃から15年の ”写実的で彫刻的な技法” による作品と、それ以降の ”清楚で淡白な透明感” のある作品に分れます。
 この前期と後期の作品が全く異なっており、本当に1人の人の作品だろうかと疑いたくなる程の大きな変化です。


 海外に輸出するにあったては、強いインパクトを持って打って出る必要があり、宮川香山の繊細な技を持って大胆に立体的で彫刻的な技法の下写真の様な作品は有効だったのでしょう。


 写実的,彫刻的な1例で、写真の様に鷹は羽毛一枚一枚彫り込まれており、鷹足元には捕まえた雀が、 そして熊の親子も彫り込まれています。
blogDSCN7976.jpg

blogDSCN7977.jpg blogDSCN7978.jpg


 とは言え、私はどちらかと言うと後期の作品群の方が好みで、下写真の花瓶などは 「尾形光琳の橘」 を想像しましたが、本当に清楚で何より写真では充分に伝わらないと思いますが、透明感が素晴しく、この展示ブースを見いってしまいました。

blogDSCN7982.jpg


 で、眞葛ミュージアムを出る時に下写真の素晴しい写真集を入手致しました。
 ミュージアムでは素人の私には上手く写真が撮れませんでしたので、次回は下の写真集から主に 「横浜の眞葛焼変遷」を紹介したいと思います。
( 素人の私が考える変遷ですので公正さを欠き、私好みになってしまうだろうけど。)

blogDSCN8027.jpg blogDSCN8028.jpg


 私としては絶対お勧めのミュージアムです。
 横浜 、いや 神奈川県にお住まいの方は 「地元の名品」 として是非見て頂きたいと思います。




何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ





nice!(24)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

神奈川県平塚市の七夕 [ 旅行 神奈川県]

 
 7月4日、何十年振りかで平塚の七夕を見に行ってきました。

 小雨の降る中、ともかくすごい人出でした。

 駅を出て、人の流れに沿って歩き、プラザロードに出た所で右折し、湘南スターモールを駅に向かってゆっくりと見学させて頂きました。

blogDSCN6501.jpg

blogDSCN6510.jpg

blogDSCN6522.jpg

blogDSCN6525.jpg


 途中、 ”焼きとうもろこし” を 食べたり、 ”焼きイカ” を食べたり。

 久しぶりに人ごみを味わいました。

 で、夜は平塚に縁のある方々との会食を楽しみました。


 所で、私のジャガー Eタイプのボディの下塗りはこの平塚で行いました。 もう9年も前の事です。
現代の塗装ラインで塗装しましたので、未だボディの錆は全くありません。


bloggPA090507.jpg

bloggPA090510.jpg

blogDSCN4617.jpg


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(28)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

横浜みなとみらいホールのパイプオルガン と ナイトクルーズ [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、と言ってもパソコンの故障でブロを書くのが遅れ、先日とは言えない状況になってしまいましたが、5月27日パイプオルガンを聞いてきました。

 横浜のみなとみらいホールの大ホールにはパイプオルガンが設置されており、ほぼ毎月パイプオルガンの 「1ドルコンサート」 を行っています。

 で、今回昔の職場の囲碁好きが集まり、横浜で泊りがけの囲碁大会を行いました。 私も参加しましたが、昼間は時間がありましたのでパイプオルガンのコンサート を聞きに行ってきました。


 コンサートは11時30分開場,演奏は12時10分~12時50分迄。
で、みなとみらいホールの会場前に11時15分位に着きましたが既に数10人並んでおり、わたしも列に加わり、開場直前には長蛇の列。
会場への入場は、入口に箱が置いてあり、会の名前の通り1ドルか100円を入れて入ります。 
(ほとんどが日本人だったので 1ドルを入れた人がいたのかなァ~~~ なんて思ったりして。)


