So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

ジャガー Eタイプ,ブレーキマスターシリンダーの液漏れ修理 [  Eタイプ の修理 (エンジン以外)]

 
 3月30日、大磯ロングビーチで行われるカーマガジンのウイークエンドミーティングに参加しようと車庫から車を出し、最終点検をしたところブレーキのマスターシリンダーの真下が油で汚れていました。
 で、マスターシリンダーの下側等を手でさわり、油が手に付く場所を探しました。 結果、下側のマスターシリンダーの取付け部分(シリンダーからの漏れ)からブレーキ液が漏れていることが分かりました。

  (写真のファンはエンジンルームを冷やす為に追加した物で、標準では付いていません)
blogDSCN7465.jpg

 矢印先が漏れたマスターシリンダー (下写真はレストア中の時の物を流用しました。)
blogPA200149.jpg



 この程度の漏れであれば片道25kmの会場迄なら往復出来るかな? 行きたい!!!
「多分大丈夫!!!」と思いつつも出発を諦め、修理をする事に!


 パソコンで部品検索、リペアーキットがイギリスで 8.32ポンド(1223円相当)で販売されていた。 しかしたったこれだけで輸送費を払ってイギリスから輸入するのはギョウギョウしいかな と思い国内の部品屋さんから購入する事に! 国内では3250円でした。



 土日を挟んで5日後、部品を入手し早速分解、マスターシリンダーを外しました。

blogDSCN7478.jpg

blogDSCN7479.jpg


 漏れたブレーキ液が見えます。
blogDSCN7482.jpg


 私はシリンダーの分解には自転車の空気入れを使い、古いブレーキパイプをセットし軽くエアーを入れピストンを抜きます。
blogDSCN7486.jpg


 分解したピストンとシリンダー,矢印先がピストンシールです。

写真の様に大きな異常はなく、正確なブレーキ液漏れの原因はつかめませんでした。
尚、分解の途中シールを引っ張ったら簡単にちぎれてしまったし、ゴムが非常に柔らかい様な気がします。 又、下の新しいシールは外径部分が明確な円錐状になっているのに対し、漏れたシールはほぼ円筒と言っていいかも。
そんなことから、シールが壊れる等の異常で漏れたのではなく、材質不良や設計不良では無いかと推定します。
(今回漏れたフロント用シリンダーは2004年3月にアメリカで189ドルで、リアー用と同時に購入した物です。 従って、その内リアー側も漏れるかも?)

bblogDSCN7489.jpg

ピストンシールのちぎれ
blogDSCN7501.jpg


新しいピストンシールを組み付けました。 シールは明確な円錐形で、リップ先端も従来品より硬くシッカリしています。
blogDSCN7492.jpg

blogDSCN7494.jpg


マスターシリンダーを組付け完了。
blogDSCN7496.jpg


 で、漏れたブレーキ液を清掃し、マスターシリンダーや関係部品を組み付け、息子と2人でブレーキラインのエアー抜きをして修理完了。

 3月11日に雑誌の取材があり、かなりの距離を走りましたが現在の所全く漏れはなく、修理は成功したと思います。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

伊豆市筏場のわさび田 と 熱海のMOA美術館 [ 旅行 東海]

 
 先日、伊豆半島に詳しい方の案内で、伊豆市筏場のわさび田を見に行ってきました。

 わさび田と言うと、山間部の谷あいの清流に沿って細長く続く段々畑と思っていましたが、ここの「わさび田」は日本一との事で、幅100mを超えるのではと思う程大規模な「わさび田」でした。

blogDSCN7502.jpg

blogDSCN7506.jpg


blogDSCN7526.jpg

blogDSCN7511.jpg

blogDSCN7518.jpg

blogDSCN7519.jpg


 清流を利用した「わさび田」ですが、
今年は雨が少ない為、川の水量も少なく大幅な収穫減だそうです。


 で、筏場のわさび田に向かう途中で見つけておいた下の看板「椎の木平の巨木」の所に行ってみました。

blogDSCN7533.jpg

blogDSCN7534.jpg

樹齢1000年との事 確かにでかい! まさに老木! 巨木でした!
blogDSCN7537.jpg
 


 その後、修善寺に一泊。
 翌日は天候が悪く、熱海市のMOA美術館に寄ってみました。
ここの美術館は毎月新たなテーマを設定し展示しており、今回は「URUSHI」(漆塗り)がテーマ。 近年のすばらしい漆塗り作品が展示されていました。
(展示室内の写真は取りませんでした。)

