So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

東海道五十三次 宮宿から桑名宿(七里の渡し) [ 東海道五十三次]

 
 3月10日から3月12日まで東海道五十三次を中心に名古屋方面に行ってきました。

 主だった所を順次レポートをしようと思いますが、「堀川まちネットの2018年度、七里の渡し学習会の申し込みが3月16日より」との事で日が迫っており取り合えず3月11日の「七里の渡し」を先にレポートします。
(3月16日の堀川まちネットによると予定船の都合がつかず、他船を模索中との事。)

 以前は旅行会社による名古屋市熱田区の宮宿から三重県の桑名宿迄の船による「七里の渡し」ツアーがあった様ですが、今回の「堀川まちネット」の方の説明では「有料による船の運航はお役所の許可が下りない」との事でした。
 従って今は「宮宿~桑名宿間を船で渡る七里の渡し」は、今回乗船した「堀川まちネットの学習会(堀川まちネットに寄付5000円)」が唯一の航路となってしまった様です。 

 ほりかわ町ネットのホームページ : http://horikawamachi.net/


 で、私は前日「知立宿から有松」まで歩き岡崎に宿泊。 翌3月11日は午前中「名古屋ボストン美術館」に行った後午後 1時頃に名古屋市熱田区の宮宿に到着。

blogDSCN4609.jpg

宮宿は鐘楼等も再建されています。
blogDSCN4599.jpg

又、七里の渡しの説明書きもありました。
blogDSCN4617.jpg

=====================================================================
  今日、3月10日は私の誕生日。 しかも戌年生まれ!!
  誕生日プレゼントにブログランキングをポチッとお願いします。

  ソネットのブログの管理者からブログで次の様なメッセージが配信されました。
「トラックバック機能について、ご利用者数の減少に伴い、送受信ともに2017年8月3日に終了」
 との事で、記事の中から「にほんブログ村」へのアクセスは出来なくなりました。

⇐⇐  と言う事で、左のサイドメニューの「名車・クラシックカー」「街道・古道」
⇐⇐  クリックして「にほんブログ村」のブログランキングへのご支援をお願いします。
======================================================================



七里の渡しの説明書きと昔の地図を拡大しました。(写真をクリックすると拡大します。)

blogDSCN4619.jpg blogDSCN4618.jpg


七里の渡しの乗船登録をして、付近を散策していると桑名宿からの船が到着しました。
blogDSCN4612.jpg


乗船登録した方々 28名全員が乗船し、堀川まちネットのスタッフに見送られ出発です。
blogDSCN4626.jpg


堀川(山崎川)の水門を通過し
blogDSCN4635.jpg

伊勢湾岸自動車道下を通過し、名古屋港から伊勢湾に向かいます。
blogDSCN4648.jpg

出発から約1時間半位で長島温泉の前を通って、桑名の揖斐川(いびかわ)に入り、少しすると桑名側には常夜灯の様な建物も見えてきました。
blogDSCN4661.jpg

そして約 2時間 揖斐川の船着き場に到着し、堀川まちネットの方々のサポートで下船。 ちょっと長かった船旅も終了です。
blogDSCN4673.jpg


船着き場の所の住吉神社です。
blogDSCN4675.jpg


住吉神社の先には「七里の渡しの船着き場」跡が再現されていました。
 実は名古屋港周辺や揖斐川等は非常に水深の浅い所が多く現地に熟知した方でないと安全に運航する事が出来ないとの事。 で、この再現された船着き場も水深が浅く、今回の船では入港する事が出来ないのだそうです。
blogDSCN4680.jpg


 で、私の7里の渡しは終了。
 電車の時間も迫っており桑名の街並みや名所旧跡等を見学する間もなく急ぎ足で桑名駅に向かいました。
近いうちにここ桑名宿から四日市宿を歩く時にゆっくり見学しようと思っています。

blogDSCN4682.jpg


nice!(23)  コメント(0) 

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。