 40分の演奏でしたが、パイプオルガンの迫力ある演奏に圧倒され、あっという間の40分でした。
 「エェー もう終わり」 と何度も時計を見直してしまいました。

 会場のパイプオルガン
blogDSCN6146.jpg 

 開場直後の観客席  写真では客席はまばらな様ですが2020席もの大きなホールで、演奏開始直前には客席の約半分がうまっていました。
音は中央部が良いという話もありますが今回は演奏しているところを見たく、左前2階席としました。
blogDSCN6150.jpg

 尚、演奏中は録音や写真撮影禁止です。
又、6月の 「パイプオルガン 1ドルコンサート」は24日です。
横浜みなとみらいホールのホームページは下記。 ヘッドラインメニューにコンサートカレンダーが入っています。
http://www.yaf.or.jp/mmh/index.php
2015年度 オルガン・1ドルコンサート年間ラインナップは下記ページです。http://www.yaf.or.jp/mmh/recommend/2015/04/2015-1.php


 で、あっという間のコンサートは終わり、囲碁大会会場へと急いで行きました。
そして、囲碁大会に参加。


 その後数時間囲碁を行い、休息を兼ねて数人で囲碁会場を抜け出し、既に予約しておいた 「横浜港のナイトクルーズ」 に行って来ました。
クルーズはディナー90分コースで、午後6時30分に出港。
夕暮れの横浜港を海側から見ながらのワインと食事は本当に楽しいものでした。

明るい内に出港
blogDSCN6169_edited-1.jpg


船を下りた時には真暗で船はライトアップされていました。
blogDSCN6174.jpg


下記は横浜港クルーズのページ
https://www.yokohama-cruising.jp/


 横浜港で、パイプ゚オルガン、そして港クルーズ、更には囲碁をと忙しくも楽しい時間を満喫した1泊2日間でした!!!



何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ


車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


「旅 ; 街道・古道」 のランキングへ                                   にほんブログ村 旅行ブログ 街道・古道へ




nice!(25)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

28年前の職場のOB会 [ 旅行 神奈川県]

 
 12月16日の日曜日に神奈川県湯河原で行われた昔の職場のOB会に参加して来ました。
 この職場は40数年前から約15年もの長い間在籍した職場で、毎年2月にOB会を行っています。


 何時もならこの会の前か後に小旅行をするのですが、今回は前日迄の大雪で日曜の午後になっても自宅から表通り迄の100m弱が30cm弱の積雪。 車が出られず小旅行は中止となってしまいました。

 しかも、OB会は日・月曜の計画だったので当然の事ながら月曜は会社を休むつもりでしたが、14日の金曜日会社に行ってみると、職場仲間が 「新規取引先のお客さんが月曜午後1番でお見えになります。 お相手をお願いします。」 との事。 
 「えェ~ オレ休み!」 と言いながらも、週1・2回の出勤で好き勝手に出勤日を選んでいる私としては ”天罰” と思いながらお客様の対応をする事に!



 と言う事で、今回のOB会は日曜の午後自宅を出て、電車でホテルに直行。

 電車はかなり混んでいて湯河原迄立ち席でしたが、思いがけずと言うか初めて 白みがかったライトブルーから沖に行くにしたがってサファイヤブルーに変化していく相模湾を見る事が出来、思わず 「メキシコのカンクーンがこんなだった!」 っと思いだす程綺麗な海でした。

blogDSCN3137.jpg
 すいません。ピンボケ写真で!
 「だって混雑する電車の中から立って撮ったんだし、旅行らしい写真はこれ1枚だけだもん!」



 で、早めに会場のホテルに到着。
blogDSCN3139.jpg


 懐かしい仲間と1年ぶりの再会。
 車座になってこの1年の近況報告。
 話題の多くは 「健康管理と病気そして趣味」 の話でした。

 そして夕食
blogDSCN3146.jpg


 夕食後は、何時もの様に親しい友人と囲碁を。 前々回までは3人で勝ち抜き戦でしたが、一昨年1人の大先輩が事故で亡くなってしまい、彼を思い出しながらの対局となりました。
1戦目は負けてしまいましたが、何とか2戦目に勝利。 今回は1勝1敗で、来年に持ち越しかな?