(以下3枚のMOA美術館の写真は2017年8月に撮ったものです。)
blogDSCN3228.jpg

開口部や窓が写真の額縁の様な効果を持たせた建物になっています。
bblogDSCN3100.jpg

blogDSCN3102.jpg

以下2枚は今回の写真です。
blogDSCN7543.jpg

「花の茶屋」 
blogDSCN7545.jpg


 1日目は快晴で、青々とした広いわさび田にはびっくり!
 2日目は天候が悪く予定を変更しましたが、MOA美術館で素晴らしい日本伝統の「漆塗り」を見る事が出来有意義な2日間でした。


nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ジャガーEタイプで箱根に [ジャガー E-Type]

 
 ここの所ジャガーEタイプはご機嫌がいい様で、先日箱根のドライブに行って来ました。

 家を出て、湘南の海岸通り134号線を走り、大磯駅で横浜からの友人をピックアップし、西湘バイパスから箱根ターンパイクを走り、大観山のスカイラウンジで休息。 その後芦ノ湖経由熱海を経て帰宅。 無事、事故も故障もなく走り切れました。



大磯駅前で、

blogDSCN7401.jpg


箱根大観山スカイラウンジにて休息

blogDSCN7413.jpg

blogDSCN7408.jpg

blogDSCN7427.jpg


今回は風が強く、空気が澄み遠くまで綺麗に見る事が出来、素晴らしいドライブが出来ました。

blogDSCN7422.jpg


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ジャガー Eタイプ, ダイキャスト ミニカー用寸法測定 [ジャガー E-Type]

 
 今年の初め、私の所属するクラシックカークラブの会長さんから「Eタイプのミニカーを
作る為のモデルになって欲しいと言う話がある」との事。
この様な話し、よくある事ではなくぜひ経験してみたいとの気持ちから了承。

 先月半ばミニカーの某メーカーさんから「ダイキャスト ミニカー」を作る為、ジャガー
Eタイプの寸法を実測したいとの連絡が来て、調整の結果3月7日に自宅から1km強の所の
倉庫で測定する事になりました。



 で、当日、車が汚れない様小雨の中をゆっくり走り測定作業場に入り。 私は濡れたボディをウエスで拭き、某メーカーさんの方々は測定の準備を行いました。

 測定はレーザーカメラで行います。
 その為、メッキ部分にはマスキングテープを貼りレーザーの乱反射の様な反射を防ぎ、またガラスやレンズの部分はレーザーを透過してしまう為テープを貼り点や線の部分的なデーターを取り、コンピューター上で取れたデーターを結んで曲面や平面を作ります。
 マスキングは車の右側だけです。 右側の測定データーをコンピューター上で反転し、左側に相当するデーターにします。

blogDSC_0105.jpg

blogDSC_0108a.jpg

デュアルマフラー迄右側のみです。
blog00250002.jpg
 

 マスキングが完了し、測定の基準点となる白いボール(紫色矢印先)を車や柱に5ヶ所
取付け測定を行います。 写真では白いボールが楕円に見えますが、普通のカメラによる
撮影の為歪んでしまいましたが現物は真球です。

