So-net無料ブログ作成

ジャガー E タイプ, フューエルポンプのラバーマウンテング破損 部品不良その1 [ E-Type エンジン補器]

 
 2月初めエンジンをかけようとした所、キャブのガソリン漏れが発生し、原因調査の為、テクニカルトートさんでフューエルポンプの燃料圧力を測定してもらおうとフューエルポンプを外しました。

 この時、イギリスから購入し組付けてあったポンプのマウンテングラバーを下写真の様に壊してしまいました。
破損の原因は、ゴムをモールド(成形)する時にゴムとボルト頭部とが充分に接着されていませんでした。

P2050662のコピー.jpg


 で、またイギリスから買っても同じ様な品質だろうと思い、又、この様なマウントラバーはマフラー用等で日本製がありそうな気がして、 「防振ゴム」 で、ネット検索してみました。

 結果、ありました。 上写真の一番下の部品で、幾つかのゴムメーカーさんで 「FA20」 と言う同じ型式で生産していました。
(各メーカーさんで同じ型式で生産しているので、JIS の規格品だろうか? JIS規格の手持ちがないので確認できません。)

 寸法はFA20の方が若干大きい物の、使用には全く問題ありません。
 と言う事で、国内生産の部品を使って、改造もせず下の様に組立てる事が出来ました。

P2070665 new bushのコピー.jpg


 数社の自動車メーカーのエンジンマウンテングメーカーさんとお付き合いをしてきましたが、ゴムをモールドする時の接着は各メーカーさんの生命線です。 個々の部品の洗浄や接着の為の前処理の管理が非常に重要で、部品洗浄以降の工程で部品を手で触ったりした場合は即廃却にする等徹底した管理が必要です。 (部品を手で触ると、手に付いている脂肪で、接着が不十分になります。)

 で、今回のイギリスからの部品の破損状況を見てみると、街でボルトを購入し、接着の為の前処理をろくにせず、モールドしたのではと思える程ひどく、破損状況を見た瞬間イギリスから再度購入する気にはなれませんでした。


 こう言う細かな管理の必要とする部品は日本が一番!!!


にほんブログ村 車ブログ 名車・クラシックカーへ
何時も応援有難うございます。


nice!(14)  コメント(4) 
共通テーマ:自動車

nice! 14

コメント 4

駅員3

イギリスは日本同様きっちりしているものだと思いました。
意外ですね[ひらめき]
by 駅員3 (2011-02-26 12:32) 

ら・ぺるら

ご無沙汰しています。ひさしぶりに覗かせていただきましたら、素晴らしいですね。もう少しですね。今までのご苦労が花開く前の、大きな蕾のような一時と感じ、わたしのようないい加減なオヤジにも、心の高まりを分けていただいたような気がします。

ゴム、樹脂の類は、今や日本製の安心感や確実性の勝る物は無いようです。金属加工ならば、インドなどの加工技術の素晴らしさが、いまのジャガーの再生産品の品質の良さに繋がっていますが、こと、ゴムや樹脂は・・・・
そういえば、重いエンジンを支える小さなマウントゴムも、その重さで2〜3年で変形してきます。気がついたら交換すればいいのかとも思いますが、材質買えると無理がきそうですから、もう、何回交換したことか・・・
by ら・ぺるら (2011-02-26 20:58) 

おっさんず

こんばんは、Kotobuki1946様

私のMORGANもKotobuki1946様と同じことをしました。
最初は、UK製を使用しようかなと思いましたが、結局国産の「丸型防振ゴム」でネット検索し、マフラーマウントとラジエターの防振ゴムを交換しました。
by おっさんず (2011-02-27 02:45) 

kotobuki1946

駅員3さん
4・50年前の部品ですので、ノウハウの無い何処か小さな会社かインドあたりの部品で、ジャガー自体が製造を管理していないのだろうと思います。

ら・ぺるらさん
確かにゴムや樹脂部品はひどいの一言ですね。
従来付いていたエンジンマウントはペッタンコでした。
エンジンマウントは2個並列に合計4個付く様に改造しようかとも完た事があります。 そもそも設計上マウントに負荷がかかりすぎです。

おっさんずさん
そうでしたか。 日本製が一番ですね。

by kotobuki1946 (2011-03-04 06:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。