 で、翌日は朝一番で朝食を済ませ、帰宅し、午前中に会社への出勤となりました。

 お客様の応対???
 まァ~ まァ~ でしょう。


何時もつたないブログをお読み頂きありがとうございます。
下記はブログランキングのアイコンです。 是非クリックし応援をお願いします。 

名車・クラシックカーのランキングへ                               にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ

車のレストアのランキングへ                                   にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ


nice!(22)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車

鎌倉ミニ散策と昔の職場のOB会 [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、鎌倉で行われた はるか昔の職場のOB会に参加した後、長谷寺に寄ってみました。

 長谷寺は奈良時代の創建と言われていますが、正確な時期は解明されていません。
 721年に楠の大木で2体の十一面観音像を作り、一体は奈良の長谷寺の本尊としてまつられ、もう一体は海に流したところ15年後に三浦半島に流れ着き、鎌倉に安置したのが鎌倉の長谷寺と言われているとの事。


山門
blogDSCN2251.jpg

水かけ地蔵
blogDSCN2261.jpg

本堂  中には巨大な観音像(9.18m)が祭られています。
blogDSCN2263.jpg

鐘楼と大きな槇の木
blogDSCN2266.jpg

弁天窟 洞窟内には蚕養童子や船車童子,金財童子等十六童子が彫られており、機会があればもう一度ゆっくり見てみたい所です。
blogDSCN2268.jpg 
 


 で、OB会はと言うと、私が社会人となった最初の職場で、約40年前迄在籍した職場のOB会。
 40年前頃は会社の発展期だった事もあり、参加者全員が最初の職場に定年まで在籍した方はおらず、見事に四方八方に散らばっておりました。

 そんな事もあり、1回目の昨年はほぼ全員がお互いに数十年ぶりの再会で、夜中どころか翌日までと言った方が良い程話しこんでしまいました。
今回は昨年に続いて2回目であり、2人が初参加となったとは言えかなり落ち着いた感がありました。

 又、参加者のほとんどが先輩。 本当に皆さん元気で 「年を取られているので出来る限り近場でゆっくりと」 等と考えていた私が間違っていた様です。


にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
何時も応援有難うございます。 ここをクリックし、引き続き応援をお願いします。 

にほんブログ村 車ブログ 車 レストアへ
E タイプはレストア完了。 しかしまだまだ改良をしますので、ここをクリックし、引き続き応援をお願いします。

nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

江ノ電に乗ってきました [ 旅行 神奈川県]

 
 神奈川県に住んで50年近く。 初めて江ノ電に乗ってきました。

 ローカル鉄道ファンから見ると 「せっかく神奈川に住んでいてもったいない」 となるのかも。


 江ノ電こと江ノ島電鉄株式会社の路線は、JR鎌倉駅から江ノ島を通りJR藤沢駅迄の区間を走っているローカル鉄道です。




 前日、囲碁仲間と鎌倉市にある某社の保養荘に早めにチェックインし、早速囲碁を開始し、夕食で一時中断した物の一晩中囲碁を楽しみました。


 保養荘の中庭
blogP7111438.jpg

部屋は3人部屋の洋室
blogP7111439.jpg


 今回は囲碁をするだけで終わりの予定でしたが、せっかく来たのだからと江ノ電の由比ヶ浜と江ノ島間往復の短いローカル電車の旅を実現。

blogP7121452.jpg

blogP7121460.jpg


 江ノ島では駅近くの日蓮聖人の 「龍口寺」 を見学。
龍口寺の見所はうっそうとした緑に囲まれた五重塔と山門や本堂・五重塔に彫込まれた彫刻と思います。
龍口寺のホームページ  
http://ryukoji.jp/02histry.html

blogP7121474.jpg

blogP7121477.jpg

blogP7121485.jpg


にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
  ブログランキングです。 引き続き応援をお願いします。 