測定器をセットして、
blogDSC_0111.jpg

測定中。  車の前から後から,右側から,下側からとあらゆる方向から測定します。
atamiDSCN7290.jpg

blogDSCN7282.jpg

blogDSCN7292.jpg



次にハンディタイプのカメラでインストや室内、エンジンルーム等を測定します。

blogDSCN7301.jpg

blogDSCN7304.jpg

blogDSCN7308.jpg


 某メーカーさんによるジャガーEタイプのミニカーの販売は、
今回の測定結果から試作品を作り、イギリスのジャガーと出来栄えやロイヤリティ等の交渉を
行った上で、量産金型を作り、玉成し、販売となる為、ダイキャストのモデルカーとしての
販売は1年後位だそうです。


 それにしてもミニカーのライバルは多く大変な仕事だ!!!
 頑張って!!! 


nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

ジャガー Eタイプで千葉県立現代産業科学館の「第8回クラシックカー・スポーツカーin科学館」に参加 [クラシックカーショー]

 
 3月10日、千葉県市川市の千葉県立現代産業科学館で行われた「第8回クラシックカー・スポーツカーin科学館」に参加して来ました。

 このクラシックカーショーは3年程前に見つけ、私の出身高校の街でもあり是非参加したいと思っていた。 しかし3月の開催なのに前年11月には申し込みが締め切られ、2月に参加決定と長い待ち時間の為、申し込みを忘れたり体調不良等でやっと今回参加出来ました。


 このクラシックカーショーは「雨天中止」。
 最近ぐずついた天気が多く、当日6時少し前にホームページを見ると「雨天の為中止」と!
「なァ~~ンだ中止か!」とがっかり! 一応朝食だけは取って、出発の支度はしなかった。

 6時10分頃に再度ホームページを見ると「開催します」と変わっていた!!

 うっそー!!!  車の準備は前日完了していたので慌てて着替えて出発!!!

 何時もの田舎に帰るルート、保土ヶ谷バイパスから湾岸線で市川市の会場に。 道路がすいていた為「8時に千葉県立現代産業科学館駐車場に集合」に間に合いました。


千葉県立現代産業科学館 駐車場にて
blogDSC_0113.jpg



 で、駐車場から一台いちだい案内され、各車 科学館前の広場に展示。
私は科学館のエントランス横に!  最高のポジション!
blogDSCN7313.jpg


10時少し前だったかな? プレミーティング。 そして、10時30分頃に開会式を。
blogDSCN7373.jpg



会場には色々な車が参加
blogDSCN7319.jpg


私の隣は「MG GT」 その隣はシトロエンにシムカ
blogDSCN7316.jpg


 奥の方にはスカイラインや初代サニークーペ等が
blogDSCN7326.jpg

blogDSCN7327.jpg


可愛い光岡の「ブーブー」も
blogDSCN7323.jpg



科学館エントランスの私の反対側には 初代シルビアやホンダS8クーペ等
blogDSCN7329.jpg



科学館正面玄関には今年「100歳のフォード」が
blogDSCN7362.jpg

フォードのエンジン
blogDSCN7364.jpg


正面玄関脇にはバモスホンダや三菱製ウイリスジープ
blogDSCN7361.jpg


お昼近くになると多くのお客さんもに来られ賑わいました。
blogDSCN7381.jpg

blogDSCN7375.jpg


 そして、クラシックカーショーに参加した人は「科学館」への入場はフリーでした。
科学館内部には千葉県の産業に伴う物が展示され、又、お子様向けには体験型の科学的な施設が一杯! 
blogDSCN7383.jpg

blogDSCN7397.jpg

体験型の施設
blogDSCN7387.jpg



科学館の2階からショーの会場を見ると
blogDSCN7389.jpg

なかなか見る事の出来ないアングルで自分の車を見る事も出来ました。
blogDSCN7395.jpg



 公共施設で、公共施設の職員の方々が運営するクラシックカーショーと言う珍しい形式。
 随所にお役人らしい律儀でゆったりとした配慮が見受けられ」楽しかったショーも午後3時に閉会式。 帰宅の途に。
朝と同じく道路はすいていて1時間半位で帰宅出来ました。

尚、この会場にはResponseの方が取材に来られており、その記事は下記のアドレスに。
https://response.jp/article/img/2019/03/11/319970/1394333.html


nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の5件 | -