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

三浦半島再発見  船上の市道もありました。 [ 旅行 神奈川県]

 
 先日、約40年前位から15年間位いっしょに働いた仲間達とのOB会に参加してきました。 参加者の中には80歳近い方もおり体力的な負担も考え、今回は近場の三浦半島で一泊となりました。


 三浦半島は 逗子,葉山,油壺そしてマグロの三崎港や城ケ島等西海岸ルートが観光の表通りと言えるでしょう。 で、OB会を機に三浦半島の裏通りとも言える東海岸側を回って来ましました。



 横須賀に住む友人の案内で浦賀港に。

 ここには浦賀港を横切る市道がありました。 浦賀の渡しです。
下の写真のお宮の様な橙色の船が西浦賀と東浦賀を結び、市道として扱われているそうです。
詳細は下記のページ参照
http://www.city.yokosuka.kanagawa.jp/4415/sisetu/fc100000914.html

blogP2181263.jpg
blogP2171230.jpg

 道路扱いの渡し船と言うとアメリカにいた頃、ケンタッキーリバーに設置された州道扱いの渡し船を思い出しました。
右記事の最後の記述参照 http://hisashi1946.blog.so-net.ne.jp/2008-06-29-1
ケンタッキーの渡し船は外輪船で黄緑矢印の所に外輪が付いており、ジャブジャブと水をかく音がしてなかなか趣のあるクラシックな船でした。
blog渡し船3.jpg


 で、次に訪れたのが浦賀の燈明堂。 1648年に造られた物を再現した物で、当時は灯台の役割を果ていました。 尚、横須賀には日本初の洋式灯台 ”観音崎灯台” もあります。
詳細は右記ページを参照願います。 http://www.geocities.jp/kamosuzu/toumyoudou.html
blogP2171235.jpg

その他横須賀市にはペリー公園等多くの観光名所があります。



 で、その夜は三浦海岸近くのホテルでOB会。
昨年同様あれやこれやのよもやま話の他、一年ぶりのへぼ囲碁対決も行い忙しく、懐かしいOB会でした。



 で、翌日朝出発し、引き続きの三浦半島東海岸の旅です。

 東海岸沿いをぐるっと回り、江奈湾から細い農道を走り、三浦七福神の一つ白浜毘沙門天に。

blogP2181249.jpg

blogP2181248.jpg


 そして、白浜毘沙門天の前の道を歩いて下り海岸に。
浅瀬の岩場が広がっており、予想以上に素晴らしい景色でした。

blogP2181250.jpg

更に上写真中央の島方向に散策。 島の麓では毘沙門湾や江ノ島,雪の大島を見る事が出来ました。

blogP2181253.jpg

空色矢印の所が伊豆大島の三原山の雪
blogP2181255_edited-1.jpg

 最後は風力発電のある宮川公園により三浦大根畑を一望帰宅の途につきました。



 所でOB会でどんな話が話題になったかと言うと、当然昔話が主となりながらも、
 私がいた数十年前は自動車部品の製造や物流の品質を維持しながら0.01円単位で原価低減等に奔走。 しかし、最近は技術力での製造原価低減だけでは追いつかず、10年以上前からはついに人件費に手を付ける様になり、正規社員を減らし外注に移管、更には正規社員をリストラし派遣社員化。 で、今は国内の生産拠点を削減・閉鎖し、人件費の安い東南アジア等にどれだけ多く部品の製造を移せるかが会社の利益を出せるかどうかの境になりつつあるようです。

 会社の利益を確保し昇給する為には、外国で部品を作り日本国内の人件費を減らす。
それが出来なければ会社の利益が上がらず、昇給は無い。
私達の時代は良い品質の物をいかに早く,多くの部品を造るかの技術競争でしたが、今の後輩達は人件費と言う最もいやらしい厳しさに直面している様です。


にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
   昔は少しでも多く昇給する様に頑張った。 今の価格競争は日本国内の人件費削減競争の様。 今はリストラされない様に頑張る。 さみしいね! から元気だけでも持って頑張ろうよ!   



nice!(10)  コメント(3) 
共通テーマ:自動車

46年来の友人と洋上新年会 [ 旅行 神奈川県]

 
 1月20日に昔の寮仲間と横浜港のランチクルーズでゆったりとした新年会を行いました。


 何度か触れていますが、はるか昔、私が社会人一年生として某社に入社し、横須賀の寮に入った時に、隣の部屋だったリ先輩を通じて知り合ったりと最初に知り合った友人達です。

 この最初に知り合った友人達との付き合いが未だに続いています。
と言うよりは年を追う毎に合う機会が多くなり、今では毎月一回飲み会を持ち、次月の予定を決めて散会というのが定例となっています。 不思議な事に何年も続いているのにマンネリ化を感じません。

 で、毎年正月には、定例の場所ではなく、趣を変えて新年会を行ってきました。
今年は横浜の山下公園から出港する1時間半の 「ランチクルーズ」 での新年会です。 

 
 船の出港よりかなり早めに、横浜のJR関内駅で待ち合わせ、「ベイスターズ」球場の脇を通り、中華街を散策しながら、山下公園の桟橋に。

 下写真が「ランチクルーズ」の船です。

P1200681.JPG

 船内のレストランもゆったりとしています。 その上平日の為、お客もまばらでのんびりできもした。

blogP1200707.jpg


 船は定刻に出港。 とほぼ同時に注文したワインでカンパイ。
 仲間全員の 「無理せず、健康に」 を願って、私達の2011年も出港しました。


 ほんの少しするとスープが出てきて、ランチの始まりです。

 船内レストランの窓からは、私達が働いていた頃の横浜とは全く違った 「最新版の横浜」 が見え、

blogP1200682.jpg

 メインディッシュが運ばれてきて、

blogP1200686.jpg
 

 のんびりとメインディッシュを食べていた所、赤灯台が見えてきました。
この赤灯台、明治29年から使われている物で、ライトだけは最新のLEDだそうです。
文明開化を引張って来た横浜のシンボルです。

bblogP1200704.jpg

 幸い天候に恵まれ、ベイブリッジの下からは私の故郷 千葉県もしっかりと見る事が出来ました。

blogP1200702_edited-1.jpg


 全員新人の頃は横浜の港近くで働いていた事もあり、ゆったりと食事をしながらも昔話に花が咲いている間に帰港してしまいました。 もっと もっと 乗っていたかった!!!!



 下船した後は、山下公園から港の見える丘公園、外人墓地、そして元町公園脇のベーリックホールを見て、フェリス女学院脇から元町におり、再度中華街を散策しました。

 人形の家
 人形の家は山下公園脇にあり ♪♪あぁおいめをしたおにんぎょぉ~♪♪ をもとに作られた人形の博物館です。 この他山下公園の中には ♪♪あかいくつぅ~ は~いてたぁ~ おんなのこ~♪♪ の銅像もあり、このあたりは童謡や歌謡曲のもとになった場所や記念碑がいっぱいです。

blogP1200709.jpg

 港の見える丘公園
(港の海が見えません。 昔の港はもっと広々しており、素敵な港が見えたのになァ~。)
blogP1200713.jpg


外人墓地                            ベーリックホール
blogP1200717.jpgblogP1200722.jpg

元町商店街 
全く昔の面影はなく、シャレタお店がいっぱい。 お土産にポンパドールのフランスパンを買いました。
blogP1200729_edited-1.jpg



 社会人1年生の時には全員この横浜で働き、その後1人、又一人と全員が少しずつ横浜から遠ざかり、ついにはメキシコ,リビア,アメリカ,中国等へと海外赴任。
 (同じ横浜からの出発とは言え、メンバー全員が全く違う専門分野で、しかも全く違う職種なんです。 1人として同じ部署どころか同じフロアーですら働いた事がないんです。)

 高齢者の仲間入りを始めた私達、思い出してみると各自各様に変化の富んだ人生でした。
 出発地の横浜を見ながらの 「思い出話」 はつきません。


 とは言っても、私達のリタイヤ生活、やっと板に付いて来たばかり。
 各自各様のリタイヤ生活を楽しみ、毎月の定例会で近況や国際情勢に花を咲かせたい。

 で、何時もの様に次回の日程を確認し解散となりました。


にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
何時も応援有難うございます。 今年も一年ゆっくり,じっくり楽しんでいきます。 今後とも応援をよろしくお願い致します。


nice!(12)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

神奈川県 秦野市の弘法山と陣屋(和食) [ 旅行 神奈川県]

 先日、40年来の友人5人とその奥さんの計7人で弘法山にハイキング。 そして鶴巻温泉では仕事で遅れた一人を加え、陣屋で温泉に入り、夕食を楽しんできました。
 長い付合いの友人ですので、歩くのが早いの,遅いのと皆勝手な事を言いながら楽しみ、疲れ、温泉でゆったりし、日本庭園を見ながら美味しい食事をして来ました。

小田急線 秦野駅で降り約10分で登山口に。
中央の急な林の中に登山道があります。               つづら折れの急な登山道です。
     

約20分で浅間山の山頂に到着 小休止。
急な上りはここ迄です。                        続いて権現山山頂で記念撮影

権現山山頂は見晴らしが良く、平塚の市街も      続いて弘法山山頂。 鐘楼です。山頂には
見えました。 空気が澄んでいると相模湾も。      弘法大師像・手汲みポンプの井戸もあります。

後は鶴巻温泉に下りるだけです。
下りはこんな登山道が30分強続きます。         待望の陣屋に着きました。 入り口への門

陣屋の入り口                     庭には池が二つあり日本情緒たっぷりの趣きです。

陣屋での料理  メインは虹鱒の串焼き? 大和豚の焼肉? きのこたっぷりの貝柱入り鍋? ともかく
色んな美味しい物をイーパイ食べました。主要な料理は仲居さんが料理しよそってくれます。

満足! 満足! これぞ充実した一日でした!

ちなみに鶴巻温泉の陣屋は将棋の大山名人等が王将戦を行った所です。
ホームページは下記。
http://www.wone.co.jp/jinya/


nice!(10)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

マグロのかぶと焼き [ 旅行 神奈川県]

 昨日、40年来の友人5人で、神奈川県三浦半島の三崎港で、マグロのかぶと焼きを食べてきました。
 私達は昔の独身寮仲間で、今回新年会を兼、近い人で1.5時間、 遠い人で4時間かけての昼食会です。 寮が横須賀市だったので、電車の中では、ここは昔こうだった アーだった と思い出話しをしながらの懐かしい旅でもありました。
 かぶと焼きは、三崎港の三崎館(旅館)が最初に始めたようですが、今では三崎港の多くのお店で食べる事が出来ます。 ただ焼くのに4時間位かかる為、予約が必要です。
私達が食べた旅館 ”立花” のホームページ  http://www7.ocn.ne.jp/~tacibana/

 帰りには御土産として、港のお店でマグロの頭の刺身用ブロックを買って来ました。


 ビール瓶やタバコと比較して、その大きさを想像してください。 ともかくデカイ。
これは10~15人前だそうです。 それを5人で挑戦、完食。 当然全員満腹。 帰宅後、私は夕食抜きで寝ました。


長女夫婦と自宅への土産(これを2つ)。 刺身の大好きな長女はすぐに取りに来ました。 車のレストアの手伝いにもこの位の機動力を発揮してもらいたい物だ!


nice!(4)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行
 旅行 神奈川県 ブログトップ